《ジャスミンの地版(ルーン) [編集]

ジャスミンの地版 C 自然文明 (2)
タマシード:スノーフェアリー/レクスターズ
シンカライズ:このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。
このタマシードが出た時、自分の山札の上から1枚目をタップしてマナゾーンに置く。

DMSD-20で登場した自然スノーフェアリー/レクスターズタマシード

cipタップインマナブーストをしつつバトルゾーン進化元を残せる。

これまで、コスト2のマナブーストと言えば、《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》の様なバトルゾーンクリーチャーの残らないものか、手札を消費する《シビレアシダケ》等やセルフランデスの危険性を孕む《桜風妖精ステップル》の様な何らかのディスアドバンテージを伴うものばかりだったが、このカードバトルゾーンに残りつつディスアドバンテージ無しに山札からマナブーストできる。
これは《ゴースト・タッチ》相当の働きをしつつ進化元を残す《ジェニーの黒像》と同様だが、このカードの場合マナブーストであるため2→4の動きが可能になり、タマシードの性質上特にコスト4進化クリーチャーマナカーブが綺麗に繋がり相性が良い。

特に、《マニフェスト <マルコ.Star>》らの様な自然文明以外のコスト4レクスターズ進化クリーチャーにとっては朗報で、これまで一撃奪取系統に頼っていた「2ターン目の初動兼3ターン目の進化元」という役割を、マナブーストのおかげでより安定してこなすことが出来る。

タマシードというカードタイプクリーチャーよりも除去され難い性質を持つこともこの安定感に寄与している。
軽量カード指定除去は、王来MAX開始前のカードプールでは非クリーチャー指定除去という制約があることも少なくなく、従来までの一撃奪取プランと両対応できるカードは一握りしか存在していない。
2〜3ターン目に使えるものに限れば、環境で遭遇するものといえば《超英雄タイム》《メッチャ映えタタキ》(モード込み)ぐらいだろう。

このカードマナブーストにより既に最低限の働きを終えているため、最悪返しのターン除去されてしまっても《フェアリー・ライフ》唱えたのと同じ感覚でゲームを進行できる。

スノーフェアリーを持つため《ダイヤモンド・ブリザード》などの進化元にもなれる。
《妖精の裏技ラララ・ライフ》G・ゼロ条件も満たせるが、《武家類武士目 ステージュラ》G・ゼロ《エンドレス・フローズン・カーニバル》踏み倒し手札コスト等は「◯体」表記であるため数えることは出来ない。
攻撃不可である点もビートダウン傾向のあるスノーフェアリー種族デッキでは難点となり得るので、既存のコスト2スノーフェアリークリーチャーはそれらの点で差別化していくことになるだろう。

ルール [編集]

環境において [編集]

王来MAX環境においてはオリジナル《エンペラー・キリコ》濁りにならない初動マナブーストとして【キリコチェイングラスパー】に使われる場合がある。

DMBD-19DMBD-20期時点では、自然入りのタマシードデッキ【青黒赤緑邪王門】にも採用される。オリジナルの【青黒赤緑邪王門】の場合、《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》と共に自軍の《インフェル星樹》マナ送りにするという使い方をする。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]