終焉(しゅうえん)禁断(きんだん) ドルマゲドンX(エックス) [編集]

終焉の禁断 ドルマゲドンX FFLC 闇/火文明 (999)
最終禁断クリーチャー:(種族なし) 999999
T・ブレイカー
このクリーチャーが禁断爆発した時、相手は自身のクリーチャーすべてに封印を1つ付ける。(クリーチャーが封印されている間、両プレイヤーはそのクリーチャーを無視する)
相手は自身のクリーチャーに付いている封印を墓地に置けない。
このクリーチャーに封印を付けることはできない。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにこのクリーチャーの禁断コアを2枚、このカードの下に置いてもよい。そうしたら、自分のシールドを1つ墓地に置く。
このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、クリーチャーをすべて破壊し、自分はゲームに負ける。
禁断爆発前⇒《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》
※2022年7月1日付けで殿堂解除[1]

カード名の「エックス」の表記は、実際のカードでは特殊文字、公式カードリストでは「X」

DORMAGEDDONX FFLC Darkness/Fire (999)
Final KNDN Creature 999999
ΩTB
ΩWhen this creature gets KNDN BGBGed, your opponent puts a seal on each of his creatures.
ΩYour opponent can't put seals from creatures into his GY.
ΩThis creature can't be sealed.
ΩWhenever this creature would leave the BZ, you may put 2 of its KNDN Core cards under this card instead. If you do, put one of your shields into your GY.
ΩIf this card is anywhere other than the BZ, destroy all the creatures then you lose the game.



禁断コア
KNDN
Core



禁断コア
KNDN
Core

禁断コア
KNDN
Core
最終禁断
クリーチャー
Final
KNDN
Creature

禁断コア
KNDN
Core

注釈:禁断爆発後のイメージ

DMR-23で登場した最終禁断クリーチャー

《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》禁断爆発した後の姿であり、規格外のコストパワーを持ち、登場と同時に強力な全体除去を放つ。それに加え、封印解除の妨害と自身に対する封印の無効化、置換効果合体させていた禁断コアを2枚下に送ることによる最大2回の除去耐性を持つ。

持つ能力は全体的に《伝説の禁断 ドキンダムX》を彷彿とさせ、制圧力、耐性等はそちらに比べ大幅に強化されている。

禁断爆発によってこの面へと裏返ると、まず相手のクリーチャー全体に対し封印1つを付けさせる。
ここまでは《伝説の禁断 ドキンダムX》にも出来ることだが、その次の能力によって、相手は封印墓地に置くことができなくなる。
これにより、相手は正規の手段での封印解除ができなくなり、《龍脈術 落城の計》等の封印墓地以外へ送るカード指定除去を搭載していない限り、クリーチャーを棒立ち状態で放置させることができる。

除去耐性も持ち合わせ、バトルゾーンを離れる際に、自身を形成する禁断コアサイキック・セルの《ドルマゲドンX》版のようなもの)を2枚下に置くことで除去の回避が可能。その後でシールドを1枚墓地に置くことになる。
初期状態で禁断コアは4枚あるため、最大2回は自ら身を守ることができる。イメージとしては、《超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー》メテオバーンが近いだろう。

そして《ドルマゲドンX》自身への封印の付加を一切遮断する。
相手の《ジ・エンド・オブ・エックス》等から守ることができるのは強みだが、除去封印に変換する強力なD2フィールド《Dの禁断 ドキンダムエリア》と(表の面共々)絶望的に相性が悪いのが泣き所。
ただし、これがなければ《ドキンダムエリア》と併用することで除去不可能な無敵のクリーチャーと化してしまうため、それを回避するための処置かもしれない。

これらの除去耐性をもってしてもバトルゾーンを離れてしまうと、場のクリーチャーをすべて破壊ゲームに敗北する。
継続的効果タイプなので、何らかの方法で敗北回避能力させてもふたたび「バトルゾーン以外にいる」という状況になった時点で敗北が確定する。
またバトルゾーンを離れた時点で全クリーチャーを道連れにしてしまうため、自身の特異性によるデッキ構築難度の高さから見ても、敗北回避能力を作動させつつの再召喚は《伝説の禁断 ドキンダムX》よりもはるかに難しい。

2回までの除去耐性はそれなりに頑丈であるが、1回除去を受けるたびにシールドが減ってしまう。それを利用して攻め込まれ、特殊敗北抜きに敗北する可能性もあることに注意して、禁断爆発したら速やかな勝利を目指したい。
また、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の時とは違って、コマンドを出せば出した数だけ味方の封印は外せるし、クリーチャーの攻撃制限も一切無くなるので忘れないように。

ルール [編集]

合体について [編集]

  • 禁断コアと合体した状態で進化した場合、禁断コアも《ドルマゲドンX》と共に進化クリーチャーの下のカードになる。決して、進化クリーチャーと禁断コアが合体している状態にはならない。
  • さらに禁断コアと合体した状態で進化した場合、その禁断コアと合体した状態は保存されない。そのため、その進化クリーチャーを退化させた場合、再構築後に禁断コアは全て《ドルマゲドンX》の下に置かれたままとなる。
  • 禁断コアと合体した《ドルマゲドンX》がバトルゾーンを離れた場合、禁断コアも《ドルマゲドンX》と同じゾーンに置かれる。
  • 合体している状態は、リンクではないため、禁断コアと合体している《ドルマゲドンX》にゴッド種族を与えた状態で、相手の《最終章 カツエンド》が出ても《ドルマゲドンX》と禁断コアの合体状態が解かれることはない。

  • 自分の《ドルマゲドンX》がバトルゾーンを離れたときの破壊処理を行う際に、相手の《ドルマゲドン》および《ドキンダムX》を破壊しても解決中の自分の《ドルマゲドンX》の敗北が先に処理される。これはターン・プレイヤーがどちらであっても同じ。
  • 上記のカード群はいずれも環境ではほとんど(あるいは全く)見られないカード群だが、対策としての有用性はともかく警戒しておくに越したことはない。
  • 《Dの禁断 ドキンダムエリア》と併用して無敵の除去耐性を得られないのは、「置換先が実行できなければ置換することはできない」という置換効果の大原則に基づく。たとえば、墓地カードが3枚以下の時、破壊を受けた《絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ》はできる限り4枚山札の下に送ることで破壊を免れることができない。理屈としてはこれと同じ。
    • そもそもの話、このルールが無ければ《ドルマゲドンX》自身も禁断コアを0枚下に置くことで完全な除去耐性を得ることになる。
    • 誤解されやすいが、破壊されない離れないは例外。これらは破壊離れるの処理自体は実行に移されている。実行されてはいるが、それが不発に終わっているだけなのである。最初から「封印が不可能であること」と「破壊の対象たりえるが、不発に終わること」を混同しないように気をつけられたし。

暫定回答なし [編集]

  • バトルゾーンに自分の《終焉の禁断 ドルマゲドンX》と相手の《伝説の禁断 ドキンダムX》がいる状態で、《ドルマゲドンX》がバトルゾーンを離れた時、勝敗はどうなるか。《ドルマゲドンX》の破壊効果で《ドキンダムX》が破壊されてそれによって相手が敗北、または引き分けか、それか《ドルマゲドンX》の敗北効果が先に発生して自分が負けるか、開発の確認待ち。
  • バトルゾーンに自分の《終焉の禁断 ドルマゲドンX》と相手の《インフィニティ・ドラゴン》がおり、相手の山札のカードがすべてドラゴンの状態で、《ドルマゲドンX》がバトルゾーンを離れた場合、勝敗はどうなるか。先に《ドルマゲドンX》の破壊効果と《インフィニティ・ドラゴン》の山札削り置換効果で相手がライブラリアウトを起こして相手が負けるか、それか《ドルマゲドンX》の敗北効果が先に発生して自分が負けるか、開発の確認待ち。

環境において [編集]

ここでは、このカードの表面である《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》についても解説する。

《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の封印を外す条件が「コスト5以上」「1ターンに1度」という2つの制約が重く見られ、環境の高速化が進みきった革命ファイナル環境では、封印を外す前にゲームが終わってしまうと多くのプレイヤーから考えられ、DMR-23発売前の事前評価はイマイチだった。

しかし、発売後は同弾で登場した《終断δ ドルハカバ》を始めとする相性のいい周辺パーツが豊富だったため、黒赤で構成された【ドルマゲドンX】が確立した。この【ドルマゲドンX】は発売直後のCSでも準優勝し、発売前よりこのカードの評価は上がった。

また、【モルト NEXT】《時空の支配者ディアボロス Z》が投入されたデッキでも採用された。これまで、この2つのデッキは《伝説の禁断 ドキンダムX》が採用されていたが、《テック団の波壊Go!》の登場によって《伝説の禁断 ドキンダムX》が望まぬタイミングで禁断解放される危険性が高まったため、こちらが採用されることが多くなった。また、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》のスレイヤー付与する能力は【モルト NEXT】に投入されている《熱血龍 バトクロス・バトル》と相性が良かった。《時空の支配者ディアボロス Z》も、何度も無償で覚醒させてもらえるため相性が良かった。

ただのフィニッシャーではなく、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の方で特定のカードをサポートするために使われたり、禁断爆発はあくまでサブプランと考えて使われることも多く、入るデッキは意外と多かった。

超天篇中期のDMRP-11期になると環境の高速化やループの台頭により、【黒緑ドルマゲドン】【モルト NEXT】といったコスト5以上のコマンドをメインに据えるデッキの多くが環境から退いてしまい、【5色ジョリー】を最後に、環境で見る機会が激減することとなる。

転機が訪れたのは十王篇末期から王来篇初期で、殿堂入りや強力なメタカードの登場により環境が低速化すると、禁断爆発の制圧力に注目したコントロールデッキ【5色ドルマゲドン】の研究が進められ、DMRP-17にて《聖魔連結王 ドルファディロム》等の良質なの重量級コマンドを獲得すると、堂々の環境復帰を果たした。

そんな中、2022年7月1日にこのカードがまさかの殿堂解除
ルール整備によりそもそも1セットしか展開できなくなったが故の、殿堂解除と言える。

背景ストーリーにおいて [編集]

革命ファイナルのラスボスと言うべき存在。

実は《伝説の禁断 ドキンダムX》も、ドラゴン・サーガの黒幕の《龍覇 ザ=デッドマン》も、革命編ランド大陸に争いを招いた元凶とされる《伝説の正体 ギュウジン丸》さえも《ドルマゲドンX》に利用されていた。

初めて世界に飛来した《ドキンダムX》が世界に悪意をばら撒くことによって、《龍覇 ザ=デッドマン》は力に溺れ、《伝説の正体 ギュウジン丸》は才能に溺れたが、それも《ドルマゲドンX》がそう仕向けたものだった。

禁断の力を吸収し、《レッドゾーン》からパワーアップした《ブラックアウト》によって目覚め、《Kの反逆 キル・ザ・ボロフ》をいともたやすく倒し、《ドギラゴン剣》のファイナル革命の力さえも、圧倒的なパワーを有する《ドルマゲドンX》にはまるで歯が立たなかった。

しかし、ドレミ団とダママ団、そしてテック団によって、力が集められた《ドギラゴン剣》は《龍の極限 ドギラゴールデン》へと変貌し再び挑んだものの、極限ファイナル革命で《ドルマゲドンX》の禁断コアを切り離すだけで決定打とはならなかった。

しかし、カレーパンとなった《ハムカツマン》を食べ、強大な力を手に入れた《ドギラゴールデン》の最後の猛攻によってついに敗れる。

ふたつの巨大なエネルギーのぶつかり合いは世界を完全に作り変えてしまい。世界からドラゴンはいなくなった。

その他 [編集]

  • 99万9999という途方もないパワーを誇るが、ワールド・ブレイカーを持たない。Q・ブレイカーですらない点から鑑みるに、登場後に完全に丸裸になった相手に対し、逆転の可能性すら与えず蹂躙するのは流石にオーバーキルと判断されたのかもしれない。
  • 同じ弾の《龍の極限 ドギラゴールデン》を出されると、2回の除去を食らった上で攻撃できなくなる。しかし、攻撃できない付与のタイミングは非常にシビアで、相手が先に極限ファイナル革命を使用してから禁断爆発させた場合はこのクリーチャーで攻撃できる。また、あちらのロック範囲とのパワー差は1しかないため、+2以上のパンプアップ(実際に存在するパンプアップの最低値はもっと大きいが)を与えていればやすやすと対象範囲から抜けられる。このクリーチャーへのメタとしては機能しにくい。
    • 実際にアニメでも、《ドギラゴールデン》の2回除去に耐えきった後、パンプアップで《ドギラゴールデン》の攻撃制限をかいくぐってしまっている。
  • 禁断爆発した際のこのクリーチャーカード配置は十字架型になる。腕に相当する左右の禁断コアは本体のカードの真横よりもやや上に位置する。
    また、中央のカードはドルマゲドンXの顔が上部にあり、それに伴ってコストやカード名などの表記がテキスト欄のすぐ上まで下りている。漫画「VS」最終話において、丸裸にされた中央部分は「ドルマゲドン・ヘッド」と表現された。
  • 名前の由来は、世界の最終戦争が行われる地もしくはその戦争のこと、あるいは世界の終焉そのものを指す「ハルマゲドン(Ἁρμαγεδών)」だろう。全くの余談だがMagic:The Gatheringにもハルマゲドンという名のリセットカードが存在しており、このカードに関する逸話として伝わる「俺はハルマゲドンは撃たれない」という名言を残したのが、グランプリや日本一決定戦の実況でデッドマン共々馴染み深い真木孝一郎氏である。
  • デザインは松本しげのぶ氏によって担当されている。ちなみにデザイン段階では「ボスンダム」という仮名称で呼ばれていた。
  • デッキにも超次元ゾーンにも含まれないため、2016年12月現在公式デッキシートには《ドルマゲドンX》を記入する欄が存在しない。欄外に記入することでなんとか対応しているのが実情である。
    • 2017年9月22日にようやく専用記入欄が追加された公式デッキシートが発行された。
  • 収録は通常のエキスパンションだが、このカードが当たる場合のみパックの5枚がすべて構成カードで出てくるという非常に特殊な収録形態となっている。このおかげで《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》等のように1枚ずつ集める手間がなくすぐに使いやすい。このような措置を取ったのは、中央以外のカードがカード単体としての性能を裏表とも一切持たないため、単体で当たってもプレイできない点を改善するためと考えられる。DMX-22《邪帝斧 ボアロアックス》での反省もあったのだろう。
    • クリエイターズ・レター Vol.15では「右脚だけ出ないんだよなー」みたいな悩みとは無縁、と書かれていたが脚を構成するカードは1枚で両脚が揃っている。おそらく遊戯王OCGの《封印されし者の右足》の事だと思われる。
    • ちなみにこのカードが出てくるパックにはデュ円等のおまけカードは付属されない。
    • パックからは揃って出るが、シングルカードではバラ売りする業者も実在するため注意が必要。特にネット通販の場合は商品の特性をよくよく確認すべき。
    • アニメ「VSRF」ではバサラの最後の切り札として登場。第30話ではシルエットのみで登場しており、第34話で本格的に全体像を現した。
  • 2021年10月にデュエチューブに公開された動画で読み上げられたDeadmanのコメントによると、「一番苦労したのは敗北テキスト」とのことであり、バトルゾーン以外にある時に働く常在型能力全体除去を放つ能力はどの道特殊敗北するということでゲーム上ではほぼ意味がないため、背景ストーリーの再現の意味しかないこの能力を付けるかどうかで開発段階において議論となったという。

関連カード [編集]

背景ストーリーのラスボス [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《魔龍バベルギヌス》の効果で《終焉の禁断 ドルマゲドンX》《伝説の禁断 ドキンダムX》を破壊した時、負ける効果と《魔龍バベルギヌス》で墓地からバトルゾーンにクリーチャーを出す効果は同時に発生していることになりますか?
A.《魔龍バベルギヌス》の効果の途中ですが、勝敗の決定は優先して行われます。
引用元

Q.《魔龍バベルギヌス》の効果で《終焉の禁断 ドルマゲドンX》《伝説の禁断 ドキンダムX》を破壊した時、墓地から《ペイント・フラッペ》を出し、バトルゾーンに《サイバー・J・イレブン》と光と闇と水のクリーチャーが合計で11体以上いるとどうなりますか?
A.《魔龍バベルギヌス》《伝説の禁断 ドキンダムX》をバトルゾーンに出す前に状況起因処理で負けます。
引用元


[1] ただし、これまで通り1つのデッキに投入できるのはいずれか1セットまでとなる