煌龍(キラゼオス) サッヴァーク》 [編集]

煌龍 サッヴァーク MDG 光文明 (7)
クリーチャー:マスター・ドラゴン/メタリカ 11000
ドラゴン・W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする。各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目をシールド化するか、表向きにして自分のシールド1つの上に置く)
このクリーチャーが出た時、バトルゾーンにある相手のカードを1枚選び、表向きにして持ち主のシールド1つの上に置く。
自分のクリーチャーが離れる時、かわりにいずれかのシールドゾーンにある表向きのカードを1枚選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

DMRP-04裁で登場したマスター・ドラゴン/メタリカ

能力ドラゴン・W・ブレイカーと、cipバトルゾーンにある相手のカードを1枚選び表向きにして持ち主のシールド1つの上に置くカード指定除去、さらに除去置換効果で自分のクリーチャーを、シールドゾーンにある表向きカード1枚を墓地送りにして守る能力を持つ。

このクリーチャーが持つドラゴン・W・ブレイカーは、相手のシールドを2つ失わせると同時に自分のシールドを2つ回復させることができるため、相手とのアドバンテージを覆す性能を持つ。また、表向きにしてシールドに重ねることもできるのでシールド・ゴー裁きの紋章との相性は抜群。シールド追加は《終末の時計 ザ・クロック》《閃光の守護者ホーリー》などの1ターンを原則確実に凌ぐS・トリガー獣を踏んだ時の保険としても有用。
cipカード指定除去クリーチャーだけでなく除去しにくいフィールドも対象にとれ、言うまでもなく強力。シールドの上という触れにくい場所に送るためブレイクしない限り半永続的に除去しておけるだろう。S・トリガー効果を持つカードを選んだ場合、発揮させてしまうリスクもあるが、後述の置換効果で墓地に落とすことである程度補える。ただし、相手のシールドがないとcipが不発になってしまう。

自分のクリーチャーに付与される置換効果コストとなるシールドカードは持ち主を問わないため、かなりの耐性を持つ。前述のcipと合わされば出ただけでも耐性を持つことができる。ただし、そのシールドを先に回収あるいはブレイクされてしまうと通常のシールド以上に相手に手札を与えてしまう点には要注意。

真骨頂はやはりストーリー上の過去の姿である《サッヴァークDG》とそれがもたらす裁きの紋章とのデザイナーズコンボだろう。《サッヴァークDG》の効果でこのクリーチャーがバトルゾーンに出た時点で、場には最低3〜4枚の表向きのシールドが存在することになるため、すぐに強力な除去耐性を得ることができる。さらに裁きの紋章があるということは(ストーリー上でのさらに過去の姿でもある)《DG 〜ヒトノ造リシモノ〜》での使い回し体勢にもスムーズに入ることができる。これらのシナジーを利用した【白零サッヴァーク】・【白緑サッヴァーク】と呼ばれるデッキタイプも存在する。>【サッヴァーク】

DMRP-04魔にて専用のアタック・チャンス呪文《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》を獲得。自前のドラゴン・W・ブレイカーとも相まって強力なフィニッシュ手段となる。

ルール [編集]

環境において [編集]

《ドラゴンズ・サイン》に対応しており除去耐性が任意であるところから効果判明当初は《時の法皇 ミラダンテXII》の新たなる革命チェンジ元として期待された。しかし、【ロージアミラダンテ】に関して言えば革命チェンジとドラゴン・W・ブレイカーのアンチシナジーや召喚酔いによるタイムラグなど小回りの利かない点、何より既存のリストに入れる枠が殆どないことなどから結果的には1枚採用程度に留まっていた。さらに発売間もなく《真・龍覇 ヘブンズロージア》殿堂入りが発表されたため、一時はデッキタイプそのものが危うくなってしまったと見られていた。

だが、デュエル・マスターズ全国大会2017で3位に入賞していた【ロージアミラダンテ】には3枚投入されており、【ロージアミラダンテ】リペアの新たな戦力として存在感を示した。

DMGP-7th』(DM・双マーク2ブロック構築)ではTop32進出者中8人が使用と、使用率2位タイを記録。

しかし超天篇あたりになると《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》の登場によるGR召喚戦術や《煌メク聖戦 絶十》を絡めた《偽りの王 ナンバーナイン》の早出しなどにデッキが寄せられるようになった。これらは【サッヴァーク】を元にしているものの、【絶十】や【ハイオリーダ】といった名前となり全く違うタイプのデッキとなった。このカードも汎用除去として1枚から2枚差される程度になった。

十王篇環境では【ドロマーギャラクシールド】1枚積みされるケースが見られるようになった。また、【連ドラグナー】でも偶に見かけられる。

王来篇環境では【5色コントロール】に、自身のドラゴン・W・ブレイカーEXライフ持ちの相乗効果による持久戦、シールド送りによる除去を目的に1枚積みされるケースが偶に見られる。

他のカードとの関係 [編集]

背景ストーリーでの活躍 [編集]

  • 背景ストーリーではプランDGによって復活したドラゴンで、《サッヴァークDG》の真の姿。
    • 実際のゲームでも《サッヴァークDG》の効果によってこのクリーチャーを出すことができる。その際に裁きの紋章を含めた表向きのシールドが3枚以上あるので自身の能力を最大限発揮することができる。正に殻を破って出てくる真の姿といったところか。
  • 新章背景ストーリーの最後でジョーカーズと戦ったため新章のラスボス扱いであったものの、当時は公式の見解で正式にラスボスとされていた訳ではなかった為安易に決めつけるべきではないという意見もあった。実際、DMRP-04魔では今シリーズの裏ボスともいうべき《卍 デ・スザーク 卍》が登場。ファンからもどちらをシリーズのラスボスと扱うのかは分かれていた。
    • その後開発主任KのTwitterで催された企画上で、今シリーズは《サッヴァーク》をラスボスとして扱っていることが明かされた。
      これにより主人公側に勝利したわけではないが、生き残り、後に主人公に味方するようになったラスボスという珍しいポジションとなった。

アニメ・漫画での活躍 [編集]

漫画・アニメ共にキラの切り札として登場。

  • アニメ版では、このカードの凄さを語るキラの独特の動きに併せて、一緒に同じ動きをするという、見た目に反してコミカルな様子を見せる。この時の一連の動きは「サッヴァーク体操」と呼ばれる事も。アニメにおいては前述の通り強力な除去耐性を誇るもののほぼキラが負ける回=このクリーチャーが破壊される回なので意外にも破壊されることが多かった。
    「デュエル・マスターズ!」25話では《煌世の剣 メシアカリバー》を手に入れたキラが《メシアカリバー》と共に使用。《メシアカリバー》とこのクリーチャーは破壊されてしまうが、スペシャルドローに引いたこのカードと墓地の《メシアカリバー》と一体化し、新たな姿に進化した。ちなみにこの回は《煌世の剣 メシアカリバー》をこのクリーチャーが装備品のように扱っていた。
  • 「デュエル・マスターズ!!」50話・51話では、なんと切札 ジョー《ドラゴンズ・サイン》《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》と共に使用。キラと会う前に、部屋に飾っていたサッヴァークの絵を使って生み出した。ただでさえ、主人公が他のライバルの切り札を使うのは非常に珍しい上に、ジョーはこれまでジョーカーズ以外のカード、及び光のカードを使ったことはなかったため、視聴者を大いに驚かせた。

その他 [編集]

  • 名前の由来は文字通り「裁く」から。また、「ザッハーク」[1]とのダブルミーニングではないかという考察もある。
  • 細身な身体つきに常に猫背な姿勢、デュエル・マスターズ(2017)でのキラのドローバンク、誕生時の姿である《DG 〜ヒトノ造リシモノ〜》という名前から、裏モチーフは「新世紀エヴァンゲリオン」の可能性が高い。

関連カード [編集]

背景ストーリーのラスボス [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMART-05
    コノ世デ最モ正シイモノハ何カ?……答エハ朕

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.「鬼タイム」能力が発動している状態の《極悪!獄鬼夜城》が展開されている状況です。《煌メク聖戦 絶十》の「出た時」の能力や《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」能力にある「自分のシールド1つの上に表向きにして置く。」は、どうなりますか?
A.まず山札の一番上のカードを表向きにしますが、シールドゾーンにカードが置けないのでそのまま裏向きに戻します。

+  (総合ルール 606.2)

引用元(2020.12.15)

Q.自分の《エルメテウス・雷撃・ドラゴン》がバトルゾーンにいる状況で、《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」で最後のシールドをブレイクする場合、どうなりますか?
類似能力:マスター・W・ブレイカー
A.まず、ターン・プレイヤーの《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」の効果を解決します。次に《エルメテウス・雷撃・ドラゴン》の「自分の最後のシールドがブレイクされる時」の能力でパワー4000以下のクリーチャーを破壊してから、選ばれたシールドを《煌龍 サッヴァーク》がブレイクします。
引用元(2021.10.22)

Q.《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」でブレイクしようとする2つのシールドのうち、片方が《ハッスル・キャッスル》に要塞化されていました。《ハッスル・キャッスル》の「ブレイクされる時、かわりに自分のシールドを1枚手札に加えてもよい。」効果でブレイクが置き換えられた場合、「ドラゴン・W・ブレイカー」の処理はどうなりますか?
類似能力:マスター・W・ブレイカー
A.シールドを2つブレイクしようとしているので、ブレイクの前に「ドラゴン・W・ブレイカー」の「自分の山札の上から1枚目を、シールド化するか、表向きにして自分のシールド1つの上に置く。」効果を2回解決します。その後、ブレイクする際に《ハッスル・キャッスル》の置換効果が適用されます。
引用元(2021.10.22)

Q.相手の《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》がバトルゾーンにいる状況で、自分の《煌龍 サッヴァーク》で攻撃しました。相手のシールドを2つブレイクしようとした際に《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》の置換効果が適用された場合、処理はどうなりますか?
類似能力:マスター・W・ブレイカー
A.シールドを2つブレイクしようとしているので、ブレイクの前に「ドラゴン・W・ブレイカー」の「自分の山札の上から1枚目を、シールド化するか、表向きにして自分のシールド1つの上に置く。」効果を2回解決します。その後、ブレイクする際に《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》の置換効果が適用され、相手のシールドはブレイクされず、自分のシールドが1つブレイクされます。
引用元(2021.10.22)

+  類似裁定(2022.4.22)

Q.自分のターン中、《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」で山札の上から《破滅の時計 ザ・ストップ》を表向きでシールドに置いた場合、「表向きにして自分のシールドゾーンに加えた時」の能力がトリガーしますが、効果を解決するのはシールドをブレイクする前ですか?
A.いいえ、シールドをブレイクした後です。「S・トリガー」などの効果を解決してから、ターンの残りをとばします。例えば、相手が《アクア・サーファー》《サイバー・ブレイン》の「S・トリガー」を宣言した場合、相手は《サイバー・ブレイン》の効果を解決できますし、《アクア・サーファー》をバトルゾーンに出すことができます。その後、《アクア・サーファー》の「出た時」の能力が解決される前に《破滅の時計 ザ・ストップ》の「このクリーチャーを表向きにして自分のシールドゾーンに加えた時」の能力が解決され、ターンの残りを飛ばします。
引用元(2021.10.22)

Q.自分の《「雷光の聖騎士」》がバトルゾーンにいる状況で、相手の《MAX・ザ・ジョニー》が自分のシールドを2つブレイクする際、《「雷光の聖騎士」》の置換効果を適用して手札を2枚捨てた場合、相手は山札の上から2枚をシールド化できますか?
類似例:《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」
A.はい、置換効果により結果的にブレイクが行われない場合でも、相手は山札の上から2枚をシールド化します。
相手が《MAX・ザ・ジョニー》の効果で2枚シールド化した後で、《「雷光の聖騎士」》の置換効果を適用するかどうかを決定するのが正しい処理順になります。
引用元(2022.4.22)

Q.《MAX・ザ・ジョニー》の「このクリーチャーの各ブレイクの前に、自分の山札の上から1枚目をシールド化する」とは、どういう能力ですか?
類似例:《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」
A.シールドをブレイクする際に、ブレイクするシールド1つにつき自分の山札の上から1枚目をシールド化する能力です。自分の他のジョーカーズまたはレクスターズが1体でもいればパワーが12000になり、「パワード・ブレイカー」によってシールドを3つブレイクしますので、3回シールド化を行います。その後、相手のシールドを3つ同時にブレイクします。
引用元(2022.4.22)

Q.《MAX・ザ・ジョニー》が相手のシールドをブレイクする際、山札の上から1枚目をシールド化しました。手札にある《青守銀 アドマニ》の「自分のシールドゾーンにカードが置かれた時」の能力は、いつ誘発型能力の宣言をすればよいですか?
類似例:《赤攻銀 イザヤック》《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」
A.シールド化したタイミングで、相手のシールドをブレイクする前に即座に宣言をする必要があります。《青守銀 アドマニ》のように非公開ゾーンでトリガーする能力を使いたい場合、その能力がトリガーした時点で、他の効果の解決を行いはじめる前に宣言を行う必要があります。
宣言をした後、実際に能力を解決するのは、相手のシールドをブレイクし、相手が「S・トリガー」を使った後です。
引用元(2022.4.22)

Q.自分は《白騎士の聖霊王アルカディアス/完全決闘》の呪文側を唱えて、その効果でシールドがブレイクされない状況です。相手の《MAX・ザ・ジョニー》の「このクリーチャーの各ブレイクの前に」の能力で、シールドを2つブレイクする際、相手は山札の上からシールド化できますか?
類似例:《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」
A.はい、その場合でも、相手は山札の上から2枚をシールド化します。《MAX・ザ・ジョニー》の能力によるシールド化は、ブレイクするシールドを決定した時点で行われ、そのシールドが結果的にブレイクされたかどうかはチェックしません。
引用元(2022.4.22)

Q.《MAX・ザ・ジョニー》が相手のシールドをブレイクする際、山札の上から2枚をシールド化しました。自分の《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》がバトルゾーンにいる場合、その「自分のシールドゾーンにカードが置かれた時」の能力は、いつ使えますか?
類似例:《煌龍 サッヴァーク》の「ドラゴン・W・ブレイカー」
A.シールドをブレイクして、相手の「S・トリガー」を使った後に《音奏 ハイオリーダ》の能力でGR召喚します。その「S・トリガー」が呪文なら効果を解決してから、クリーチャーならそれを召喚して、「出た時」の能力を使う前にGR召喚して、そのGRクリーチャーの「出た時」の能力を使ってから、相手の「S・トリガー」クリーチャーの「出た時」の能力を使います。
引用元(2022.4.22)

  • 2つ目の能力について

Q.自分の《煌龍 サッヴァーク》の「出た時」の能力で、相手の「鬼タイム」能力が発動している状態の《極悪!獄鬼夜城》や、《バリバリ・ケドケド》を選んだ場合、《極悪!獄鬼夜城》《バリバリ・ケドケド》は、表向きでシールドゾーンに置かれますか?
A.いいえ、シールドゾーンにカードを置けないので、何も起こりません。

+  (総合ルール 101.2)

引用元(2020.12.15)

  • 3つ目の能力について

Q.ターンの終わりに《サッヴァークDG》は自身を破壊して光のドラゴンを1体、手札からバトルゾーンに出す効果ですが、《煌龍 サッヴァーク》の置換効果で破壊を置き換えた場合、その光のドラゴンはバトルゾーンに出せますか?
A.はい、光のドラゴンを出せます。クリーチャーを破壊するとは、それをバトルゾーンから墓地に置こうとすることです。効果の発動に「~した場合」というような条件がある場合、その条件となる行為を試みたことで発動し、その行為が結果的にどうなったかを問いません。

+  (総合ルール 701.6)

引用元(2020.11.13)


[1] ペルシアの叙事詩「シャー・ナーメ」に登場する、両肩に蛇を生やした王。大蛇や龍と非常に関係性が深い