秩序(ちつじょ)意志(いし) [編集]

秩序の意志 R 闇文明 (4)
呪文
S・バック:闇(闇のカードを自分のシールドゾーンから手札に加える時、そのカードを捨ててもよい。そうしたら、コストを支払わずにこの呪文を唱える)
相手のクリーチャーを1体選び、相手はそれに封印を1つ付ける。
(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く。コマンドが出た時、その持ち主はそのコマンドと同じ文明を持つ自身のカードから封印を1つ、墓地に置く。クリーチャーが封印されている間、両プレイヤーはそのクリーチャーを無視する。

DMEX-12にて登場した呪文

S・バックで相手のクリーチャーを1体封印する。

少なくとも使用したターン中の攻撃ブロックは阻止することができ、相手のデッキタイプによっては確定除去に等しい効果を発揮する。
破壊パワー低下以外の除去に乏しいで、《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》など破壊しても意味が薄いクリーチャーを無力化できるのが特長。

類似カードに相手クリーチャーを破壊する《ファンタズム・クラッチ》があるが、タップされていない攻撃待ちのクリーチャーも除去できるため防御面ではこちらが勝る。反面、コマンドバトルゾーンに出ると封印が解けてしまうので、対戦相手のデッキ構築次第で価値が大きく変わる1枚と言える。

登場時点のカードプールでは手札へのシールド回収が豊富な【赤黒バクロ法師】と好相性。

後に登場した《スプーン=ンプス》および【黒単アビスロイヤル】とも相性が良い。

他のカードとの相性 [編集]

  • S・バックはS・トリガーより手札を1枚多く消費してしまうが、逆に言えば使った際にささやかながら墓地肥やしができる。

環境において [編集]

十王篇環境では【カリヤドネループ】におけるカウンター札として使われた。このデッキではS・バックによってシールド捨てることで2枚分の墓地肥やしになり、シナジーを生み出していた。

DMBD-18期にはオリジナル【青黒退化】で、対速攻や死活問題となる《奇天烈 シャッフ》呪文ロック対策、および《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》などに対する詰み防止手段として投入されるケースも見られるように。
《我我我ガイアール・ブランド》などの厄介なスター進化への対処としても評価された。【我我我ブランド】はコマンドが必要最小限しか採用されず、《奇天烈 シャッフ》もアタックトリガーなら防げる。《奇天烈 シャッフ》に「4」を宣言されるとロックされそうだが、その実他の止める必要性の高いコスト帯を宣言されることが多く、刺さりやすかった。また、pig持ちやltb持ちに有効な防御札という点も大きい。前者は《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》、後者は《我我我ガイアール・ブランド》などが該当する。

その後も【白青黒ギャラクシールド】【超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン】対策として採用されたり、防御札兼墓地肥やしとして【黒単アビスロイヤル】に投入されたりしている。

DM22-BD1発売直前、【青黒緑有象夢造】の防御札として流行。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 外すのみの《Dの禁断 ドキンダムエリア》は除く。