《ボルシャック・フォース・ドラゴン》 [編集]

ボルシャック・フォース・ドラゴン SR 火文明 (3)
タマシード/クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ACE 9000
このタマシードが出た時、相手のパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊する。
自分の火のクリーチャーまたは火のタマシードが合計4つ以上なければ、バトルゾーンにあるこのタマシードはクリーチャーとして扱わない。
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、このターン、自分の他のクリーチャーすべてに「パワーアタッカー+6000」「パワード・ブレイカー」「スピードアタッカー」を与える。

DM22-RP1で登場したアーマード・ドラゴン/ACEタマシード/クリーチャー

cipで4000の単体火力を放ち、の擬似シビルカウント4を達成することでクリーチャーとなる。
クリーチャーとして攻撃時、自分の他のクリーチャーすべてに「パワーアタッカー+6000」「パワード・ブレイカー」「スピードアタッカー」を与える。

序盤はメタクリーチャーを焼く火力に使い、終盤はフィニッシャーとして活躍させられるため、無駄がないカードになっている。
《ボルシャック英雄譚》の大量展開に巻き込めば、一気に擬似シビルカウントを発動し、自軍を強化できる。

味方の強化がアタックトリガーなのが懸念点だが、結局のところワンショット時には味方全員が相手プレイヤーに向かって攻撃することは避けられない。《ボルシャック・フォース・ドラゴン》で一番初めにプレイヤーに攻撃すれば、S・トリガーでこのクリーチャーが除去されたとしても3種の強化は継続するため、常在型能力よりありがたいこともあるだろう。

環境において [編集]

登場早々【赤緑ボルシャック】に居場所を見つけた。基本的に【赤緑ボルシャック】の場合は頭数が並ぶ上にタイムラグの無い打点に困らないため、シビルカウントや打点強化は重視しない。

また、程無くして軽量級リソース系カードで手札を整えつつこれを立て、適宜《“魔神轟怒”万軍投》で展開して総攻撃する【赤青フォース万軍投】なるデッキアドバンスチャンピオンシップで3位入賞した。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • カード特性について

Q.自分の火のクリーチャーとタマシードが《炎龍神ヴォルジャアク》のみの状況で、自分は《ボルシャック・フォース・ドラゴン》を出しました。この時、《炎龍神ヴォルジャアク》の「自分のドラゴンが出た時」の能力で、パワー9000より少なくなるように相手のクリーチャーを好きな数破壊できますか?
A.いいえ、破壊できません。条件を満たしていないタマシード/クリーチャーは、タマシードとして扱います。タマシードはパワーを持たないので1体も選べず、破壊できません。
引用元(2022.9.16)

Q.バトルゾーンに自分のクリーチャーが1体もいない状況で《ミラクル・ミラダンテ》の「革命0トリガー」を使ったところ、表向きにした山札の一番上のカードが《ドラン・ゴルギーニ》でした。
この《ドラン・ゴルギーニ》を出し、《ミラクル・ミラダンテ》に進化できますか?
類似例:《ボルシャック・ドギラゴン》《ボルシャック・フォース・ドラゴン》
A.《ドラン・ゴルギーニ》を出すことはできますが、その上に《ミラクル・ミラダンテ》を重ねることはできません。
《ドラン・ゴルギーニ》は、山札では状況を問わずクリーチャーですので《ミラクル・ミラダンテ》の効果でバトルゾーンに出せます。その後、質問の状況では、バトルゾーンに出た《ドラン・ゴルギーニ》はクリーチャーになる条件を満たせず、「シンカライズ」を持たないタマシードになるので、その上にクリーチャーを進化できず、《ミラクル・ミラダンテ》は手札に残ったまま処理を終了します。
引用元(2022.9.16)