忍蛇(にんじゃ)聖沌(せいとん) c0br4(コブラ) [編集]

忍蛇の聖沌 c0br4 R 闇文明 (6)
クリーチャー:メカ・デル・ステラ/シノビ 5000
S・トリガー
ブロッカー
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から2枚を墓地に置く。その後、コスト5以下のクリーチャーを1体、自分の墓地から出す。
相手のターン中に、このクリーチャーが出た時、このターンに2つ以上自分のシールドがブレイクされていなければ、このクリーチャーを破壊する。

DM23-RP4で登場したメカ・デル・ステラ/シノビ

cipで2墓地肥やしした後にコスト5以下のクリーチャーを1体リアニメイト

ただし、相手のターン中に出た際に、当該ターン中に2つ以上シールドブレイクされていなければ自壊するデメリットを持つ。

《戯具 ヴァイモデル》と比べると1コスト大きくなっている上に墓地肥やし量は1枚下がっているが、リアニメイト幅が広がった上にブロッカーも付いているため、汎用性はあちらよりも大幅に高い。また、S・トリガー・プラスでしかコスト5以下を出せない《極印呪文「インフェギガ」》よりも確実に狙える。
釣れる範囲がコスト5以下ともなると《アーテル・ゴルギーニ》といったクラスにまで手が届く。

  • 《忍蛇の聖沌 c0br4》から《忍蛇の聖沌 c0br4》を出すことはできない。もし出すことができれば、2つ以上自分のシールドがブレイクされていない状態で相手ターン中にこのクリーチャーを出せれば、先に自壊解決して、そこからリアニメイトを解決して無限に2枚ずつ山札から墓地肥やしができた。

環境において [編集]

登場後、このカードを2枚採用した【赤黒邪王門】チャンピオンシップで入賞している。《百鬼の邪王門》から出した場合、《邪王門》の効果で増やした墓地からもクリーチャーを蘇生できるだけでなく、能力解決の仕様上自身の自壊効果が発動する前に《邪王門》の効果によりバトルができるためデメリットを緩和できる。また、《邪王門》の性質上呪文封じには弱いため、呪文が封じられてワンショットが狙われている時でも受け札になる S・トリガー持ちのクリーチャーという点で相性がいい。

【白黒メカ】でも採用される。自分のターン中ならS・トリガーによる召喚でも一切デメリットを持たないため、《ドラン・ゴル・ゲルス》cip暴発とのシナジーもある。

2023年の大晦日のアドバンスでは、実測参加者100人規模のチャンピオンシップで【白青黒DOOMHEAVEN】なるデッキにおけるカウンター札として準優勝の実績を出した。《堕∞魔 ヴォゲンム》で大量墓地肥やししてから《超神星DOOM・ドラゲリオン》を着地させ、最後に《白騎士の聖霊王 ℵHEAVEN》リアニメイトして安全に勝ちに行くという寸法であった。

2024年の1月上旬には《忍蛇の聖沌 c0br4》単色マナ枠感覚で1枚投入した型の【青黒魔導具】も結果を出した。中旬に入ると、【青黒COMPLEXコントロール】での入賞もよく見られるようになった。

DM23-BD4DM23-BD5DM23-BD6DM23-BD7期にはオリジナル【青黒赤バイク】にもその姿が見られた。

2024年2月に入ると青黒緑基盤で組まれた、メタカード足止め、除去で《DARK MATERIAL COMPLEX》を育てる【青黒緑COMPLEX】なるデッキでも結果を残すようになった。【青黒COMPLEXコントロール】ほどカウンターには寄せられていないデッキだが、《アーテル・ゴルギーニ》リアニメイトすれば芋蔓式に打点が並ぶため、カウンター札として重宝される。

デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

厳密には異なるが、S・トリガー・プラスの逆というデザインだろう。ターン中初の1ブレイク時でもS・トリガーの防御札として効力を発揮でき、さらにはそれ本体がシールドに埋まっていなくても《サイバー・I・チョイス》《ナウ・オア・ネバー》などで呼び出すことでも受けとして機能するというのは大きな利点。

サイクル [編集]

DM23-RP4レアS・トリガー獣サイクル
コスト6のW・ブレイカーで、ブレイク数を条件に自壊するS・トリガー・プラスに似たデメリット能力を持つ。
デュエチューブの新カード紹介動画では5枚まとめて紹介された。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]