合体(キーワード処理) [編集]

どこでもないゾーンで複数のカードを1つのオブジェクトにしつつ「裏返す」あるいは「使う」処理のこと。

FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜 FFLC 闇/火文明 (マナコストなし)
最終禁断フィールド
この最終禁断フィールドは、ゲーム開始時、四隅に封印を1つずつ付けてリンクしたフィールドとしてバトルゾーンに置く。(カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く)
バトルゾーンにある自分の封印は、各ターンに1つだけ、闇または火のコスト5以上のコマンドを召喚または「侵略ZERO」を使ってバトルゾーンに出すことによってのみ、外すことができる。(外した封印は墓地に置く)
自分は、コマンド、イニシャルズ、あるいは名前に《禁断》とあるクリーチャーでしか攻撃できない。
この最終禁断フィールドはバトルゾーンを離れない。
(左上)α:このカードから封印が外された時、相手のパワー1111以下のクリーチャーを1体、破壊する。(右上)δ:このカードから封印が外された時、このターン、自分のクリーチャー1体に「スレイヤー」を与える。
(左下)β:このカードから封印が外された時、このターン、自分のクリーチャー1体に「パワーアタッカー+2222」を与える。(右下)γ:禁断爆発:このカードから封印が外された時、この最終禁断フィールドに封印が1つもなければ、裏返し、1体のクリーチャーとして合体させる。
禁断爆発後⇒《終焉の禁断 ドルマゲドンX》
※殿堂入り
Volzeos-Balamord KGM 光/水/闇/火/自然文明 (9)
キング・クリーチャー:ディスペクター/ニュー・ワールド・ドラゴン 555555
自分の手札またはマナゾーンに3種のキング・セル《新世界王の権威》《新世界王の思想》《新世界王の闘気》が揃っていれば、合体させ、コストを支払ってこのキング・クリーチャーを召喚してもよい。
エクストラEXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から2枚をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドのうち1つを墓地に置く)
スピードアタッカー
ワールド・ブレイカー
このクリーチャーは、出たターンの間、ブロックされない。
このクリーチャーが攻撃する時、相手は自身の手札をすべて捨てる。
自分が「G・ストライク」を使った時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置き、相手のクリーチャーを1体選んでタップしてもよい。
合体前⇒《新世界王の権威》《新世界王の思想》《新世界王の闘気》

ルール [編集]

キング・セルを合体したカードとして使う場合、合体した状態の左上に記載されたマナコストを支払い、コストの支払いが完了してからどこでもないゾーンへ移動し合体する。

テキストに「合体」とあるカード [編集]

その他 [編集]

Magic:The GatheringではB.F.M. (Big Furry Monster)という2枚組のカードがあり、それにメカニズムが近い。

覚醒リンクは「リンク」という用語が使われてはいるが、そのタイミングは1回限りであり、中央G・リンクのようにバトルゾーンでリンクを外すなどができない。なので、ほとんど合体のようなもの。ただし、《ビックリ・イリュージョン》ゴッドになっていたら《最終章 カツエンド》などリンクを外す効果の対象になってしまうので、ルールでは合体の下位互換となってしまっている。

《合体の化身》《無限合体 ダンダルダBB》ディスペクターなど、本来の意味で合体という単語を使っているものも多く存在している。

参考 [編集]