神聖龍(しんせいりゅう) エモーショナル・ハードコア》 [編集]

神聖龍 エモーショナル・ハードコア SR 光文明 (7)
クリーチャー:オラクル・ドラゴン/オラクリオン 9500
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》以外のクリーチャーの名前を1つ選ぶ。
選んだ名前を持つクリーチャーの能力をすべて無視する。
相手がクリーチャーを選ぶ時、自分の他のオラクルがあれば、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)

DMEX-12にて登場したオラクル・ドラゴン/オラクリオン

ブロッカーW・ブレイカー持ち。cipで自身以外の名前を一つ選び、選んだ名前を持つクリーチャーの能力をすべて無視するという《あたりポンの助》同様の能力を持つ。自分のバトルゾーンオラクルがいればアンタッチャブルを得る。パワーも登場時点の定番マッハファイターである《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー》に処理されないラインなので、アンタッチャブルを持つことが無意味になりづらい。

《あたりポンの助》と同等の能力を持つが、《ヘブンズ・ゲート》でも《ドラゴンズ・サイン》でも踏み倒せるため、入るデッキは大きく異なってくる。あちらより1コスト重いものの、アンタッチャブル効果がついているため、その点でも差別化はいたって容易。このクリーチャー自身もオラクルなため、《ヘブンズ・ゲート》で2体同時に出せば非常に強固な耐性を得られる。

当然、《あたりポンの助》同様コスト踏み倒しメタ対策にもなる。特にこのカードの採用先である【ロージアミラダンテ】ではコスト踏み倒しメタが死活問題なので、この点は大きい。

総じて【ヘブンズ・ゲート】系統や【ロージアミラダンテ】における新たなメインフィニッシャーと呼ぶに相応しいと言える。ただ、【チェンジザドンジャングル】では《ドンジャングルS7》コスト踏み倒し範囲内であるパワー7000以下というラインが重視されるため、もし採用するならこのクリーチャーではなく《あたりポンの助》が優先される。

ルール [編集]

  • クリーチャーの能力を無視する能力のルールについては《あたりポンの助》のページを参照。
  • 別のカード名を名前に含むカード一覧は名前集合を参照。

環境において [編集]

ドラゴンなので《爆熱剣 バトライ刃》によってコスト踏み倒し可能であり、実際DMRP-15期にはこれを2枚入れた【連ドラグナー】チャンピオンシップ4位入賞を果たしている。

DMEX-16期は、《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》などを採用した【白青赤天門】が確立され、光のブロッカーである《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》もその活躍に付随してオリジナル環境でそのパーツとしてそこそこ見掛けられるようになった。
例えば【ゼロ・ルピアループ】対面の場合《ゼロ・ルピア》の名前を指定すれば、《希望のジョー星》影響下の相手のコスト軽減手段を断つことができる。

その他 [編集]

  • 名前の由来はロックの系列の一つ、「エモーショナル・ハードコア」からだと思われる。余談だが、俗に感傷的になることを指す「エモい」というスラングも同様に「エモーショナル」という単語から来ている。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 3つ目の能力について

Q.《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》の「出た時」の能力で《雅役者 マチネソワレ》の名前を選べますか?
A.はい、《雅役者 マチネソワレ》のクリーチャーの名前は選べます。
引用元(2020.9.18)

Q.《凶鬼90号 ゾレーゴ/「大当たり!もう一本!!」》を呪文として唱えた後に《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》を出した場合、「バトルゾーンに出た時」の能力が2度トリガーしますが、クリーチャーの名前を2つ選び、それぞれ能力を無視することはできますか?
A.はい、できます。
引用元(2020.7.17)

Q.《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》を2体バトルゾーンに出し、「名前を1つ選ぶ」能力で《ヤッタレマン》《パーリ騎士》をそれぞれ選びました。その後、《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》1体がバトルゾーンを離れたとしても、《ヤッタレマン》《パーリ騎士》の能力はどちらも無視されたままですか?
A.いいえ、バトルゾーンを離れた《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》で名前を選んでいたクリーチャーの能力は無視されなくなります。
《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》の能力は、そのカード自身の能力で選んだ名前を持つクリーチャーの能力のみを無視します。《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》がバトルゾーンを離れた時点で、この能力は失われます。
引用元(2020.7.17)

Q.能力で《零龍》を選んだ《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》に封印が付き、《零龍》の能力が無視されなくなりました。その封印が外れると《零龍》の能力は再び無視されるようになりますか?
A.はい、再び無視されます。
引用元(2020.7.17)

Q.バトルゾーンに自分の《全員集合!アクア・三兄弟/超次元ジェイシーエイ・ホール》が1体います。相手のターン中に、相手は《ドラゴンズ・サイン》を唱えて、《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》をバトルゾーンに出しました。相手は《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》の「出た時」の能力で《全員集合!アクア・三兄弟》を宣言しましたが、自分は《全員集合!アクア・三兄弟》の効果で《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》を手札に戻せますか?
A.はい、戻すことができます。能力は無視されますが、トリガーしている待機中の効果は無視することができません。
引用元(2020.8.21)

Q.《あたりポンの助》の「出た時」の能力で《聖魔連結王 バロディアス》を選び、その能力が無視される状況です。《聖魔連結王 バロディアス》をバトルゾーンに出す場合、「EXライフ」はどうなりますか?
類似例:《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》
A.《あたりポンの助》はバトルゾーンにいるクリーチャーの能力のみを無視します。出す時の「EXライフ」は無視されませんので、山札の上から1枚目をシールド化します。《あたりポンの助》がバトルゾーンにいる状況で《聖魔連結王 バロディアス》が離れる場合、その能力は無視されているので「EXライフ」による置換効果は適用できず、追加したシールドはそのまま残ります。
《あたりポンの助》がバトルゾーンを離れた場合、能力は無視されなくなるので、追加したシールドは再び《聖魔連結王 バロディアス》の「EXライフ」シールドとして扱います。
引用元(2021.4.2)

Q.自分のマナゾーンにカードが7枚で、自分の《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》(《ベイB セガーレ》を指定)と相手の《ベイB セガーレ》がバトルゾーンにいる状況です。この《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》が攻撃する時に《時の法皇 ミラダンテXII》の「革命チェンジ」の宣言をしました。この場合、入れ替えられますか?
A.はい、入れ替えられます。《ベイB セガーレ》の能力は無視されていますので、置換効果は適用できません。
引用元(2021.9.24)

Q.自分のマナゾーンにカードが7枚で、自分の《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》(《天翼 クリティブ-1》を指定)と相手の《天翼 クリティブ-1》がバトルゾーンにいる状況です。この《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》が攻撃する時に《時の法皇 ミラダンテXII》の「革命チェンジ」の宣言をし、入れ替えました。この《時の法皇 ミラダンテXII》はどうなりますか?
A.その《時の法皇 ミラダンテXII》は「出た時」の能力を使った後、《天翼 クリティブ-1》の効果で山札の一番下に置かれます。《天翼 クリティブ-1》の能力は無視されていましたが、《時の法皇 ミラダンテXII》が出た時点で《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》は離れているため、能力がトリガーします。
引用元(2021.9.24)

Q.《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》の「出た時」の能力でGR召喚したGRクリーチャー2体に「スピードアタッカー」を与えました。その1体目が相手を攻撃したら、相手は「S・トリガー」で《ドラゴンズ・サイン》を唱えて《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》を出し、「出た時」の能力で《バーンメア・ザ・シルバー》を選びました。2体目のGRクリーチャーは「スピードアタッカー」で攻撃できますか?
A.はい、攻撃できます。《バーンメア・ザ・シルバー》の能力を無視しても、既に解決した効果は無視されないので、与えられた「スピードアタッカー」は無くなりません。なお、無視するクリーチャーとして2体目のGRクリーチャーの名前を選ぶと、与えられた「スピードアタッカー」が無視されますので、それは召喚酔いにより攻撃できなくなります。
引用元(2021.12.17)

Q.相手の《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》がバトルゾーンにいて、「出た時」の能力で《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》が選ばれています。
この状況で、自分は《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を手札から「B・A・D 2」でコストを少なくして召喚できますか?
A.はい、召喚できます。《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》の能力は、バトルゾーンにいるクリーチャーの能力しか無視できません。「B・A・D 2」のように、バトルゾーン以外で使用する能力は無視できませんので、《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》はコストを少なくして召喚できます。
また、《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》の能力はすでに解決されている効果も無視できません。「B・A・D 2」はすでに解決されているので、コストを少なくして召喚した《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》は、能力が無視されていたとしてもそのターンの終わりに破壊されます。
引用元(2022.5.20)

Q.相手の《未来王龍 モモキングJO》が自分を攻撃し、「攻撃する時」の能力で《アルカディアス・モモキング》に進化しました。自分は「S・トリガー」で《ドラゴンズ・サイン》を唱え、《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》を出しました。「出た時」の能力で《未来王龍 モモキングJO》《アルカディアス・モモキング》、どちらかの名前を言えば、攻撃中の《未来王龍 モモキングJO》の「シンカパワー」を無視できますか?
A.いいえ、どちらの名前を選んでも無視できません。能力を無視しても、すでにトリガーして待機中の効果は無視できないためです。
引用元(2022.6.24)

Q.相手のコストを少なくしてして召喚した《我我我ガイアール・ブランド》が自分を攻撃し、自分は「S・トリガー」で《ドラゴンズ・サイン》を唱えて《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》を出しました。「出た時」の能力で《我我我ガイアール・ブランド》と言いましたが、その攻撃の後、《我我我ガイアール・ブランド》はどうなりますか?
A.攻撃の後、《我我我ガイアール・ブランド》は破壊されますが、相手のクリーチャーはアンタップしません。
《我我我ガイアール・ブランド》の能力が無視されても、すでに待機している効果は無視されないので、攻撃の後で破壊されます。この時、「離れた時」の能力は無視されているため、クリーチャーはアンタップしません。
引用元(2022.6.24)

Q.バトルゾーンに相手の、能力で《斬隠蒼頭龍バイケン》を指定している《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》がいます。この状況で、自分の手札にある《斬隠蒼頭龍バイケン》が捨てられる時、かわりにバトルゾーンに出せますか?
A.はい、出せます。《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》の能力で無視されるのはバトルゾーンにいるクリーチャーの能力だけです。
なお、《斬隠蒼頭龍バイケン》の置換効果の「そうしたら」以降の効果はバトルゾーンに出た後で解決されますが、能力が無視されても解決中の効果は無視されません。この場合でも、クリーチャーを1体手札に戻せます。
引用元(2022.7.22)

Q.3体でリンクしているゴッドのうち1体の名前を《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》の「出た時」の能力で選び能力を無視した場合、どうなりますか?
類似例:《あたりポンの助》
A.リンクしているゴッドは、それぞれが3体すべての名前を持ちますので、一度すべてのリンクが外れます。選ばれた名前のゴッドの能力は無視され、他2体は無視されませんが、新たにゴッドを出さなければ再びリンクすることはできません。
引用元(2022.7.28)

Q.カード名として《樹食の超人》を選んだ相手の《あたりポンの助》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《樹食の超人》をコストを少なくして召喚できますか?
また、召喚できる場合、コストを少なくする際に選んだ手札とマナゾーンのカードは墓地に置かれますか?
類似例:《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》
A.はい、コストを少なくして召喚できます。出た時、選んだ手札とマナゾーンのカードは墓地に置かれます。
《あたりポンの助》などが持つ「クリーチャーの能力を無視する」能力は、バトルゾーンのクリーチャーの能力しか無視しません。ですので、手札の《樹食の超人》の能力は無視されません。
また、「クリーチャーの能力を無視する」能力は、すでに待機している遅延誘発型能力も無視しません。「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、選んだカードを墓地に置く。 」は、バトルゾーンに出る前に生成される遅延誘発型能力ですので、バトルゾーンに出た時、その能力は無視されず、選んだカードは墓地に置かれます。
引用元(2022.7.28)