《ノラディ:ド:スルーザ》 [編集]

※正式な表記は《ノラディ:ド:スルーザ》だが、ページ名はこのWikiの仕様上《ノラディ:ド:スルーザ》と表記する。

ノラディ:ド:スルーザ SR 闇文明 (4)
クリーチャー:ノワールアビス 4000
アビスラッシュ:このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。そうしたら、このターン、このクリーチャーはプレイヤーを攻撃でき、ターンの終わりに山札の下に置かれる。
このクリーチャーが出た時、または相手のクリーチャーがこのクリーチャーを選んだ時、相手の手札を見ないで1枚選び、捨てさせる。
このクリーチャーが攻撃する時、カードを4枚、自分の墓地から好きな順序で山札の下に置いてもよい。そうしたら、アビス・メクレイド8する。そうしなければ、自分の山札の上から4枚まで墓地に置く。(アビス・メクレイド8:自分の山札の上から3枚を見る。その中から、コスト8以下のアビスを1枚、コストを支払わずに使ってもよい。残りを好きな順序で山札の下に置く)

DM23-RP1で登場したノワールアビス

アビスラッシュを持ち、出た時と相手のクリーチャー能力で選ばれた時にランダムハンデスする。
また、アタックトリガー墓地カードを4枚山札の下に送ることができ、そうしたならアビスメクレイド8を、そうしなければ4枚の墓地肥やしを行う。(どちらかは必ず行う。)

目玉となるのはアタックトリガーのメクレイド8だろう。アビスラッシュを使えば召喚したターンのうちにタイムラグなくアタックトリガーを使用できる。

事前の準備と運は必要だがコスト8のアビスを4ターン早くプレイできると考えれば、その早出し性能は《フェアリー・ギフト》2枚分に匹敵する。ただ、登場時点のアビスには高コストで強力なものがまだまだ少ないため、現時点ではオーバーキル気味の能力である。

墓地肥やしのアタックトリガーの方はほぼ《堕魔 グリール》の劣化だが、アビスであるため、《邪龍 ジャブラッド》などの種族サポートと組み合わせることでそこそこ戦えるだろう。実戦であえてメクレイドを使わずこちらを使用することもまああり得るというギリギリのラインである。

  • 墓地肥やしのアタックトリガーで増やせる墓地が4枚、メクレイドのアタックトリガーで消費する墓地もちょうど4枚なので、2ターンかける、または《スルーザ》を2体用意することで墓地ゼロの状態からメクレイドができる。

その他 [編集]

  • カード名は逆さ読みすると「ディラノ」「ザールス」となり、ティラノサウルスを表していると考えられる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]