無限銀河(むげんぎんが)ジ・エンド・オブ・ユニバース》 [編集]

無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース SR 光文明 (7)
進化クリーチャー:フェニックス 17000
超無限進化:自分のクリーチャー1体以上の上に置く。
メガメテオバーン10:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを10枚、墓地に置いてもよい。そうしたら、自分はゲームに勝つ。
T・ブレイカー

DMEX-01で登場した進化フェニックス

《究極銀河ユニバース》のリメイクカードで、あちらと同じくエクストラウィン能力を持つ。

その条件はメガメテオバーン10を発動すること。縛りの無い超無限進化を持ち、大量にクリーチャーを並べた上でそれらをひとまとめにして出し、勝利を狙うデザインとなっている。

10体のクリーチャーが要求されるのはオーバーキルのようにも見えるが、ウィニーを早いターンで簡単に並べられるコンボデッキの類では苦にならない。また、進化元クリーチャーでありさえすれば良いので、をタッチできるデッキならが合わなくともフィニッシャーとして採用することができる。

ルール [編集]

環境において [編集]

登場早々当時の【白緑メタリカ】フィニッシャーとして活躍。【白緑メタリカ】であれば色が合うので《水上第九院 シャコガイル》を見事に押しのけてフィニッシャーの座についていた。

【白緑メタリカ】が消滅してからはパワー12000以上であり《天風のゲイル・ヴェスパー》ダブル・シンパシー付与の適用範囲内である点を買われて【ゲイル・ヴェスパー】のフィニッシャー候補となった。

また、無月の門系統を使った場合下にカードが4~6枚溜まる特性から、タッチした【デ・スザーク】でも活用されている。その場合《ユニバース》のみを複数枚入れるか、《法と契約の秤》リアニメイトされる。

双極篇に入ると、マナゾーンからクリーチャーを一気に並べる《轟破天九十九語》との相性の良さから、【轟破天九十九語】にも投入されるようになる。

超天篇では超GRのギミックの登場で、より簡単に10体のクリーチャーを展開できるようになり、【サッヴァーク】に投入される機会も増えた。

DMBD-19DMBD-20期のオリジナルでは、大量展開してから《最終兵ッキー》でこれを呼び出して安全に勝ちに行く【漢ジョーカーズ】が3位入賞を果たして話題になった。

王来MAXではタマシードが登場。ほぼすべてがシンカライズによって進化元になり、クリーチャーではないため比較的場持ちが良い。《「正義星帝」 <ライオネル.Star>》による連鎖展開と下にカードを貯められる《禁断英雄 モモキングダムX》によって10枚のカードを確保しやすいことから、白黒赤【ライオネル.Star】で定番のフィニッシュ手段になった。

その他 [編集]

  • ゲームの最初から場にあり、条件を満たすと5枚のカードで構成される《終焉の禁断 ドルマゲドンX》《零龍》も、メガメテオバーン10の達成条件の半分弱を満たしてくれるため進化元として有用。ただしそれぞれの能力テキストが書かれた《ドルマゲドン》の頭部分と《零龍》の右前脚部分をメガメテオバーンのコストにすると、エクストラウィンの処理の前にそれらの常在型能力による特殊敗北が適用され、逆にゲームに敗北してしまうため注意が必要。それでも4枚分のコストにはなる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-01
    ジ・エンド・オブ・ユニバース。かつて、その名前のみが語られた存在が、無限の力を得てここに降臨する。
  • DMEX-08
    みんなと戦えてよかった。

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 2つ目の能力について

Q.GRクリーチャー10体が進化元の《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》が「メガメテオバーン10」能力でそれらを墓地に置いた場合、自分はゲームに勝ちますか?
A.はい、ゲームに勝ちます。

+  (総合ルール 809.2b)

引用元(2020.11.13)

Q.進化元が10枚あり、その中に《終焉の禁断 ドルマゲドンX》がある自分の《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》が「メガメテオバーン10」を使いました。《終焉の禁断 ドルマゲドンX》が墓地に置かれますが、自分はゲームに勝ちますか?
類似例:《伝説の禁断 ドキンダムX》《零龍》
A.いいえ、ゲームに負けます。《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》の「メガメテオバーン10」は、下にあるカードを10枚以上墓地に置いてからゲームに勝ちますが、墓地に置いた瞬間に《終焉の禁断 ドルマゲドンX》の常在型能力「このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、クリーチャーをすべて破壊し、自分はゲームに負ける」が適用されるためです。

+  (総合ルール 604.4)

引用元(2022.8.5)