《♪なぜ(はな)れ どこへ()くのか (きみ)(いま) [編集]

♪なぜ離れ どこへ行くのか 君は今 C 水文明 (3)
呪文:マジック・ソング
プレイヤーを1人選ぶ。そのプレイヤーは、自身の墓地のカードをすべてシャッフルし、山札の下に置く。
カードを2枚引く。

DM23-RP2で登場したマジック・ソング呪文

プレイヤーを1人選んで墓地リセットする。その後2ドローする。

墓地利用メタでありながら唱えると逆に手札が増えるため息切れに強い。当時トップメタだった【絶望神サガループ】の対策として【ライオネル.Star】をはじめ多くのデッキに採用された。

【アビス】にも刺さる《お清めシャラップ》と同じく墓地利用デッキが環境に存在する限り使い続けられる呪文である。

コスト3ドローソースを必要とするデッキは往々にしてライブラリアウトに弱いため、自身の山札回復として使うこともできる。
ただ、自分の山札を能動的になくせるデッキなら《♪必殺で つわものどもが 夢の跡》《神の試練》で逆に敗北回避追加ターンのアドバンテージに変換されることも少なくない。特に前者は《♪なぜ離れ どこへ行くのか 君は今》と共通でマジック・ソングであるためどちらも《Go! 韻句 Steady》などメクレイド8でアクセスでき、ライバルとなりうる。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

環境において [編集]

DM23-RP2発売日から【白青赤鬼羅.Star】【白青ライオネル.Star】【青黒緑CRYMAX ジャオウガ】で結果を残した。

当時の【絶望神サガループ】は3ターンキルをチラつかせながらメタカードをあえて使わせることで相手のリソースを削っていくコントロール寄りのデッキだったため、使ってもリソースが減らないこの呪文は非常に刺さった。

【青黒赤緑邪王門】【星龍ライベルモット】アドバンスでは【白青赤天門】【ナウ・オア・ネバーループ】に採用された。【絶望神サガループ】にもミラーマッチ対策で採用された。

発売翌日のCSでは《凶鬼98号 ガシャゴン/堕呪 ブラッドゥ》と同時採用した【青単Drache der'Zen】が準優勝を果たした。

DM23-RP2発売前は3割強の上位入賞があった【絶望神サガループ】DM23-RP2発売後には2割弱まで抑え込まれたが、間違いなくこのカードの影響はあるだろう。

超CSV in 新潟』(オリジナル)ではベスト8に使用者がいなかったが、『超CSV in 大阪』(オリジナル)では4位入賞の白青【ライオネル.Star】に4枚採用されていた。

DM23-BD1期になると往時ほどは使われず、【白青ライオネル.Star】【白青赤鬼羅.Star】が主な居場所となる。

アドバンスでは【赤青アポロヌス】に採用される場合がある。

DM23-RP3期では、自身の1ターンで墓地利用を完結させて隙がない《堕∞魔 ヴォゲンム》【青黒魔導具】、あるいは墓地利用は含んでいるが墓地リセットさせてもデッキの本質は止まらない【青黒緑CRYMAX ジャオウガ】《アーテル・ゴルギーニ》)や【青赤マジック】《芸魔王将 カクメイジン》)といったデッキタイプも多く、刺さらない相手にはG・ストライク抜き《エナジー・Re:ライト》に等しいこの呪文は立ち位置が悪い。

追い打ちをかけるようにDM23-EX2で登場した《パンドラの記憶》がコスト3ドロー呪文のシェアを奪ってきた。そちらは相手への干渉がない反面、自身の動きを強くすることに特化しており、多くの対面で腐らない3ターン目の初動として、4ターン目以降に手札を荒く使う特定のデッキで採用されている。

DM23-RP4期時点では、【青赤マジック】に5枚目以降の《氷柱と炎弧の決断》感覚で1枚積みかせいぜい2枚投入される程度。魔導具系統やアビス系統など刺さる対面はそれなりにあり、ミラーマッチ《氷柱と炎弧の決断》付与されるS・トリガーを消すという役割もある。

DM24-RP1期時点でも【青赤マジック】における立ち位置は変わらない。2枚以上入れるデッキとしては、3枚採用した【白青ライオネル.Star】の上位入賞事例がある。この頃の環境では、墓地肥やしリアニメイト等の墓地利用がシームレスに繋がるデッキが当たり前で、墓地利用にタイムラグのあるデッキが【白青赤ゴスペル】程度しかないのが悩ましい。

その他 [編集]

サイクル [編集]

DM23-RP2の非ツインパクトで種族を持つ呪文。闇文明には2枚ある上に、コモンではない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM23-RP2
    「なぜ離れ どこへ行くのか 君は今」……2人をつないだハイクに続けて、Drache der'ZenEine k'Reineは互いを追いかけるように連作ハイクを紡いだ。「すれ違い かけ違えてた」「お互いよ 若かったのね」「だけど今 ここに来ている」「呼んだから 君が私を」2人1組のハイクは、離れた時間を埋め合わせるように続いた。

収録セット [編集]

参考 [編集]