烈火大聖(れっかたいせい) ソンクン》 [編集]

烈火大聖 ソンクン VR 火文明 (4)
クリーチャー:ビートジョッキー 4000
スピードアタッカー
このクリーチャーが攻撃する時、または自分のクリーチャーが破壊された時、次のうちいずれか1つを選ぶ。
▶相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。
▶相手のコスト3以下のクリーチャーを1体破壊する。
▶相手のコスト3以下のタマシードを1枚破壊する。
▶相手のシールドを1つブレイクする。

DM22-RP1で登場したビートジョッキー

アタックトリガー、もしくは味方全員を対象としたpigによって4種類ものモードの中から効果を選択できる。

スピードアタッカーなため、何かしらの速攻メタでもかけられてない限り、1回はトリガー保証されている。

選択肢の多さとトリガーの機会の多さにより、どれも中々の性能であり、特に4番目のブレイク効果は、コスト4クリーチャーとしては破格と言える。

アタックトリガーでブレイクすれば、S・トリガーに弱いものの2打点となるため、スピードアタッカー&擬似W・ブレイカーとしても扱える。
相手の残りシールドが1つなら、その攻撃でダイレクトアタックになる。
《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》《新爆竜 GENJI・XX》などに近い高スペッククリーチャーだろう。しかし、種族はドラゴンでもコマンドでもない。

除去持ちビートジョッキーとしては汎用性が高いことがウリ。《一番隊 チュチュリス》【我我我ブランド】では、3ターン目に走り出したいところを我慢し、一呼吸置いてこれを立てると生半可なブロッカー速攻メタに苦しまずに済むだろう。《“罰怒”ブランド》プランの場合、マスターB・A・D自壊デメリットをブレイクというメリットに変えられるため、カウンターでの《天命龍装 ホーリーエンド》によるオールタップや返しのターン殴り返しに対する抵抗になる。

クリーチャーの汎用ブロッカー除去ということで、《ガル・ラガンザーク》対策としても優秀。【青黒赤緑邪王門】などの呪文コスト踏み倒しへの依存度が高いデッキに出張させるのも1つの手。

環境において [編集]

登場早々オリジナル【白青赤鬼羅.Star】における汎用除去として出番を貰った。《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》の自軍ブロッカー能力を活かしてチャンプブロックを行えば、狙って効率良く自軍pig誘発できる。

ビートジョッキーシナジーを利用するデッキである【“B-我”ライザ】にも採用された。《パイセン・チュリス》のおかげで環境から完全に遠ざかっていた【“B-我”ライザ】が再びポツポツ入賞するようになったが、このカードもまた救済パーツの1つと言える。

【赤黒バクロ法師】にも汎用系として2枚程度挿される場合がある。

2023年1月下旬辺りから《ダチッコ・チュリス》《パイセン・チュリス》などを採用したビートジョッキーシナジー重用型で後ろ寄せ構築となった【我我我ブランド】で活躍するようになった。事前にこれなどでシールドを削れば後でフィニッシャーを出して殴り切れる可能性が高まるという事である。パワー4000なのでウィニーと違って殴り返しに最低限強いのというのもある。当然《我我我ガイアール・ブランド》と同じターンに出せば《我我我ガイアール・ブランド》自壊をこのクリーチャーの自軍pig付与によるブレイクに変換できる。

《凶戦士ブレイズ・クロー》《一番隊 チュチュリス》、これ、《龍装者 バルチュリス》の4枚があれば先攻3ターンキルができる。しかもこれは机上論ではなく【我我我ブランド】においてデッキの汎用性を下げずに組み込める自然な勝ち筋の1つなのが大きい。

【我我我ブランド】のメインの勝ち筋に組み込むなら2ターン目《一番隊 チュチュリス》召喚→3ターン目《ダチッコ・チュリス》→これ→《我我我ガイアール・ブランド》という手もある。手札4枚で召喚のみによって合計10打点を出すことができるのが利点。

【速攻】ミラーマッチでは非力なパワー1000クリーチャー自爆特攻することによってそのクリーチャー除去に変換できるという利点がある。全体除去を始めとする除去にも強く、これを入れた型は青黒緑系のデッキに有利を取れる。

一方、これを使った型は1コストが12枚程度まで削減されているため、《一番隊 チュチュリス》が絡まないと3ターンキルなどの早期リーサルは難しい。また、この型はコスト軽減を駆使するデッキのため、メタカードの影響を受けやすい。よって、【青魔導具】【ライオネル.Star】などの4ターン目から5ターン目辺りにビッグアクションを起こすデッキは苦手。それらのデッキが多い場合は、1コストが14枚程度まで入っておりメタカードを除去しながらコスト軽減を行わずに4ターンキルを狙える《ボルシャック・フォース・ドラゴン》型が適任。

2023年3月20日殿堂レギュレーション改訂発表を機に、【赤緑“逆悪襲”ブランド】での利用も模索された。《“逆悪襲”ブランド》だけではフィニッシャーが足りないためその水増しに使われるが、マナコストが4と素出しに不自由しないのが大きい。同改訂施行直前のチャンピオンシップでは、無限自壊ギミックを利用してこれをフィニッシャーにした型の【絶望神サガループ】がオリジナルのチャンピオンシップで優勝した。

《絶望神サガ》の自壊を繰り返す動きをこのカードでのフィニッシュに利用した型の【絶望神サガループ】も結果を残している。【絶望神サガループ】の活躍によりそちらをメタる【白青赤鬼羅.Star】もまた増え、ミラーマッチにブロッカー除去が刺さりやすくなったという事で【白青赤鬼羅.Star】での活躍が再び散見されるように。軽いクリーチャーやタマシードにそこそこ依存するデッキである【黒単アビスロイヤル】との対面でも、殴り返し防止や打点ずらしの性質を持つ除去として役立つ。

遅くとも【絶望神サガループ】消滅後の段階では【我我我ブランド】の標準装備となっている。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 2つ目の能力について

Q.自分の《ボルシャック・フォース・ドラゴン》《烈火大聖 ソンクン》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》を出しました。その「出た時」の能力で自分の《ボルシャック・フォース・ドラゴン》が破壊されたのですが、この時《烈火大聖 ソンクン》の「自分のクリーチャーが破壊された時」の能力はトリガーしますか?
A.《ボルシャック・フォース・ドラゴン》が破壊された時の状況によります。
自分の火のクリーチャーまたは火のタマシードが他に2つ以下しかなく、《ボルシャック・フォース・ドラゴン》がタマシードとして破壊された場合、クリーチャーが破壊された扱いにはなりません。そのため、この状況では《烈火大聖 ソンクン》の能力がトリガーしません。
自分の火のクリーチャーまたは火のタマシードが他に3つ以上あり、《ボルシャック・フォース・ドラゴン》がクリーチャーとして破壊された場合、《烈火大聖 ソンクン》の能力がトリガーします。
引用元(2022.9.28)

Q.自分の《烈火大聖 ソンクン》を進化元にした《我我我ガイアール・ブランド》が破壊される際、「スター進化」によって、かわりに一番上のカードが離れました。
この時、進化元だった《烈火大聖 ソンクン》の「自分のクリーチャーが破壊された時」の能力はトリガーしますか?
A.はい、トリガーします。《我我我ガイアール・ブランド》が墓地に置かれた時点で《烈火大聖 ソンクン》が特性が無視されていない状況でバトルゾーンにいるため、その能力がトリガーします。
引用元(2023.6.23)