轟神(ごうしん)ボボボロック》 [編集]

轟神ボボボロック  VR 火文明 (1)
クリーチャー:アーマロイド 10000-
パワード・ブレイカー
自分のシールド1つにつき、このクリーチャーのパワーを-2000する。
このクリーチャーが出た時、自分と相手のクリーチャーを1体ずつ選んでもよい。その2体をバトルさせる。

DM24-RP1?で登場したアーマロイド

フルスペックは1コスト10000パワード・ブレイカーにして自軍1体と相手1体指定の効果バトル持ち。
しかしデメリット能力として、自分のシールド1つにつき-2000の自己パワー低下が施される。
初期盤面で使うと、ただちにパワーが-10000され自壊してしまう。後半になるほど強くなるクリーチャーと言える。

このクリーチャーの真価はシールド回収デメリットを軽減すれば、1コスト打点として着地しながらメタカードを処理できるところにある。例えば1枚シールド回収するだけでパワー2000以下のクリーチャーにバトルで勝てるラインになる。
【赤黒バクロ法師】で考えれば、2枚シールド回収すれば死活問題となる《とこしえの超人》《若き大長老 アプル》を処理できるパワーラインに育つ。
【我我我ブランド】の溜めるプランに使う場合、パワー6000の実質W・ブレイカーに育ったタイミングで出すことも十分あり得る。

コスト1のシールド回収呪文である《奇怪な鬼祭》を唱えれば、最短2ターン目に自壊せず召喚できる。
もっとも、早出しすれば強いクリーチャーではないためあまり意味はないか。

アーマロイドが破壊されるたびにランデスを行う《猿神兵アッシュ》とは相性が良い。【速攻】が少ない環境であれば【アッシュランデス】に組み込める。

ルール [編集]

  • パワーの計算は加算、減算、乗算の順で行う[2]
    例えば自分のシールドが4つあり、《パワード・スタリオン》クロスした状態では、《轟神ボボボロック》のパワーは(10000-8000)×2=4000となる。
    ここで5つめのシールドを追加すると、パワーは(10000-10000)×2=0となり、自壊してしまう。

その他 [編集]

  • 《螺神兵ボロック》のリメイクカード。
    1ターン目に出すと自壊するウィニーという点は共通しつつ、除去を担えるようになった。
    フレーバーテキストでは《ボロック》がギアを身に着けた姿とされている。たった1つと言いながらイラストではギアを3つもつけており、その姿も変形ロボのようなものとなっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM24-RP1?
    ボロックに足りなかったのは、たった一つの小さなギアを身に着ける勇気だった。

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 総合ルール113.2. 通常、シールドは1枚のカードからなりますが、シールド・プラスなどの効果で複数枚のカードを重ねた状態になることがあります。シールドの数を数えるときは、重ねられたカードの束を1つのシールドとして数えます。シールドゾーンにあるカードの枚数を数えるときは、束になっているカード1枚1枚を含め、シールドゾーンにあるそれぞれのカードの数を数えます。
[2] 総合ルール108.2. デュエル・マスターズのゲームで数字の増減が行われる場合、足す、引く、掛ける、割るの順番で行います。