スタートチャージ5 [編集]

デュエル・マスターズ プレイスのルームマッチやSPルールレギュレーションのひとつ。
はじめからマナが5枚使え、デュエプレ仕様で文明の支払いも使い放題な状態でスタートするルールである。
スタートチャージ10と異なり、通常通り手札が5枚の状態でデュエルを開始する。

公式ルールからの変更点 [編集]

  • ゲーム開始時、デッキの40枚とは別の場所から、特定の5枚のカードがマナゾーンに置かれる。そのカードは、通常のカードと同様、マナゾーンから他のゾーンに移動させたり、実際にプレイしたりすることが可能。

第1回レンタルデッキ [編集]

-  

XX連ドラ

カード名文明枚数コメント

ヤヌスビート

カード名文明枚数コメント

超次元ダーツ

カード名文明枚数コメント

構築論 [編集]

  • 1ターン目から様々なカードをプレイできるため、通常環境では最速でダイレクトアタックが可能なデッキタイプ(【赤白速攻】【黒緑速攻】など)を無編集でこのルールに流用しても、一部の中速ビートダウンまたはコンボデッキとキルターンが変わらないあるいは速攻デッキが中速デッキよりターン数がかかってしまうことがある。
    • 通常環境では最速でも4ターンはかかってしまうデッキタイプが、このルールの元では最速2ターンで達成できるようになるのがザラであり、ポピュラーなものには【エンペラー・キリコ】が存在する。なお、《相撲 Dr.ウンリュウ》デッキに至っては最速1ターンキルが可能である。
  • 《英知と追撃の宝剣》《超竜バジュラ》などで早期にランデスを行うことも可能な環境のため、「少ないマナでも動くことができ、マナが多くあるとさらに強いカード」を自然と組み込めると心強い。具体例として、たとえ5マナ以下になっても進化元があればプレイできて腐る可能性の低い《アストラル・リーフ》
  • ブーストを絡めるデッキなら、一刻も早く《聖鎧亜キング・アルカディアス》《聖霊王アルファディオス》といったロックを成立させる、ないしは《悪魔神ドルバロム》といった着地と同時に反撃の芽も潰せるカードに到達することを目的としたい。

その他 [編集]

  • ゲーム開始時のマナの数が5枚であることから、普段のルールで使い辛かった《ラッキー・ダーツ》《逆転のオーロラ》といったカードを即座に使うことが可能となっており、それらを軸にしたデッキを使うプレイヤーも一定数存在する。

参考 [編集]