青黒(あおくろ)ゲンムエンペラー】 [編集]

《∞龍 ゲンムエンペラー》能力でコスト5以下のクリーチャーの能力(ブロッカーなど)とコスト5以下の呪文を無視してダイレクトアタックを決めるデッキ

∞龍 ゲンムエンペラー KGM 水/闇文明 (∞)
クリーチャー:∞マスター・ドラゴン/チーム零 ∞
<ムゲンクライム>4(自分のクリーチャーを4体タップして、[水/闇(4)]支払って、このクリーチャーを自分の手札または墓地から召喚してもよい)
∞ ブレイカー(「∞ブレイカー」を持つクリーチャーは、相手のシールドを好きな数ブレイクできる)
ブロッカー
コスト5以下のクリーチャーの能力とコスト5以下の呪文の効果を無視する。

主要カード [編集]

《∞龍 ゲンムエンペラー》核。ムゲンクライム4。攻撃できない能力やコスト5以下のクリーチャー・呪文を無視できるフィニッシャー
《戯具 ザンボロン》ムゲンクライムでタップすると手札補充
《滅亡の起源 零無》/《零龍》サブプラン。展開を邪魔してくる相手への牽制手段となる

候補ムゲンクライム [編集]

カード名ムゲンクライム数備考
《幻龍 ゲンムエンペラー》4cipで大量バウンスアタックトリガーで大量ハンデス
《無量大龍 ドゥエ・ミリオーニ》3cipまたはアタックトリガーで-11000ものパワー低下を放つ。敵獣破壊時に1ドロー
《無量大龍 ノヴェ・シエントス》3cipまたはアタックトリガー山札送り除去
《那由多 アストロ宙ノ》2手札交換ムゲンクライムに使ったクリーチャースレイヤー付与で守る
《罪無 ウォダラ垓》2cipで2ドロー。《ザンボロン》を種に大量ドローを狙う
《罪無 ミズゲム垓》2cip手札交換
《罪無 ドロキオ垓》2タップ時にプリン効果を誘発するブロッカーS・トリガー獣
《罪無 ジョイダム垓》2cipでコスト3以下をリアニメイト
《罪無 ビコハン極》3バウンスランダムハンデスを放つS・トリガー獣
《罪無 スピンナ極》3登場時に敵全体-3000。ミラーマッチにも強くなる
《罪無 バドミン垓》2cipセルフハンデススレイヤーでもある為、自身もクライム元として優秀
《罪無 ビカビカ兆》1水の最軽量ムゲンクライム持ち。準バニラだがある程度維持が効く
《罪無 ターボ兆》1闇の最軽量ムゲンクライム持ち。ブロッカーバトル時に死亡確定だがムゲンクライムを何度も起動できる

候補メタカード [編集]

《デュエマの鬼!キクチ師範代》様々なデッキに刺さる妨害札。逆に自分にはほとんど影響がない
《禁術のカルマ カレイコ》
《異端流し オニカマス》の合う耐性付きコスト踏み倒しメタダイレクトアタック要員にも
《マタドール・マルクーゼ》闇のコスト踏み倒しメタ。耐性がなくパワーも低いが、逆に《轟く侵略 レッドゾーン》に狙われないという利点がある
《封魔ゴーゴンシャック》呪文のコストを2増加。前者は自分も対象だがデッキ内の呪文比率が低いのでパワー重視での採用もアリ
《ガチャンコ ミニロボ1号》
《虚構の影バトウ・ショルダー》呪文コスト増加。こちらは闇文明。前者は刺さる相手にはとことん刺さり、後者は1コス増加で固定だが超GRゾーンへアクセス可能
《幽影アイザック・フック》
《埋め立てロボ・コンクリオン》墓地利用メタ。前者は素のコストが低く、後者はG・ゼロ。ただし後者は自分も対象なので注意
《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》
《停滞の影タイム・トリッパー》相手にマナタップイン強要。こちらは素で低コスト
《凶鬼02号 ドゴンギヨス》相手にマナタップイン強要。パワーが6000と高い上にスレイヤーまで持つ強力クライム元。代替コストもムゲンクライム持ちを落とせば問題なく、《手札の儀》《墓地の儀》の達成にも貢献可能
《ガチャンコ ミニロボ3号》仕込み・ギャラクシールドメタ
《堕呪 ウキドゥ》こちらは自分の盾落ちもケア可能。さらにドロー・墓地肥しまで可能だが、呪文であるため頭数は増えない

その他候補カード [編集]

《戯具 ドゥゲンダ》2コストcip手札交換
《戦略のD・H アツト》
《【問2】ノロン⤴》
《戯具 ザンブロク》実質0コストで出せるムゲンクライムの種
《神出鬼没 ピットデル》実質0コストで出せるムゲンクライムの種。いつでも出せるがこちらは水のみ指定かつ2枚
《ステニャンコ》《復活の儀》を達成しながらムゲンクライム持ちを再利用できる。自身もスレイヤーでありクライム元として優秀
《暗黒鎧 ザロスト》ターン開始時に復活するブロッカー。頭数も増えるが代替コストがシールドである点は注意
《ねじれる者ボーン・スライム》コスト1の出しやすいブロッカー。後者は2体にプリン効果を与えるS・トリガー
《水面護り ハコフ/蓄積された魔力の縛り》
《戯具 ヴァイモデル》S・トリガー。墓地を3枚増やした後コスト3以下を蘇生
《終末の時計 ザ・クロック》S・トリガーでターン強制終了。《ヴァイモデル》で墓地からもカウンターが可能
《エメラル》盾にS・トリガーを仕込む。後者は1コスト高いがブロッカーも併せ持つ
《アクア・スーパーエメラル》
《Wave All ウェイボール》呪文を多く採用するなら必須。自身もパワー5000にアンタッチャブルと、2コストにしては破格
《罪恐!零MAX》モードプリン効果/墓地肥やし&回収
《無限皇帝の顕現》墓地肥やししつつコスト2以下になるように2体までリアニメイト
《戒王の封》S・トリガー《幻龍 ゲンムエンペラー》リアニメイト
《ブラッディ・タイフーン》墓地肥やしサーチ
《伊達人形ナスロスチャ》狙いのムゲンクライム持ちを山札から墓地へ落とす
《*/零幻ルタチノ/*》手札交換。さらに超GRゾーンへアクセス
《幽具リンリ》超GRゾーンへアクセスできる墓地肥し。ただしキクチカレイコの影響を受けるので注意
《幽具ギャン》
《暗黒鎧 ダースシスK》場のクリーチャー1体、手札山札の上のカード1枚を代替コストにして召喚 ムゲンクライムの種に
《ドンドン吹雪くナウ》サーチバウンス
《闇王ゼーロ》このデッキコスト踏み倒し条件が満たしやすい。墓地肥やし後、無条件でクリーチャーを1体、リアニメイト

候補GR [編集]

《全能ゼンノー》スピードアタッカーマッハファイターメタ
《ポクタマたま》墓地利用メタ
《白皇世の意志 御嶺》最強のムゲンクライム元。GRゾーンが1枚でも残っていれば離れない
《発起の意志 ラパエロ》ターン終了時にアンタップする優秀なムゲンクライム
《シャギーII》pigでマナ回収。貴重なマナ回収手段
《オーマ 丙-二式》pigで墓地から闇のクリーチャーorオレガ・オーラを回収
《サツイ 丙-一式》マナドライブスレイヤー
《ダラク 丙-二式》山札の上を確認してから墓地肥し
《シニガミ 丁-四式》pigで2枚墓地肥し。《ステニャンコ》+《復活の儀》と好相性

このデッキの回し方 [編集]

序盤は小型クリーチャーを並べムゲンクライムで中型クリーチャーを出す。終盤はムゲンクライム4で《∞龍 ゲンムエンペラー》を出し相手の受け札と自軍小型クリーチャー攻撃できない能力無視して総攻撃を仕掛ける。
除去の激しいデッキ相手には零龍卍誕を狙い、相手の場を壊滅させた所でワールド・ブレイカーと除去耐性に任せて殴りきる。

長所・短所 [編集]

低コストのクリーチャーが全体的に多く、除去手段の乏しいデッキ相手ならばバトルゾーンを一瞬で埋め尽くす。圧巻のコスト∞を持つ《∞龍 ゲンムエンペラー》も大体4ターン前後で着地可能であり、余程ファッティ重視のデッキ相手でない限り強烈な被害を与える事が可能。

  • その関係上、ほぼすべてのカードがコスト5以下のクリーチャー・呪文であり敵獣除去にも手を回しにくい【カリヤドネループ】は格好の標的。序盤に墓地肥ししている間に展開する事で《∞龍 ゲンムエンペラー》のストレート着地も決まりやすく、その上一度着地すると除去手段も含めて封殺してしまうためデッキコンセプト自体を完全崩壊させられる。

ムゲンクライム墓地からでも使えるため、手札が枯渇しても大丈夫でありハンデスデッキなどにも強い。4マナ以上溜まれば手札を1枚切る事でノーコスト召喚が可能な《戯具 ザンブロク》の存在も大きく、ムゲンクライム持ちを捨てていけばノーダメージで展開・墓地肥し・蘇生が可能。
手札を経由する踏み倒しや墓地肥やしがほとんどであるため《デュエマの鬼!キクチ師範代》《禁術のカルマ カレイコ》もさほど脅威とならず、むしろこちらが使用する事すら可能。この場合先述の【カリヤドネループ】との対面がより安定する他、【連ドラグナー】等の山札からの踏み倒しに依存したデッキにも対応できる。

手札に関しても《戯具 ザンボロン》を初めとしたドロー手段も多くあり枯渇しにくい。特に《ザンボロン》を種に《罪無 ウォダラ垓》を出すと一度に3~5ドローする事もザラであり、ムゲンクライムの柔軟性も相まって手札重視か墓地重視の戦法を状況に応じて使い分けられる。

強力な受け札も多く積む事が可能で、ムゲンクライムを併せ持つ《罪無 ドロキオ垓》《罪無 ビコハン極》を初め、水の定番トリガーである《終末の時計 ザ・クロック》、墓地から《クロック》等を飛ばせる《戯具 ヴァイモデル》とどれを取っても魅力的な物揃い。しかもほとんどのトリガーがクリーチャーであるため、速攻を受けても残ったクリーチャーからムゲンクライムで展開して反撃可能。

ムゲンクライムの発動には場のクリーチャーの存在が必須事項であるため、大量除去が得意な【青黒緑デッドダムド】等は非常に苦手。またパワーラインも《∞龍 ゲンムエンペラー》以外は低く、小型一掃系の効果であっさり壊滅する。さらにムゲンクライム使用時は自軍を大量にタップするため、直後の殴り返しで数を減らされるのも辛い所。ただし《零龍》を採用する場合は《墓地の儀》《破壊の儀》の存在により大量破壊にはある程度対応可能。

墓地重視の戦法を取る場合、墓地利用メタカードなどを使われたら一から肥やし直しになってしまう。幸いにもこのデッキは昨今の墓地利用デッキと違い墓地を肥やさずとも戦える部類であるため、墓地利用メタの気配を感じたら手札重視の戦法に切り替えよう。

殿堂カードとはいえ《時の法皇 ミラダンテXII》は危険。防御札の悉くがコスト7以下のクリーチャーであるため、これ1枚で詰みに陥る事もザラ。
同じく《単騎連射 マグナム》も危険だが、こちらは墓地の枚数によっては《墓地の儀》or零龍卍誕で対処可能。

ただし忘れてはならない欠点はこのデッキの2大フィニッシャー、《∞龍 ゲンムエンペラー》《零龍》絶対に共存不可能である事。
《∞龍 ゲンムエンペラー》ロックは自分自身にもかかり、《∞龍 ゲンムエンペラー》存在下で《零龍》が卍誕した状態になろうものなら《零龍》は効果を失い自滅、即敗北となるため、どちらか一方が降臨したらもう一方を軸に置いた戦術は一切取れなくなってしまう。戦況の見極めは他デッキ以上に重要となる。

コスト5以下ではなく《∞龍 ゲンムエンペラー》で無視できない《ZERO ハンド》には警戒しておきたい。
幸いにもムゲンクライムはマナコストを支払ってカードを使える能力であり侵略ZEROの発動条件を満たさない[1]《闇王ゼーロ》《戯具 ヴァイモデル》《罪無 ジョイダム垓》など、ムゲンクライム以外での踏み倒しが注意すべき部分となる。

  • 《ZERO ハンド》で《ゲンムエンペラー》を除去される場合は、逆にこちらのメタクリーチャーや低コストS・トリガーも復活するという事も意味している。
    種類や数によっては、《ゲンムエンペラー》orその他メタクリのどちらを取るかの択を迫る事が可能。うまく行けば貴重な除去手段を無駄撃ちさせるプレイングもできる。

参考 [編集]


[1] このデッキでは無関係だが、【ゼロ・ルピアループ】のギミックでクリーチャーのタップだけでコストの支払いをしたら、それは「コストを支払わずにクリーチャーを出した」扱いになる。