爆鏡(ばっきょう) チッタ》 [編集]

爆鏡 チッタ C 火文明 (1)
クリーチャー:ヒューマノイド爆 2000
ガードマン(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、自分の他のクリーチャーからこのクリーチャーに変更してもよい)
このターン、他の火のクリーチャーが攻撃していなければ、このクリーチャーは攻撃できない。

DMRP-21で登場したヒューマノイド爆

そのターン、他のクリーチャー攻撃していないと攻撃できないガードマン

スペックとしては《ホップ・チュリス》ガードマンが付いたかわりに攻撃できる条件に文明が追加されたもの。
【赤単速攻】であればクリーチャーばかりになるためガードマンが付いてる分こちらが上位互換となるだろう。
とはいえどちらもサポートの多い種族であるためどちらが明確に上とは言い難い。
また、厳密には《希望のジョー星》存在下においては《ホップ・チュリス》の方に差別化点がある。

こちらはヒューマノイド爆であるため【赤単ガトリング】での活躍に期待できる。

ガードマンが付いているため、例えば《Disノメノン》《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》などのシステムクリーチャーを狙われた時にそうしたものを守ることができる。

【我我我ブランド】なら《ホップ・チュリス》の類似スペックカードは8枚もいらないため、種族が気にならなければ墳墓避け採用、あるいはこちらへの総入れ替えが妥当なところ。

環境において [編集]

【我我我ブランド】《ブルース・ガー》《ブンブン・チュリス》の枠計8枚から4枚分程度がこのカードに置き換えられることがある。もっとも類似カードの《ホップ・チュリス》も必須枠というほどでも無かったため、同じくこちらも採用されない構築もままある。アドバンスでは単体で攻撃に参加できる場面が存在せず《GIRIGIRI・チクタック》のGR召喚を活かしづらいことから、猶更採用されにくい。

フレーバーテキストについて [編集]

カードイラストについて [編集]

  • カードイラストに描かれたヒューマノイド爆の女の子の外見はヒビキに似ている。冠詞も彼女のものと同じである。リンクウッドを彷彿とさせる台詞と合わせて考えると、ヒビキとリンクウッドの子孫である可能性がありそうであり、Deadmanも公式に「この子はまさか…あの2人の娘!?」と示唆していたが、真相は不明。

その他 [編集]

  • カード名はウイスキーの銘柄の1つ「知多」から取られている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]