【グルメ墓地(ぼち)ソース】 [編集]

《樹食の超人》墓地肥やし能力を利用した黒赤緑をタッチした【墓地ソース】。【巨大墓地ソース】とも呼ばれる。

DMEX-17《超七極 Gio/巨大設計図》が登場し、《巨大設計図》との8枚体制になったことでDMBD-18頃デッキが確立した。
大量の高コストカードで手札を増やしたのち、《樹食の超人》でそれを一気に墓地に送ることで墓地を利用するカードを一気に使うデッキ。

樹食の超人 R 自然文明 (8)
クリーチャー:ジャイアント/不死樹王国 12000
このクリーチャーを召喚する時、自分のマナゾーンまたは手札から、好きな枚数の他のカードを選んでもよい。このようにして選んだカード1枚につき、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、選んだカードを墓地に置く。
T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3つブレイクする)
マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
超七極 Gio UC 光文明 (9)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/侵略者 11500
このクリーチャーを召喚する時、自分の手札にある他のコスト9のカードを好きな数、相手に見せてもよい。こうして見せたカード1枚につき、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
進化:光のクリーチャー1体の上に置く。
ブロッカー
W・ブレイカー
巨大設計図  UC 自然文明 (2)
呪文
自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から、コスト7以上のクリーチャーをすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の下に置く。

主要カード [編集]

《樹食の超人》コンセプト。墓地に送ったマナ手札の数だけコストが軽くなるマッハファイター
《超七極 Gio/巨大設計図》2コストにして最大4枚の手札補充
《巨大設計図》

候補カード [編集]

防御札
《撃髄医 スパイナー》パワー低下 スーパー・ボーナス《巨大設計図》の対象とアンチシナジーで度外視して採用
《SMAPON》パワー2000の全体火力とスーパー・ボーナスで相手クリーチャーを止めるスーパー・S・トリガー
《天幕船 ドンデンブタイ》攻撃できないブロッカー。自分の手札7枚以上ならタダ

このデッキの回し方 [編集]

《超七極 Gio/巨大設計図》《巨大設計図》で手札を補充する。基本的にこのデッキは非ツインパクトの《巨大設計図》以外コスト7以上であるため、よっぽど《巨大設計図》が固まっていない限り3枚以上は手札に加えられる。
そうして手札が貯まったらそれを一気に捨てつつ、1マナで《樹食の超人》を召喚。その後余った手札から墓地を利用するカードをどんどん展開し勝利する。

環境において [編集]

2021年12月初頭にチャンピオンシップ優勝を果たし、以降オリジナルで流行。

ただし、王来篇環境 (オリジナル)には除去力の高いデッキが少なくなく、《暴走龍 5000GT》着地まで攻撃を待っていてはフィニッシュが間に合わないため、実際のゲーム上は3ターン目に《百万超邪 クロスファイア》《樹食の超人》を並べてビートダウンする展開も珍しくなかった。

DMEX-18期のオリジナルではこれをフシギバース元に採用した型が複数件上位入賞報告され、以降流行。延いては、《反逆龍 5000typeR/無法頂上会談》も採用した代わりに闇のリソース系やフシギバースをカットしてデッキカラーを従来の黒赤緑から青赤緑に変えた型も結果を残した。

同終期には《我我我ガイアール・ブランド》打点を補強しつつ《樹食の超人》でのディスカード《“轟轟轟”ブランド》マスターG・G・G促進に利用する型が流行。

DMBD-19DMBD-20期にはついに、【墓地ソース】系統のフィニッシャーが属するを完全にカットしてフシギバースに特化した黒緑型までがオリジナルで3位入賞した。

長点 [編集]

大量の手札補充のおかげで安定性が非常に高く、巨大なフシギバースクリーチャーカードパワーで圧殺することや、強力な高コストS・トリガー【速攻】対策を打つことができるという強みがある。

《巨大設計図》での回収対象であり、が合いさえすれば7コスト以上のコスト帯に上位互換の存在しないあらゆる防御札が採用範囲内なので、防御札の枠のカスタム性が極めて高い。

フシギバース持ちのカードパワーの高さのおかげで、コントロールプランもある程度取れる。そこに《マキシマムザ亮君(暴天覚醒MAXIMUM神羅曼象)》出のクリーチャー一層、呪文ロックによる詰めを加えれば尚良い。

フシギバースは召喚であるためメジャーなコスト踏み倒しメタをすり抜け、《流星のガイアッシュ・カイザー》も不発になる。《ベイB セガーレ》《樹食の超人》の1枚目で消費させてからすかさず2枚目を出すことで対処が可能。また、予め墓地を肥やしておく必要がほとんどないため、《お清めシャラップ》などの墓地リセットの影響を受けにくいのも特徴。
従来の黒赤緑【墓地ソース】墓地肥やしを担っていたのは《鬼札アバクと鬼札王国》であり、こちらは手札補充能力に難があることと、「《アバク》を引けていないと動きが極端に鈍る」という大きな弱点を抱えていたが、この難点をカバーした形となる。

弱点 [編集]

《暴走龍 5000GT》着地こそ最速で4ターン目なので、早期にウィニーを大量展開するキルターンの速いデッキに対してはロック力がそれほど活かせない。

そもそもデッキの持ち味が《樹食の超人》の墓地肥やし能力ありきなので、マナブースト呪文で不正メタを避けるために準備している展開は比較的不利なゲーム運びである。

【我我我ブランド】などの【速攻】との対面で下手にワンショットに拘るとG・ストライクで頓挫してしまう恐れがある。そのため、なるべく刻むプレイングで先にG・ストライクを踏んでおくのが賢明。

S・トリガー獣を重用するため、《式神シシマイ》には弱い。もっとも、《式神シシマイ》はこのデッキが使われる環境ではほとんど見ないため、実際には意識する必要はない。

参考 [編集]