神聖龍(しんせいりゅう) エモーショナル・ハードコア》 [編集]

神聖龍 エモーショナル・ハードコア SR 光文明 (7)
クリーチャー:オラクル・ドラゴン/オラクリオン 9500
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》以外のクリーチャーの名前を1つ選ぶ。
選んだ名前を持つクリーチャーの能力をすべて無視する。
相手がクリーチャーを選ぶ時、バトルゾーンに自分の他のオラクルがあれば、このクリーチャーは選ばれない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)

DMEX-12にて登場したオラクル・ドラゴン/オラクリオン

ブロッカーW・ブレイカー持ち。cipで自身以外の名前を一つ選び、選んだ名前を持つクリーチャーの能力をすべて無視するという《あたりポンの助》同様の能力を持つ。自分のバトルゾーンオラクルがいればアンタッチャブルを得る。パワーも登場時点の定番マッハファイターである《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー》に処理されないラインなので、アンタッチャブルを持つことが無意味になりづらい。

《あたりポンの助》と同等の能力を持つが、《ヘブンズ・ゲート》でも《ドラゴンズ・サイン》でも踏み倒せるため、入るデッキは大きく異なってくる。あちらより1コスト重いものの、アンタッチャブル効果がついているため、その点でも差別化はいたって容易。このクリーチャー自身もオラクルなため、《ヘブンズ・ゲート》で2体同時に出せば非常に強固な耐性を得られる。

当然、《あたりポンの助》同様コスト踏み倒しメタ対策にもなる。特にこのカードの採用先である【ロージアミラダンテ】ではコスト踏み倒しメタが死活問題なので、この点は大きい。

総じて【ヘブンズ・ゲート】系統や【ロージアミラダンテ】における新たなメインフィニッシャーと呼ぶに相応しいと言える。ただ、【チェンジザドンジャングル】では《ドンジャングルS7》コスト踏み倒し範囲内であるパワー7000以下というラインが重視されるため、もし採用するならこのクリーチャーではなく《あたりポンの助》が優先される。

ルール [編集]

  • クリーチャーの能力を無視する能力のルールについては《あたりポンの助》のページを参照。
  • 別のカード名を名前に含むカード一覧は名前集合を参照。

環境において [編集]

ドラゴンなので《爆熱剣 バトライ刃》によってコスト踏み倒し可能であり、実際DMRP-15期にはこれを2枚入れた【連ドラグナー】チャンピオンシップ4位入賞を果たしている。

DMEX-16期は、《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》などを採用した【白青赤天門】が確立され、光のブロッカーである《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》もその活躍に付随してオリジナル環境でそのパーツとしてそこそこ見掛けられるようになった。
例えば【ゼロ・ルピアループ】対面の場合《ゼロ・ルピア》の名前を指定すれば、《希望のジョー星》影響下の相手のコスト軽減手段を断つことができる。

その他 [編集]

  • 名前の由来はロックの系列の一つ、「エモーショナル・ハードコア」からだと思われる。余談だが、俗に感傷的になることを指す「エモい」というスラングも同様に「エモーショナル」という単語から来ている。
  • 背景ストーリーでは、教祖の消滅してしまった裏オラクルの教祖になり替わろうとするゾロスターに対し、彼の支配下から逃れ降臨したドラゴンにしてオラクリオン。信者たちの信仰によって降臨したとされ、ゾロスターに神罰を与えにやってきた。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》の「出た時」の能力で《雅役者 マチネソワレ》の名前を選べますか?
A.はい、《雅役者 マチネソワレ》のクリーチャーの名前は選べます。
引用元

Q.《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》を2体バトルゾーンに出し、「名前を1つ選ぶ」能力で《ヤッタレマン》《パーリ騎士》をそれぞれ選びました。その後、《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》1体がバトルゾーンを離れたとしても、《ヤッタレマン》《パーリ騎士》の能力はどちらも無視されたままですか?
A.いいえ、バトルゾーンを離れた《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》で名前を選んでいたクリーチャーの能力は無視されなくなります。
《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》の能力は、そのカード自身の能力で選んだ名前を持つクリーチャーの能力のみを無視します。《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》がバトルゾーンを離れた時点で、この能力は失われます。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《全員集合!アクア・三兄弟》が1体います。相手のターン中に、相手は《ドラゴンズ・サイン》を唱えて、《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》をバトルゾーンに出しました。相手は《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》の「出た時」の能力で《全員集合!アクア・三兄弟》を宣言しましたが、自分は《全員集合!アクア・三兄弟》の効果で《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》を手札に戻せますか?
A.はい、戻すことができます。能力は無視されますが、トリガーしている待機中の効果は無視することができません。
引用元

Q.自分のマナゾーンにカードが7枚で、自分の《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》(《天翼 クリティブ-1》を指定)と相手の《天翼 クリティブ-1》がバトルゾーンにいる状況です。この《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》が攻撃する時に《時の法皇 ミラダンテXII》の「革命チェンジ」の宣言をし、入れ替えました。この《時の法皇 ミラダンテXII》はどうなりますか?
A.その《時の法皇 ミラダンテXII》は「出た時」の能力を使った後、《天翼 クリティブ-1》の効果で山札の一番下に置かれます。《天翼 クリティブ-1》の能力は無視されていましたが、《時の法皇 ミラダンテXII》が出た時点で《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》は離れているため、能力がトリガーします。
引用元(2021.9.24)

Q.自分のマナゾーンにカードが7枚で、自分の《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》(《ベイB セガーレ》を指定)と相手の《ベイB セガーレ》がバトルゾーンにいる状況です。この《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》が攻撃する時に《時の法皇 ミラダンテXII》の「革命チェンジ」の宣言をしました。この場合、入れ替えられますか?
A.はい、入れ替えられます。《ベイB セガーレ》の能力は無視されていますので、置換効果は適用できません。
引用元(2021.9.24)

Q.《バーンメア・ザ・シルバー/オラオラ・スラッシュ》の「出た時」の能力でGR召喚したGRクリーチャー2体に「スピードアタッカー」を与えました。その1体目が相手を攻撃したら、相手は「S・トリガー」で《ドラゴンズ・サイン》を唱えて《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》を出し、「出た時」の能力で《バーンメア・ザ・シルバー》を選びました。2体目のGRクリーチャーは「スピードアタッカー」で攻撃できますか?
A.はい、攻撃できます。《バーンメア・ザ・シルバー》の能力を無視しても、既に解決した効果は無視されないので、与えられた「スピードアタッカー」は無くなりません。なお、無視するクリーチャーとして2体目のGRクリーチャーの名前を選ぶと、与えられた「スピードアタッカー」が無視されますので、それは召喚酔いにより攻撃できなくなります。
引用元(2021.12.17)