《ブランド-MAX(マックス) [編集]

ブランド-MAX SR 火文明 (4)
S-MAX進化クリーチャー:ビートジョッキー/レクスターズ 5000
S-MAX進化:自分がゲームに負ける時、かわりにこのクリーチャーを破壊するか、自分の手札から《ブランド-MAX》を1枚捨てる。(このクリーチャーは進化元を必要としない。自分のS-MAX進化クリーチャーが2体以上あれば、そのうちの1体を残し、残りをすべて手札に戻す。)
このクリーチャーが攻撃する時、自分の他のクリーチャーを1体アンタップする。このターン、そのクリーチャーはシールドをさらに1つブレイクする。
相手がこのクリーチャーを選んだ時、相手のシールドを1つ、持ち主の墓地に置く。

DMRP-21で登場したS-MAX進化ビートジョッキー/レクスターズ

アタックトリガーで他の味方1体をアンタップしつつ追加ブレイクを付与できる。また、相手に選ばれるとシールド焼却を行う。

アタックトリガーは、《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》に近い性質を持ち、こちらは進化クリーチャーをもアンタップさせることができる。
さらにアンタップしたクリーチャーがブレイクするシールドの枚数を増やせるので、W・ブレイカー以上のクリーチャーを多くすることが可能。
《超鎧亜キングダム・ゲオルグ》と同じく、《メタルコックのタイマー》もしくは《日向草》等の能力を利用すれば無限攻撃が可能。
特に火文明は攻撃後に自身をアンタップさせるクリーチャーが豊富なので、それを利用したコンボの運用がメインとなるか。

もし2体以上《ブランド-MAX》が出せた場合、お互いを能力の対象に取ることで簡単に無限アタッカーを用意できたがS-MAX進化の仕様により《ブランド-MAX》を2体並べることはできない。
そのため《ブランド-MAX》を使って無限アタッカーを作るには、他のカードによるサポートを噛ませる必要がある。

また《炎龍神ヴォルジャアク》を彷彿とさせるシールド焼却能力を備えることから、疑似アンタッチャブルとして働く。

ほどほどのコスト帯のビートジョッキーなので、【“B-我”ライザ】にも適している。進化クリーチャーなのは変わりがなく召喚酔いしないため、《龍星装者 “B-我”ライザ》除去されてスピードアタッカー付与が失効してもひとまず安心。

無限攻撃1 [編集]

《メタルコックのタイマー》と《ブランド-MAX》を揃えることで無限攻撃ができる。
注意点としては、《メタルコックのタイマー》G・ストライクを使われたらタップ能力も使えなくなる。

無限攻撃2 [編集]

場に《パイパーパイプー》と《ブランド-MAX》、手札に《キャンベロ <レッゾ.Star>》を揃えることでも無限攻撃ができる。
こちらは上記の注意点に加え、侵略を阻害されても成り立たなくなる。

無限攻撃3 [編集]

S-MAX進化クリーチャーは2体以上並ぶと1体を残し、残りは全てバウンスする性質を持つ。これを活かしマジボンバー《葉鳴妖精ハキリ》などのアタックトリガー手札から《ブランド-MAX》を出せるクリーチャーがいれば、無限攻撃が成立する。
アタックトリガーで2体目の《ブランド-MAX》を踏み倒す事で攻撃済みの《ブランド-MAX》を回収し、アンタップ状態の《ブランド-MAX》のアタックトリガー踏み倒しを行ったクリーチャーアンタップ……と繰り返す事で無限攻撃が成立する。

こちらも踏み倒しを行うクリーチャーをG・ストライクなどで選ぶことで、シールド焼却を回避しつつ無限攻撃を止めることができる。

環境において [編集]

王来MAX環境(オリジナル)においては【青黒赤緑レッドギラゾーン】を中心に利用される。主に侵略との相乗効果で味方の打点を大幅に増強して早期に一気に決着する使い方がされる。

アニメ・漫画において [編集]

その他 [編集]

関連カード [編集]

サイクル [編集]

DMRP-21S-MAX進化サイクル

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 2つ目の能力について

Q.《ブランド-MAX》の「このクリーチャーが攻撃する時」の能力で、アンタップしている自分のクリーチャーを選びました。そのクリーチャーはシールドをさらに1つブレイクできますか?
A.はい、できます。この能力はアンタップ状態のクリーチャーを選ぶこともでき、その場合は位相は変わらずアンタップ状態のままですが、後半の効果は適用できます。
引用元(2022.4.22)