DMBD-21 「クロニクル・ダークサイド・デッキ 「終焉(ビッグバン)」」 [編集]

2022年8月6日発売。値段は5280円(税込)。

ダークサイドの名の通り、【ドルマゲドンX】を用いたのデッキである。
収録内容はメインデッキ40枚、超次元ゾーン8枚、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》セット5枚と、カードスリーブ42枚、超次元カードスリーブ14枚、ストレージボックスとなっている。

新規カードは

の8種類。

収録セット [編集]

超次元ゾーン [編集]

ゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカード [編集]

デッキの動かし方 [編集]

1.序盤は《終断α ドルーター》《スラッシュ・チャージャー》墓地肥やししつつ、4~5マナ溜まるまで持ち堪える。速攻相手には《D2V3 終断のレッドトロン/フォビドゥン・ハンド》《終断χ ベガスランチャー》で潰す。
2.《Dの終断 ドルマゲドン・エリア》や5コストコマンドを呼び出し、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》封印を外していく。《終焉の覚醒者 レッドゾーンBSR》覚醒すればそれだけでゲームに勝てる事も。
3.トドメに禁断爆発させ、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》が登場。除去耐性を生かして確実なダイレクトアタックを捻じ込む。

改造方法の一例 [編集]

《時空の鼓動 ブラックX》を裏返しやすくする為に、墓地からでも奇襲出来る《禁断の轟速 レッドゾーンX》を投入したい。
《FORBIDDEN SUNRISE 〜禁断の夜明け〜》も採用して、3ターン目の5コストコマンドに繋がりやすくするのも手。
このデッキではレクスターズ侵略は出来ないが、《終断α ドルーター》から《無龍 <デッゾ.Star>》手打ちして複数体サルベージするのも有効。自身もコマンドなので《時空の禁断 レッドゾーンX》の侵略につなげられる。

イニシャルズXの内《終断β ドルドレイン》だけが入っていないので、ピン積みして最終決戦の演出に近づけるのも楽しいだろう。

参考 [編集]