NEO(ネオ)クリーチャー [編集]

DMRP-01で登場した新タイプのクリーチャー。いずれも新たな進化方法のNEO進化を持っており、普通にバトルゾーンに出すことも、進化クリーチャーとして出すことも可能である。

崇高なる智略 オクトーパ VR 水文明 (5)
NEOクリーチャー:ムートピア 3000
S・トリガー
NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーは、次の自分のターンのはじめまで攻撃もブロックもできない。

基本的にはNEO進化召喚酔いを無視して出すのが強力だが、普通の進化クリーチャー進化元がいないと腐るのに対して、NEOクリーチャーは進化元がいない時でも腐ることがないのが強みである。

  • 詳しいルールについては「NEO進化」の項目を参照。
  • 一部のNEOクリーチャーは、味方のNEOクリーチャーすべてを強化する能力を持つ。
  • DMRP-07で新章デュエル・マスターズ以前の既存種族にもNEOクリーチャーが登場。そうしたクリーチャーの命名ルールは非進化と進化の冠詞を合わせたものとなる。
  • バトルゾーンにあって、カードが下に重なっている状態でなければ進化クリーチャー扱いされないことから、王来篇以降登場した純粋な進化クリーチャーサポートはほぼ受けられない。裏を返せば、このようなルールは後の進化クリーチャーサポートの開発の障害にならないようにするための配慮とも考えられる。

NEOクリーチャーに関連する能力を持つカード [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q. NEOクリーチャーとはどういったカードですか?
A. NEOクリーチャーはクリーチャーの1種で、普段は通常のクリーチャーと同様に扱います。バトルゾーンに出すに際し、NEO進化能力を使うことで進化クリーチャーとしても扱うことが出来るようになります。
引用元(2019.7.2)

Q. NEOクリーチャーがバトルゾーンにない時、「進化クリーチャー」ですか?それとも「進化ではないクリーチャー」ですか?
A. このカードは、NEO進化能力を使うなどして下にクリーチャーカードのある状態でバトルゾーンにいる時のみ「進化クリーチャー」として扱われます。そのほかのゾーンにある時は「進化ではないクリーチャー」として扱います。
引用元(2019.7.2)

Q. NEOクリーチャーのNEO進化能力を使ってバトルゾーンに出した時、すぐに攻撃できますか?
A. はい、NEO進化能力を使った場合「進化クリーチャー」として扱われるので、出たターンにすぐに攻撃することが出来ます。もし一度進化としてバトルゾーンに出した後、何らかの効果でその下にあったカードがなくなった場合、「進化クリーチャー」ではなくなるので攻撃は出来なくなります。
引用元(2019.7.2)

Q.《進化設計図》を使って、NEOクリーチャーを手札に加えられますか?
A.いいえ、手札に加えられません。バトルゾーン以外のゾーンにあるNEOクリーチャーは、進化クリーチャーではありません。
引用元(2021.4.2)

+  類似裁定(2022.4.8)

Q.自分の《「正義星帝」》の上に《ギガントウサギロボ・フューチャーX》を「NEO進化」を使って重ねる場合、その「シンカパワー」はトリガーしますか?
A.はい、トリガーします。NEOクリーチャーを進化クリーチャーとして重ねますので、「シンカパワー」もトリガーします。
引用元(2022.2.18)

Q.相手の《その子供、可憐につき》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《ギガントウサギロボ・フューチャーX》を「NEO進化」を使ってバトルゾーンに出す場合、タップ状態で出ますか?
A.はい、タップ状態で出ます。NEOクリーチャーを進化クリーチャーとして重ねますので、状態定義効果が適用され、タップ状態で出ます。
引用元(2022.2.18)

Q.自分のNEOクリーチャーを出す際、「NEO進化」クリーチャーとして「シンカライズ」を持つタマシードの上に重ねられますか?
A.はい、上に重ねられます。カードが下にあれば、それがクリーチャーでなくてもNEO進化クリーチャーとして扱いますので、召喚酔いもしません。
引用元(2022.4.8)