DMBD-18 「レジェンドスーパーデッキ 神歌繚嵐(しんかりょうらん) [編集]

2021年11月20日発売。全24種51枚。価格は7500円(税抜)。
青赤緑のデッキとなっている。

DMBD-15で好評を博したレジェンドスーパーデッキシリーズの第2弾。
かつて環境で活躍し現在ではプレミアム殿堂となっている《蒼狼の始祖アマテラス》と、現在殿堂入りとなっている《エンペラー・キリコ》をリメイクした大型展開デッキとなっている。
デッキの半分を占めるマナ加速で序盤を乗り越え、《蒼狼の大王 イザナギテラス》からの《母なる星域》、もしくは《蒼狼の王妃 イザナミテラス》cipから《神歌の歌姫 アマテラス・キリコ》に進化させて1ショットキルを図る。

フレーバーテキストは、現実の大会に沿ったDMBD-15とは異なり、オリジンの誕生及び王来篇に関わる背景ストーリーに沿ったセットとなっている。

デッキ、改造パーツ、限定スリーブ、ブラックエクストラカード、ストレージボックスがセットになっている。
ブラックカードはデッキカードのどれか1枚をランダム封入。
限定スリーブは全20種類からランダム封入。スリーブの絵柄はこれまでの20年の各シリーズ第1弾パッケージ。

新規カードは

  • 未改造では除去札・防御札が少なく、何よりコスト踏み倒しメタに弱いのが欠点。その為、完成度に関して賛否ある構築済みデッキであったが、発売直後にデュエチューブが「救いたい」動画としてこのデッキをネタにしたことから前年のタカラトミー公式アカウントの炎上の一件もあり「公式が商品を自ら貶すとは何事か」「タカラトミーは反省していない」と騒ぎになった。

収録カード [編集]

メインデッキ [編集]

改造パーツ [編集]

ブラックエクストラカード(全10種中1枚封入) [編集]

参考 [編集]


[1] 《蓄積されたハンド》にて示唆されていた