(たて)() [編集]

ゲーム開始直後にシャッフルした山札の上から5枚をシールドゾーンに置くこと、あるいは自分の山札の上から裏向きのままシールド追加する効果で、試合の勝敗に直結するカードを引くこともサーチすることもできなくなってしまった状態のこと。

この状況に陥った場合、相手がシールドブレイクしてくるのを待たなければならない。万が一、そのカード以外で逆転が不可能だったとしたら、相手がライブラリアウト待ちを始めた時点で、もう勝ち筋が見いだせなくなってしまう。

もちろんデッキ構築の時点で《デビル・ドレーン》《黒神龍ブライゼナーガ》などを採用しておくことで対策は可能だが、デッキスロットに余裕がなくシールド回収を入れることができない場合もある。

  • 盾落ちしてほしくないカードが殿堂入りではない場合は2枚以上入れることである程度ごまかすことはできる。

()ちる [編集]

比較的重要なカードが、未使用のまま「運悪く」墓地マナゾーンに置かれてしまうこと。落下事故とも呼ばれる。
《アクアン》《ストリーミング・チューター》墓地に置かれたり、《フェアリー・ライフ》マナゾーンに置かれたりした場合に用いられる。
相手の妨害によるカードの喪失にも用いられるが、得てして自分が使ったカードで落ちた時の方が落胆が大きい。

逆に墓地を使ったコンボデッキで、コンボ発動のために能動的に自分のカード墓地に「落とす」こともある。
ただしマナゾーンを使ったコンボデッキで、必要なカードマナゾーンに置いておくことを「落とす」と言うことはあまりない。これは、マナには基本自分からマナチャージステップマナゾーンに置けるからと思われる。
一方、【ビッグマナ】のようなマナゾーンをリソースと看做すデッキが、マナ回収マナゾーンからのコスト踏み倒しなどを前提にフィニッシャーを始めとする必要カードをマナブーストで「落ちる」ようにすることを「落とす」と呼ぶこともある。

例:「《アクアン》《クリスタル・ランサー》が落ちる」「《解体人形ジェニー》《バジュラズ・ソウル》を落とす」「《ダンディ・ナスオ》《黒神龍グールジェネレイド》を落とす」「マナブーストを繰り返して殿堂入り《勝利宣言 鬼丸「覇」》をマナゾーンに落とす」

参考 [編集]

()まる [編集]

カードがシールド封印としてゾーンに置かれる事故のこと。
また、そのような状態を「埋まっている」という。

デュエル・マスターズでは、ゲーム開始時に5枚のシールドデッキからランダムで選ばれる。
禁断系のカードを使う場合は、指定された枚数の封印が同様にランダムに選ばれて置かれる。
こうして置かれたカードいくらドローサーチをしても手札に回ってこないため、そのゲーム中に使用できる機会は大幅に減ってしまう。

コントロールコンボデッキのようにキーカードが定められたデッキでは、キーカードが埋まると勝ち筋を失ってしまう場合もある。

プレイングではどうにもできない問題のため、デッキビルディングの段階で対策をしておきたい。
もっともオーソドックスな対策としては、使いたいカードを複数枚デッキに投入する手がある。
シールドに埋まったカード《福腹人形コダマンマ》《音感の精霊龍 エメラルーダ》のようなシールド回収封印に埋まったカード《龍脈術 水霊の計》のようなカード指定除去でそれぞれ回収できるため、それらのカードを搭載するのも手。
また封印に関しては、墓地送りならコマンドを出すだけでも能動的にできるため、サルベージリアニメイトなどの墓地利用と組み合わせる方法もある。

  • 殿堂入りカードは多数投入ができないため、確実に使いたいなら回収カードとの組み合わせが必須となる。
  • テクニックとして、サーチ山札を見た時、デッキ構成を思い出して山札にあるカードと照らし合わせて見ると、何がシールドに埋まっているかをすべて把握できる、というものがある。チェイン・コンボなどではこれでシールド回収をするタイミングを決めることもあるため、覚えておきたい。
    • マナーとして、時間をかけすぎて相手を待たせることがないように気を遣うこと。

参考 [編集]