【黒単アビスロイヤル】 [編集]

概要 [編集]

墓地に貯めたアビスロイヤル《アビスベル=ジャシン帝》で一気に墓地からアビスラッシュで大量に展開する【速攻】
DM22-RP1《アビスベル=ジャシン帝》などのアビスロイヤルが展開されてからcsなどで少しずつ結果を残している。

未開拓な部分も多く、シビルカウントマナ武装ほど単色縛りを要求しないため、研究次第では黒単ではない形へと変貌を遂げる可能性もある。

以下では、《アビスベル=ジャシン帝》を最速・準最速で出すパーツと、残りをアタッカーアビスや受け札、妨害札で固めた純正型を記述する。

アビスベル=ジャシン帝 OR 闇文明 (4)
クリーチャー:アビスロイヤル 7000
ブロッカー
W・ブレイカー
自分の墓地にあるアビス・クリーチャーに「アビスラッシュ」を与える。(「アビスラッシュ」を持つクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。そうしたら、このターン、そのクリーチャーはプレイヤーを攻撃でき、ターンの終わりに山札の下に置かれる)
このクリーチャーが離れる時、かわりに自分の手札を2枚捨ててもよい。
自分の墓地にあるクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。

主要カード [編集]

アビス [編集]

《スプーン=ンプス》2ターン目の行動候補。アビスラッシュ&シールド回収
手札補充《秩序の意志》の起動要員に
《レター=ジェンゲガー》3ターン目の行動候補。自分のターン終わり墓地肥やし
それがアビスなら手札補充するブロッカー
《深淵の三咆哮 バウワウジャ》タマシード/クリーチャーcipで4枚墓地肥やし
自分のターン中このタマシード破壊以外で離れない
ブロッカー&T・ブレイカー攻撃時に相手1体を破壊
《テブル=ザザーム》アビスラッシュ&W・ブレイカー
手札を1枚捨てて自身を3コスト軽減できる。
更なるアビスラッシュ先の調達もこなせる
《シャンデリア=ベリア》アビスラッシュ&W・ブレイカー
やや重いがcip離れた時相手1体に-4000のパワー低下
《深淵からの復活 ジャシン帝》シンプルなアビスラッシュ&W・ブレイカー
《ブック=ラギルップ》シビルカウント3で攻撃時に1枚ランダムハンデス
《暗刻 クロック=クロニクル》アビスラッシュ&W・ブレイカー
攻撃時に3枚ランダムハンデス
自分のアビスは相手の呪文では離れない
《ジャシン帝》が複数ないと出しづらい重さは玉に瑕
《ナイフ=アライフ》相手全体に-2000のパワー低下を放つ。
さらに各ターン最初の破壊に反応して1ドロー。
《こたつむり》などメタクリーチャーを溶かしたい。

アビス以外 [編集]

《Re:奪取 ブラッドレイン》GSクリーチャーコスト軽減
《ジャシン帝》の早出しとシビルカウントを狙う
《星空に浮かぶニンギョ》GSマナブースト墓地送り置換
マナ送りによる除去墓地肥やしにできる
《無慈悲な取り立て》確定除去&自己シールド焼却でささやかな墓地肥やし
このデッキに刺さる多くのメタクリーチャーに対処可能
《シャーロール・ドイル》墓地利用メタ対策。《若き大長老 アプル》基準
《罪無 メリゴ垓》墓地利用メタ対策。《とこしえの超人》基準
《ザンジ変怪》S・バックcipで相手1体に-4000のパワー低下
《秩序の意志》S・バック封印&間接的な墓地肥やし
《絶望と反魂と滅殺の決断》除去ハンデスリアニメイトを1枚でこなす。
チャージャーなしだと5ターン目からしか唱えられない
《龍頭星雲人/零誕祭》墓地カードを参照してコスト軽減
cip攻撃時に2枚ハンデス/除去札
《龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢》墓地クリーチャーを参照してコスト軽減
cipパワー低下/墓地肥やし墓地回収
《撃髄医 スパイナー》S・トリガー獣。-3000のパワー低下を3回放つ。
スーパー・ボーナスコスト4以下を好きな数蘇生
《シラズ死鬼の封》除去は持たないが対象が安定したカウンター
《ヴィオラの黒像》確定除去&そのコストを基準に1体リアニメイト
呪文ロッククリーチャーへのロックが効かない
《不敵怪人アンダケイン》フシギバースによる墓地召喚コスト軽減が乗る。
cipでコスト4以下を1体リアニメイト殿堂入り
アビスクリーチャーを多用する場合に
《学校男》早期から使えるスーサイド&選ばせ除去
場のアビスを一旦墓地に送ることでcipを使い回す。
DM22-SD1【青黒緑ハンデス有象夢造】など
《深淵の支配者 ジャシン》軸の方が向いているか
《堕魔 ドゥポイズ》
《コオニ弁天》

ゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカード [編集]

《滅亡の起源 零無》/《零龍》アドバンス。手札の消費が荒い点が《手札の儀》と好相性。
墓地が0枚でも《邪侵入》1枚から《復活の儀》《墓地の儀》達成を狙える

このデッキの回し方 [編集]

2ターン目は《ベル=ゲルエール》で墓地を整えつつ、3ターン目に《フォーク=フォック》や《レター=ジェンゲガー》で《ジャシン帝》を調達。
《邪侵入》等も駆使し、《アビスベル=ジャシン帝》を着地させ、貯めた墓地からアビスラッシュで一気にアビスロイヤルを展開する。
ワンショット時には、《ジャシン帝》をアビスラッシュすることで、更なるコスト軽減を図りつつ、除去に耐性を持ったクリーチャーが増やせる。

《ジャシン帝》を出せなかった場合は、溜まった墓地を利用して《龍頭星雲人》等でハンデスを決めつつビートダウンを狙う。

長所 [編集]

回転の速いデッキでもあるが、従来の速攻デッキにあるまじき防御性能も兼ね備える。

《邪侵入》での踏み倒し以外は墓地から召喚して出すため、召喚以外の方法をメタる《異端流し オニカマス》《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》等はほぼ効かない。
名目コストが高いクリーチャーも《テブル=ザザーム》ぐらいで、《ベイB セガーレ》《奇石 ミクセル》も怖くない。

一度《アビスベル=ジャシン帝》が着地すると軽減能力とアビスラッシュ付与により4~5マナ帯でも凄まじい数のアタッカーが並ぶ。
またW・ブレイカーT・ブレイカーも多く並ぶため、多少のシールド追加やG・ストライク程度では簡単に止められない。

アビスには墓地肥やし能力を持つ者が多く、《ベル=ゲルエール》《フォーク=フォック》等をアビスラッシュで出すと増やした墓地から連鎖的にアビスを展開し、文字通りのラッシュを掛ける事が可能。特にこの2体は《ジャシン帝》存在下では僅か1コストで墓地召喚しつつ墓地を2枚以上増やす即攻要員という狂気じみたスペックへと変貌する。後者に至っては《ジャシン帝》の除去耐性に必要な手札まで補充できる。
また《テブル=ザザーム》も手札のアビスを墓地へ落としつつコスト3に軽減されるW・ブレイカーと小回りが利く上に破格の性能を持つ。無論《ジャシン帝》存在下では実質コスト1であり、アビスラッシュ時に手札に居る自身を落とす事で大連鎖&打点激増へと繋がる。

主なフィニッシャーである《アビスベル=ジャシン帝》《深淵の三咆哮 バウワウジャ》がどちらも除去耐性を持つ。前者は手札2枚を犠牲にする必要があるものの、言い換えれば手札のアビスが墓地に落ちてしまうため相手にとっては非常に対処し辛い事この上ない。
後者は自分のターン中限定だが破壊以外の除去を一切受け付けない。《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》等を恐れずにシールドを割りに行ける他、カウンターで現れた敵獣もATで破壊してしまえる。またアビスラッシュで出した場合もターン終了時に山札へ戻る事もない。
さらに、仮に止められたとしてもこの2体はブロッカーも兼ね備えている。

《邪侵入》は3コストで《アビスベル=ジャシン帝》を出せる他、一度の使用で4枚もの墓地肥やしが可能。仮に《ジャシン帝》がヒットしなかった場合も《バウワウジャ》や《ハンマ=ダンマ》等の更なる墓地肥やし可能なアビスを蘇生させる事で大量の墓地を獲得し、《龍頭星雲人》《龍装鬼 オブザ08号》のコスト軽減に繋げられる。

速攻デッキでありながら《ジャシン帝》や《バウワウジャ》といったブロッカー《ハンマ=ダンマ》《零誕祭》といったS・トリガー等防御札が多く結構な受けの堅さもあるため、【我我我ブランド】等他の速攻との殴り合いでも有利。特にブロッカーS・トリガー、最大2体への選ばせ除去の全てを兼ね備える《悪灯 トーチ=トートロット》の存在により【赤青アポロヌス】でさえも軽く止めてしまう事すらある。
また《龍頭星雲人》ハンデスの採用も可能であるため、多少のロングゲームにも全く動じない。

アドバンスでは《滅亡の起源 零無》を搭載可能。特にこのデッキの場合、序盤の展開や《ジャシン帝》の除去耐性で手札を消費する点が《手札の儀》と相性が良く、アタッカーが大量除去に巻き込まれやすい点を《破壊の儀》で補える。さらに墓地が0枚でも《邪侵入》1枚から墓地肥やし可能なアビス1体を蘇生する事で、墓地利用メタに左右されがちな《復活の儀》《墓地の儀》をいきなり達成できてしまう。そのため墓地リセット程度では零龍卍誕を止める事ができない。

短所 [編集]

《とこしえの超人》《若き大長老 アプル》1枚で動きが止まってしまう。仮に先手を取られた時、2ターン目でこのメタクリーチャーを出されるとほぼ詰みになってしまうため、《龍装鬼 オブザ08号》等除去手段は必須となる。
一応《ハンマ=ダンマ》の射程に確定で収まるものの、テンポが大きく損なわれるのは速攻デッキとしては致命的なのでなるべく軽いコストで除去したいところ。
また《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》などでも動きは止まるため、よくある墓地利用メタでテンポが崩れる可能性は高い。特に《滅亡の起源 零無》を使用できないオリジナルフォーマットでは要注意。

《検問の守り 輝羅》《反逆龍 5000typeR》系でもアビスラッシュを無力化され、《煌ノ裁徒 ダイヤモン星》でコスト軽減を消されても打点が少しずつしか伸ばせなくなる。

それらを対処してもなお《こたつむり》《月砂 フロッガ-1》《レク・シディア》といった速攻メタで戦術が崩壊する。自身ターンの《邪侵入》《流星のガイアッシュ・カイザー》のタダ出しを許してしまうおまけ付き。総じてメタビートは非常に不利。

メインアタッカーである《深淵の三咆哮 バウワウジャ》は闇のクリーチャー及びタマシードが自身含め計4枚以上無ければタマシードに逆戻りしてしまう。このクリーチャーでブロックする前提で居た結果その矢先に大量除去を食らい、これによりタマシードに逆戻りしブロック不可となる事態も起こり得るので注意。

パワーの低いアタッカーもそれなりに多いため、速攻対策で使われる全体除去もそこそこ刺さる。ロック手段も無いため、警戒するならば《ジャシン帝》・《バウワウジャ》・《テブル=ザザーム》等の高パワークリーチャーを大量に展開する必要がある。

展開力は基本的に《アビスベル=ジャシン帝》有りき。素のコストも速攻デッキとしては全体的に高いため、《ジャシン帝》が着地しなければ展開力がガタ落ちしてしまう。
さらにアビスラッシュで出したクリーチャーは効果によりそのターンの間しか存在できず終了時に山札の下へと戻ってしまう。墓地利用なので手札こそは消費しないものの、決め切れなかった場合は墓地リソースを消費した上でバトルゾーンの頭数は展開前まで逆戻りとなってしまう。
ただ、《深淵の三咆哮 バウワウジャ》《悪灯 トーチ=トートロット》のように、耐性自壊の能力で結果的にアビスラッシュでの山札送りを打ち消しているものもある。

《絶望と反魂と滅殺の決断》はメタ対策や《ジャシン帝》の蘇生が可能と一見相性が良さそうに見えるが、このデッキにおいて5というコストはかなり重い部類。S・トリガーやコスト軽減も持たず展開も《ジャシン帝》存在下のアビスラッシュで事足りる事が多いため、実は意外と使い辛い点が目立ってしまう。無論上記の様な恩恵はあるものの、無策で複数枚積むと逆にデッキ自体の動きを阻害しかねないため要注意。

参考 [編集]