龍素記号(りゅうそきごう)wD(ダブリューディー) サイクルペディア》 [編集]

龍素記号wD サイクルペディア SR 水/闇文明 (5)
クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン/ダークロード 5000
ブロッカー
ジャストダイバー
このクリーチャーが出た時、コスト4以下の呪文を1枚、自分の墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。
自分の手札から呪文を唱えた時、その呪文を自分の墓地からもう1度、コストを支払わずに唱えてもよい。この能力は各ターン1度しか使えない。
自分の墓地から呪文を唱えた時、唱えた後で、墓地のかわりに山札の下に置く。

DM22-EX1で登場した/クリスタル・コマンド・ドラゴン/ダークロード

ジャストダイバーを持つパワー5000のブロッカーで、cipコスト4以下の呪文墓地から唱える。さらに自分の手札から呪文を唱えた際にそれを1回増幅させる能力と、自分の墓地から唱えた呪文を強制山札の下に送る能力を持つ。

《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》と同じ呪文増幅能力を持っているが、各ターンに1回という制限があるため、あちらの活躍したようなサイクルデッキやループデッキを構築するのは難しい。
一方でコストが1軽く、より早期に着地させられてジャストダイバーでほぼ確実に次のターンから動き出せるのが大きな特長。《マナ・クライシス》などを使った簡単なロックの場合《ゴクガ・ロイザー》より適任だろう。

墓地から唱えた呪文を山札の下に送る能力は山札回復になるが、毎ターン呪文を唱える、増幅、山札の下に送る、という動きを繰り返していると墓地に呪文が溜まらない。《龍素記号Sr スペルサイクリカ》などの墓地利用カードと併用する際は注意。また、このクリーチャーのcip自体墓地に呪文がなければ使えない。

呪文増幅は相手ターン中でも誘発する。S・トリガー呪文を増幅できると防御力が上がるだろう。《超次元バサラ・ホール》はこのクリーチャーがいるとS・トリガーになるため相性が良い。

  • S・トリガーは「手札からカードを使う」ことになっているため、増幅対象に入っている。

以上のような能力に加えてコスト5のコマンド・ドラゴンという優秀な種族を持っており、革命チェンジ《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》封印外しが狙える他、《百鬼の邪王門》で踏み倒すことが可能。

ルール [編集]

  • 5つ目の能力は「(前略)呪文を唱え『た』時、」と一見変わった記述となっているが、《卍 新世壊 卍》と同じ書き方であり、このカードが出た段階で解決中の呪文にも効果が発揮される常在型能力である。
    墓地から唱えた呪文の能力でこのクリーチャーが踏み倒された場合、最後の能力が適用され、唱えたその呪文は墓地に行く代わりに山札の下に置かれる。
  • 呪文を唱えたのが自分か相手かは問わないため、相手のカード効果で自分の墓地から呪文が唱えられた場合でも、その呪文は山札の下に送られる。
  • チャージャーなど、唱えた呪文自身が自己置換効果を持つ場合、その呪文以外が発生源となる置換効果より優先的に適用される(総合ルール609.8a)ので、このカードの能力で山札の下へは送られない。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

即死コンボ [編集]

バトルゾーンにこのクリーチャー、山札《フォース・アゲイン》がある状態で《クイーン・アマテラス》を出すと即死コンボが可能。

以下、《サイクルペディア》の山札の下送り能力は省略。

ループの準備 [編集]

山札に《フォース・アゲイン》、何らかのコスト踏み倒し呪文があり、その呪文で呼び出せるゾーンに《サイクルペディア》があることが必要。

  1. 《クイーン・アマテラス》出すcip《フォース・アゲイン》リクルート
  2. 《アゲイン》で《クイーン》を出し直す。cip《生命と大地と轟破の決断》《インフェルノ・サイン》などをリクルートし、《サイクルペディア》を呼び出し。

これでバトルゾーンに《クイーン》、《サイクルペディア》各1体、墓地に《アゲイン》1枚となる。《サイクルペディア》のcipのストック1つと未誘発のターン1能力1回があるはずである。

無限ストックループ [編集]

  1. 《サイクルペディア》のcipのストックを1つ使い、《アゲイン》を墓地からコスト踏み倒し
  2. 《アゲイン》で《クイーン》を出し直す。cipで《アゲイン》をリクルート
  3. 《アゲイン》で《クイーン》を出し直す。《クイーン》のcipが1つストック。
  4. 《サイクルペディア》のターン1能力で《アゲイン》を墓地からコスト踏み倒し
  5. 《アゲイン》で《クイーン》か《サイクルペディア》を出し直す。選んだ方のcipが1つストック。
  6. 《クイーン》のcipのストックを1つ使い、《アゲイン》をリクルート
  7. 《アゲイン》で《サイクルペディア》を出し直す。《サイクルペディア》のcipが1つストック。
  8. 1.に戻る。

これを繰り返すことで、5.で選んだクリーチャーのcipが無限にストックされる。

フィニッシュループ [編集]

バトルゾーンに《クイーン》・《サイクルペディア》各1体、墓地に《アゲイン》1枚となる。《クイーン》のcipが無限にストックされている状態であるはずである。

  1. 《クイーン》のcipで《超次元の手ホワイト・ブラックホール》をリクルート。そのまま唱える。相手のシールドを対象に取ることで、山札が1枚減る。
  2. 《サイクルペディア》のターン1能力で《ホワイト・ブラック》を墓地からコスト踏み倒し
  3. 《サイクルペディア》のcipで《アゲイン》を墓地からコスト踏み倒し。《アゲイン》で《サイクルペディア》を出し直す。
  4. 《クイーン》のcipで《アゲイン》をリクルート。適当なカードを出し直し、《アゲイン》を墓地に戻す。
  5. 1.に戻る。

これを繰り返すことで相手がライブラリアウトになる。他にも、このループでコスト6以下の呪文なら自由に使い回せる。

環境において [編集]

登場早々【青黒緑ハンデス有象夢造】に採用されるに至った。
そのデッキでは《生命と大地と轟破の決断》といったグッドスタッフ枠との選択となる。

程無くして【青黒赤緑邪王門】でも結果を残した。このクリーチャーで増幅させたいがために《ドンドン吸い込むナウ》を5枚目以降の《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》として同時採用するケースも見られるようになった。ただ、元々呪文サポートが薄いデッキであるため、採用枚数を1枚から2枚程度に抑えたり採用を見送ったりする構築も多い。

DM22-BD1期のあるアドバンスのチャンピオンシップでは、【5色コントロール】ベースの【5色サイクリカランデス】が準優勝し、他には同大会で《マナ・クライシス》《星空に浮かぶニンギョ》《偽槍縫合 ヴィルジャベリン》を投入した【ダークネスコントロール】ベースの【青黒緑サイクルペディアランデス】が4位入賞した。

2022年11月の終わり頃には、《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》《ディメンジョン・ゲート》互換と同時採用するケースが目立つようになった。環境が多様化したため、その場その場に応じたカードを狙って回収できるその種のサーチの需要が高まり、呪文を再利用・増幅できるこちらと組むに至ったと見られる。

その他 [編集]

  • デザインは漫画『デュエル・マスターズ SAGA』に出てくる《龍素記号iQ サイクロペディア》をイメージして造形されている。[2]
    作中での彼の登場シーンは1話のみであり、コミックス販売サイトの試し読み機能で全て読める。

アニメ・漫画において [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 4つ目の能力について

Q.《龍素記号wD サイクルペディア》の「自分の手札から呪文を唱えた時」の能力には「各ターン1度しか使えない」と書かれていますが、自分の《龍素記号wD サイクルペディア》が2体いる場合は、それぞれ能力を1度ずつ使えますか?
A.はい、1体につき1度使えます。ただし、《龍素記号wD サイクルペディア》自身の置換効果で墓地から唱えた呪文は山札の下に置かれてしまうため、1つの呪文に対して《龍素記号wD サイクルペディア》の「自分の手札から呪文を唱えた時」の能力を2回適用することはできません。
引用元(2022.10.28)

  • 5つ目の能力について

Q.《龍素記号wD サイクルペディア》の「出た時」の能力で、墓地から《ブレイン・Re:チャージャー》を唱えました。唱えた後、《龍素記号wD サイクルペディア》の置換効果と「チャージャー」の置換効果が同時に条件を満たしますが、山札の下に置くかマナゾーンに置くかは自分が選べますか?
A.いいえ、この場合、《ブレイン・Re:チャージャー》は必ずマナゾーンに置く必要があります。呪文の効果が自身の移動を置換する場合、それは他の置換効果より優先して適用されます。

+  総合ルール 609.8a

引用元(2022.10.28)


[1] シールド回収で能動的に使うギミック
[2] 川崎大輔氏のツイート