神羅(しんら)スカル・ムーン》 [編集]

神羅スカル・ムーン SR 闇文明 (8)
進化クリーチャー:ルナティック・エンペラー/ダークロード 12000
究極進化−自分の進化クリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーが破壊される時、かわりに相手のクリーチャーを1体破壊してもよい。

DM-32で登場した究極進化ルナティック・エンペラー/ダークロード

破壊置換効果で相手クリーチャー1体を破壊することができる。
破壊置換効果を適用すればこのクリーチャー破壊は無効となる。そのためスレイヤー確定除去もほとんど効かず、バトルでこのカードバトルゾーンを離れることもほぼない。

また置換効果は連鎖しないため、《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》解除持ちサイキック・クリーチャーをはじめ、エターナル・Ωを持つゼニス《獅子頂龍 ライオネル》なども普通に破壊できる。
特にこの効果で敵の《終焉の禁断 ドルマゲドンX》を破壊できればその場で勝ちが決定する。
逆に置換効果によってこのクリーチャー破壊される場合は、自身の置換効果を適用することが出来ないため、相手の《スカル・ムーン》によって破壊される。

にはスーサイドが多く、《邪魂創世》《魔刻の斬将オルゼキア》などで手軽にアドバンテージを稼ぐことができる。

究極進化ということで《スーパー大番長「四つ牙」》《大勇者「ふたつ牙」》あたりが進化元になる。出したら即8マナ以上になるうえ、進化元ビーストフォークマナ加速を行うものが多く、相性はいい。

弱点は破壊以外の除去破壊にはめっぽう強いが、バウンスマナゾーン送りなど「破壊しない除去」には耐性がない。デッキならともかく、自然が相手のときは要注意である。《コーライル》などの山札への除去も危険。

フィニッシャーとしてはかなり癖が強いので、専用デッキを組んで使ってやりたいところである。

破壊置換効果のルール [編集]

ルールがかなりややこしい。代表的な注意点は以下(上記の再掲も含む)。

  • バトルでの相打ちなどによって、自分と相手の《スカル・ムーン》が同時に破壊される時、両プレイヤーともに破壊置換効果の適用が可能。この時、ターン・プレイヤーが先に破壊置換効果の対象を選ぶ。ここで、非ターン・プレイヤーの《スカル・ムーン》を破壊置換効果の対象にした場合も、非ターン・プレイヤー破壊置換効果の対象を選ぶことができる。
    つまり、場に自分と相手の《スカル・ムーン》1体ずつしかいなければ、双方の《スカル・ムーン》が破壊されることになる。
    • この処理になる理由は、「置換効果はイベントにつき1回だけ適用される」(総合ルール609.3.)ので、同時に発生する別々のイベントに対して、それぞれ1回だけ置換効果を適用できるからである。
      カード1,2に同時に効果Aを行う時、「カード1に対する効果A」を「カード2に対する置換効果B」に置換した場合、「カード1に対する効果A」は起こらなかったことになるが、「カード2に対する効果A」は起こらなかったことにはならない。よって、「カード2に対する効果A」を「カード2以外に対する置換効果C」[1]に置換することができる。参考

その他 [編集]

  • 「置換先のイベントが実行できない場合、その置換効果は適用できない」ルールは、このクリーチャーが相手クリーチャー無しでも破壊耐性を得られる事態になってしまうことを避けるために制定された。しかし、このカードが登場して数年も経つと、このルールは公式側の人間にも忘れ去られてしまった。《絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ》の登場によりこのルールの重要性が再確認されることになったが、ルールの再確認が行われた結果、《S級宇宙 アダムスキー》《宇宙 タコンチュ》などの能力デザインに欠陥を生んでしまうこととなった。
  • サイクル中最も多く再録されているため、集めやすい。そのため、DM-32の神羅の中では一番馴染み深いカードかもしれない。
  • スカル(Skull)は骸骨の意。
  • このクリーチャーの天災モチーフは判然としない。名前とイラストから「疫病」「毒ガス」「酸性雨」などが連想される。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

最新バージョンの性能 [編集]

神羅スカル・ムーン SR 闇文明 (7)
進化クリーチャー:ルナティック・エンペラー/ダークロード 12000
究極進化-進化クリーチャー
T・ブレイカー
破壊される時、パワーが0より大きければ、かわりに相手のパワーが最も大きいクリーチャー1体を破壊する。(複数あるなら、ランダムに1体)
各ターン、初めて自分の他のクリーチャーが破壊される時、パワーが0より大きければ、かわりに相手のパワーが最も大きいクリーチャー1体を破壊する。(複数あるなら、ランダムに1体)
(このカードは、《羅月スカル》として召喚してもよい)
羅月スカル SR 闇文明 (5)
進化クリーチャー:ダークロード/ルナティック 5000
進化-闇のクリーチャー
ルナティック進化[闇(7)]:このクリーチャーを《神羅スカル・ムーン》に究極進化させる。
バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、自分の墓地から進化クリーチャーを探索し、1枚を手札に戻す。
破壊された時、相手のパワーが最も大きいクリーチャー1体を破壊する。(複数あるなら、ランダムに1体)

他のルナティック・エンペラー同様にルナティック進化面を獲得。

TCG版と比較すると、《神羅スカル・ムーン》はコストが1低くなり、自身以外の味方クリーチャーの破壊でも各ターン1回まで置換効果が発動するようになった。
ただし、任意だったものが強制かつ破壊したいクリーチャーをピンポイントで選ぶことはできなくなっている。加えて、《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》での変更と同様にパワーが0以下になって破壊される場合には道連れにできない。

《羅月スカル》は墓地肥やしをしつつ墓地から進化クリーチャーを回収できる。
には《ロスト・チャージャー》《ダーク・ライフ》等で狙ったカードを墓地に置けるので回収効果は発揮しやすい。
しかし回収効果は強制であり、《魔光蟲ヴィルジニア卿》《邪霊神官バーロウ》等の存在から墓地に進化クリーチャーが居た方が都合が良い場合もあるので、構築によってはデメリットにもなりうる。
回収を成功させるには必然的にデッキの進化クリーチャーが多くなければならない。【グランド・デビル】《魔皇アスティマート》《魔皇グレンベルク》《超神星マーキュリー・ギガブリザード》《超神星ネプチューン・シュトローム》《超神星プルート・デスブリンガー》を採用することが多いため、墓地回収目的なら使いやすいか。《死神封魔ラヴァール》《電脳封魔マクスヴァル》にはコスト軽減を受けつつ上に乗せることができる。
また、pigで相手の最高パワーのクリーチャーを1体破壊する効果を備えており、多少は場持ちが良い。

弱点はTCG版同様破壊以外の除去である。
バウンスマナ送り等には耐性がないので自然が相手のときは要注意である。

返しのターンに非破壊除去されてしまったら、元も子もない。出たターンから能動的に破壊置換効果を使えるようにするか、それができないのであれば、ハンデス等で妨害したり何らかの方法で除去耐性をつけてあげたい。

アップデート履歴 [編集]

2022年1月24日に使用可能になってから、2022年2月24日実施のメンテナンスまでの31日間、以下のような性能だった。

神羅スカル・ムーン SR 闇文明 (8)
進化クリーチャー:ルナティック・エンペラー/ダークロード 12000
究極進化-進化クリーチャー
T・ブレイカー
各ターン、初めて自分のクリーチャーが破壊される時、パワーが0より大きければ、かわりに相手のパワーが最も大きいクリーチャー1体を破壊する。(複数あるなら、ランダムに1体)
(このカードは、《羅月スカル》として召喚してもよい)
羅月スカル SR 闇文明 (5)
進化クリーチャー:ダークロード/ルナティック 5000
進化-闇のクリーチャー
ルナティック進化[闇(8)]:このクリーチャーを《神羅スカル・ムーン》に究極進化させる。
バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、自分の墓地から進化クリーチャーを探索し、1枚を手札に戻す。
破壊された時、相手は自身のクリーチャー1体を破壊する。

《神羅スカル・ムーン》は自身含め1ターンに1回の制限が付き、パワー低下には耐性が無くなり、破壊対象が選べなくなったものの、破壊耐性が自分クリーチャー全体に及ぶようになった。
スーサイド効果を連打する戦術はできなくなったが相手の《デーモン・ハンド》等からクリーチャーを守れるので、フィニッシャーとしてはTCG版と違った方向性で強力になったといえる。
※カード能力調整により、Ver.2.9.1以降は自身なら各ターンに何度でも置換効果が使えるように上方修正されている。

システムクリーチャーとしては目を覆いたくなるコストの重さである。かといって場持ちの良いフィニッシャーとして運用しようにも《超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー》ほどの堅牢さがないのも大きな問題。環境でも《神羅スカル・ムーン》形態での活躍はまるで聞かない。

《神羅スカル・ムーン》としての最速着地は、

  1. 2ターン目《フェアリー・ライフ》、3ターン目闇のクリーチャー、4ターン目《羅月スカル》、5ターン目《フェアリー・ギフト》と《神羅スカル・ムーン》
  2. 3ターン目《霊騎幻獣ウルコス》、4ターン目《羅月サンダー》、5ターン目《神羅スカル・ムーン》[2]

が例として挙げられる。ダークロードや闇文明には1枚で召喚コストを2少なくするカードがないのも取り回しが悪い。
※カード能力調整により、Ver.2.9.1以降はコストが7と変更され、《死神封魔ラヴァール》が1体で2軽減できるように上方修正されている。

ゲーム内の仕様 [編集]

  • 各ターン初めての破壊がパワー低下によるものなら、そのターンにそれ以外の方法で破壊されれば2体目以降の破壊となるため、置換効果は発動しない。
    • Ver.2.9.0で検証済み
  • 同様に、各ターン初めての破壊がセイバーなど置換効果によるものなら置換が不発となり、そのターンにそれ以外の方法で破壊されれば2体目以降の破壊となるため、置換効果は発動しないと思われる。(未検証)
  • 《神羅スカル・ムーン》自身が置換効果を使っても、自分の他のクリーチャーに、各ターン1回置換効果を使うことができる。(2022/03/09修正後)
    • Ver.2.9.1リリースの上方修正から2022/03/09修正前まで、《神羅スカル・ムーン》自身が置換効果を使ったら、初めて破壊される自分の他のクリーチャーが置換効果が発動せず破壊されてしまうバグが存在していた。
  • お互いのパワーが最も大きいクリーチャーが《神羅スカル・ムーン》1体ずつの状態で、自分の《スカル・ムーン》と相手の《スカル・ムーン》がバトルしたら、ターン・プレイヤーの《スカル・ムーン》が生き残り、非ターン・プレイヤーの《スカル・ムーン》だけが破壊される。
    • Ver.2.9.0で検証済みだが、このページ内のTCG版の処理と食い違いがあるため、不具合かもしれない。

サイクル [編集]

DM-32スーパーレア究極進化クリーチャー。いずれも種族ルナティック・エンペラーを持つ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-32
    衛星上の異変に気付いた時、神羅たちはその怒りで本来の力を取り戻した。
  • DMC-64DMC-66
    すべてを死の色に染め上げろ!!――神月ミカド
  • DMPP-12
    • 衛星上の異変に気付いた時、神羅たちはその怒りで本来の力を取り戻した。(神羅スカル・ムーン)
    • もうひとつの衛星オリジナル・ハートからは、の軍勢が地上侵攻を開始した。(羅月スカル)

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手の《神羅スカル・ムーン》の「破壊される時」の置換効果によって自分の《ボルシャック・モモキングNEX》が破壊される場合、「スター進化」の効果で進化元のクリーチャーをバトルゾーンに残せますか?
A.いいえ、残せません。置換効果は各イベントにつき1回しか適用されません。《神羅スカル・ムーン》の置換効果に対して、更に「スター進化」の置換効果を適用することはできないので、《ボルシャック・モモキングNEX》は通常通り破壊され、進化元のカードごと墓地に置かれます。
引用元


[1] ここで、「カード2に対する置換効果C」に置換できないのは、カード2に対しては既に置換効果Bを行うことが決定していて、カード2に対する置換効果Cを実行することができないから。「変更された後のイベントが実行できない場合、置換することはできない」(総合ルール609.4.)ので、「カード2に対する置換効果C」に置換することはできない。
[2] 《神羅スカル・ムーン》として召喚する場合は文明指定がなく、《羅月サンダー》の上にコスト軽減されて5マナで進化できる