烈火大聖(れっかたいせい) ソンクン》 [編集]

烈火大聖 ソンクン VR 火文明 (4)
クリーチャー:ビートジョッキー 4000
スピードアタッカー
このクリーチャーが攻撃する時、または自分のクリーチャーが破壊された時、次のうちいずれか1つを選ぶ。
▶相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。
▶相手のコスト3以下のクリーチャーを1体破壊する。
▶相手のコスト3以下のタマシードを1枚破壊する。
▶相手のシールドを1つブレイクする。

DM22-RP1で登場したビートジョッキー

攻撃時、もしくは味方全員を対象としたpigによって4種類ものモードの中から効果を選択できる。

どれも中々の性能であり、特に4番目のブレイク効果は、コスト4クリーチャーとしては破格と言える。

また、スピードアタッカーであるため、タイムラグなしで効果を発揮できるというのも強み。

アタックトリガーでブレイクすれば、S・トリガーに弱いものの2打点となる。相手の残りシールドが1つなら、その攻撃でダイレクトアタックになる。
1打点で攻撃する場合はブロッカー破壊などを行える。
《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》《新爆竜 GENJI・XX》などに近い、なかなかの高スペッククリーチャーだろう。ただし種族はドラゴンでもコマンドでもない弱点もある。

除去持ちビートジョッキーとしては汎用性が高いことがウリ。《一番隊 チュチュリス》【我我我ブランド】では、3ターン目に走り出したいところを我慢し、一呼吸置いてこれを立てると生半可なブロッカー速攻メタに苦しまずに済むだろう。《“罰怒”ブランド》プランの場合、マスターB・A・D自壊デメリットをブレイクというメリットに変えられるため、カウンターでの《天命龍装 ホーリーエンド》によるオールタップや返しのターン殴り返しに対する抵抗になる。

環境において [編集]

登場早々オリジナル【白青赤鬼羅.Star】における汎用除去として出番を貰った。《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》の自軍ブロッカー能力を活かしてチャンプブロックを行えば、狙って効率良く自軍pig誘発できる。

その他 [編集]

  • 元ネタは《ソンクン》繋がりの《火炎の流星ソンクン》同様、西遊記の孫悟空か。《烈火大聖》という肩書はそちらの別称である斉天大聖が元ネタだと思われる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 2つ目の能力について

Q.自分の《ボルシャック・フォース・ドラゴン》《烈火大聖 ソンクン》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》を出しました。その「出た時」の能力で自分の《ボルシャック・フォース・ドラゴン》が破壊されたのですが、この時《烈火大聖 ソンクン》の「自分のクリーチャーが破壊された時」の能力はトリガーしますか?
A.《ボルシャック・フォース・ドラゴン》が破壊された時の状況によります。
自分の火のクリーチャーまたは火のタマシードが他に2つ以下しかなく、《ボルシャック・フォース・ドラゴン》がタマシードとして破壊された場合、クリーチャーが破壊された扱いにはなりません。そのため、この状況では《烈火大聖 ソンクン》の能力がトリガーしません。
自分の火のクリーチャーまたは火のタマシードが他に3つ以上あり、《ボルシャック・フォース・ドラゴン》がクリーチャーとして破壊された場合、《烈火大聖 ソンクン》の能力がトリガーします。
引用元(2022.9.28)