攻撃(アタック)できない [編集]

相手プレイヤーや相手のクリーチャーへの攻撃を制限する継続的効果
この効果を生成する能力デメリット能力として扱われることが多い。

攻撃できないクリーチャー [編集]

アクア・ガード C 水文明 (1)
クリーチャー:リキッド・ピープル 2000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ C 光文明 (1)
クリーチャー:ガーディアン 2000
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
神拳の超人(アヴァランチ・ジャイアント) SR 自然文明 (6)
クリーチャー:ジャイアント 8000
W・ブレイカー
このクリーチャーは、クリーチャーを攻撃できない。
このクリーチャーがブロックされた時、相手のシールドを1枚ブレイクする。

ブロッカーは「攻撃できない」、ブロッカーは「相手プレイヤー攻撃できない」を持つことが多い。

これらの能力を持つクリーチャーは、通常よりパワーが大きい傾向がある。
その特性を活かして、《エグゼズ・ワイバーン》のように殴り返しに特化したカードもある。

パワーが12000以上であることが重要なグランセクトにも多く見られる。インフレもさることながら、12000という具体的なパワーラインの存在から、過去のブロッカーなどよりもパワーの増加値が多めになっている。

〇〇しなければ攻撃できない [編集]

憤怒の猛将ダイダロス SR 闇文明 (4)
クリーチャー:デーモン・コマンド 11000
バトルゾーンにある、自分の他のクリーチャー1体を自分の墓地に置かなければ、このクリーチャーは攻撃することができない。
W・ブレイカー(シールドを攻撃したとき、このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)

攻撃の際に追加コストを要求されるタイプの「攻撃できない」能力。

後述のようにルール上特殊な挙動をする。
非常に数が少なく、《憤怒の猛将ダイダロス》《金剛の超人》《三身の歩み 復器/フッキード・リカバリー》と数えるくらいしかいない。

○○であれば攻撃できる [編集]

奇跡の予言者ラッキー・クルト UC 光文明 (1)
クリーチャー:ライトブリンガー 1500
H・ソウル
E・ソウル
ブロッカー
このクリーチャーは、バトルゾーンに自分のエンジェル・コマンドまたはデーモン・コマンドがあれば、相手プレイヤーを攻撃できる。

条件付きで攻撃できないデメリットの一種
一見するとメリット能力に見えたり、普通攻撃できるクリーチャーにあらためて対象を攻撃できる旨が書かれた意味のない能力に見えたりするが、実際は「○○でなければ攻撃できない」と同じ効果。
その紛らわしさのためか、これも非常に数が少ない。

ルール [編集]

  • 「攻撃することができない」というのは「攻撃が不可能」という意味なので、《超神龍アバス・ノナリス》などが持つ「可能であれば攻撃する」といった攻撃強制を受け付けず、特攻を免れられる。「相手プレイヤーを攻撃できない」と比較した場合、これが唯一の利点といえるだろう。
  • 「できない」は「できる」に勝つため、「アンタップしているクリーチャーを攻撃できる」状態のクリーチャーも、攻撃できない効果の影響下では、アンタップしているクリーチャーは攻撃できない。
  • もちろん、このようにして召喚酔いを無視できても、攻撃できない効果を受けていれば当然攻撃はできない。
  • 既に攻撃中のクリーチャーが、攻撃できない効果を受けても、その攻撃が中断されることはない。「攻撃宣言できない」というのが、正確なところだろう。
  • 誤解されやすいが「相手プレイヤーを攻撃できない」能力はトドメの直接攻撃だけでなくシールドをブレイクすることもできない。シールドはあくまでプレイヤーへの直接攻撃を強制的に防いでいるのであり、シールドそのものが攻撃対象となっているわけではないためである。

「〇〇しなければ攻撃できない」についてのルール [編集]

  • クリーチャーが「〇〇しなければ攻撃できない」という能力を持っている場合、「〇〇」の処理が可能な場合は攻撃宣言をすることができる
    そして、攻撃宣言後に「〇〇」の部分の処理を行なってから攻撃する。
  • このタイプは「〇〇」を行えば攻撃できるものの、「攻撃できない」の亜種として扱われ、以下のような特徴を持つ。
    • 攻撃強制の影響を受けない。「〇〇」の条件を強制的に満たして攻撃しなければならない、ということはない。
    • 上述のダイヤモンド状態によって無効にすることができるダイヤモンド状態下では「〇〇」を行わずに攻撃ができるようになる。ただし、「〇〇」を能動的に行うことはできなくなる。
  • 紛らわしいが「〇〇していなければ攻撃できない」とは似て非なる存在。
    あちらは能動的に「〇〇」を行うことはできず、他の処理や能力によって「〇〇」の条件を満たしていなければならない。

その他 [編集]

参考 [編集]