王来篇(おうらいへん) [編集]

PREV十王篇

デュエル・マスターズ20番目のシリーズ。

特殊な読みはせず、そのまま「おうらいへん」と読む。過去のジョー編エキスパンションシリーズ名と同様に『編』ではなく『』なので表記には注意。

ブロックマークは「王来」 (『王』の部分が王冠のようになっている)。

20周年を記念してデュエマ20年の歴史を扱っているのが特徴。

このセットに当てはまる通常のエキスパンション

背景ストーリー十王篇と地続き。このシリーズでは英雄の力を受け継いで歴史を守ろうとするレクスターズと、英雄同士を合体させて歴史を破壊しようとするディスペクターの戦いを主軸に物語が進んでいく。

  • 固有名詞で使われる能力が太字で表記されるようになった。
  • 昨年は新型コロナウィルスとデフレの影響で伸び悩んだ事から、今回は
    • 環境を支配する程では無いが環境で十分活躍できるような強力なカードを積極的に作る
    • 20thSPレアなどで往年の人気カードを再録する
    • レクスターズディスペクターなどで過去のクリーチャーを出しファンサービスを行う
    • 特別仕様のカードでプレミア性をアピールする

などの購買意欲を煽る戦略が取られている。

  • 初心者でも手軽にデュエマを学べるように、無料・課金なしのスマートフォン向けアプリの「デュエマであそぼう!」が配信された [2]
  • 各個エキスパンションのタイトルは勝舞編のような字面と読みになっており、古参プレイヤーを意識的に狙っていることが窺える。
  • シリーズ名の由来は「王」が過去未来を行き来(往来)することから。また「all right」とも掛かっていると思われる。
  • 強力なカードの多数登場やファンサービス、社会全体が新型コロナウイルスの厄災から復興しつつある事で20周年に相応しい大盛況となり、タカラトミーの決算報告でも好調な事が表記されている。その反面新型コロナの再拡大により落ち着いた10月頃まで前年の十王篇同様に大会が開けず、デュエマ全体への関心が高まった事に加えコロナ禍の事情も重なり一部の汎用高レアリティカードが大暴騰するなど過去類を見ない程資産ゲーが進行し、必ずしも良い結果ばかりではなかった。
    • カードの高騰についてはデュエチューブ出演者も暗に言及しており、来年度からは改善を目指す声明を出した。
    • しかし「(経済学的な意味で)インフレが起きている[3]以上価格問題は運営の努力では解決できないのでは?」という指摘もある。

参考 [編集]


[1] 超天篇《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》を除く
[2] 後に配信されたNintendo Switch版では課金してカードプールを増やせる機能が追加されている
[3] プレイヤーがデュエマに例年以上に金を使っている→売る側が多少釣り上げても買う→売れるので価格は上がり続ける