真久間(まぐま)メガ》 [編集]

真久間メガ R 火文明 (13)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍 13000
相手のクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3つブレイクする)
このクリーチャーが出た時、相手のパワー13000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

DM24-SP1で登場したメガ・コマンド・ドラゴン/革命軍

スピードアタッカーを持ち、cipで相手のパワー13000以下のクリーチャーを全て破壊する超大型のドラゴン

自身がコスト軽減を持っているが、《ブルー・インパルス》ですら条件が重いとされているため、同様のコスト軽減効果を持つ《メガ・マグマ・ドラゴン》の一回りも二回りも召喚が難しいクリーチャーだろう。

EXライフによる耐性、【白緑巨大天門】ブロッカーなら《支配の精霊ペルフェクト》《∞龍 ゲンムエンペラー》といった火力がそもそも効かない系が存在するため油断ならないが、逆に素のパワーだけで火力の範囲外に逃れるクリーチャーはそう多くない。かの《CRYMAX ジャオウガ》すらジャストでパワー13000以下の範疇である。

13という部分だけ見れば基本的にコスト踏み倒しと併用して使うのが望ましいクリーチャーである。
【連ドラ】系のデッキでは、大型全体除去ドラゴンとして採用の余地がある。さながら非召喚でも全体火力を放てる《黄金龍 鬼丸「王牙」》。その場合、基礎スペックの似た《炎龍神ヴォルジャアク》ブロッカー全体除去の《メガ・ブレード・ドラゴン》が競合相手となるか。

《流星のガイアッシュ・カイザー》採用時はコスト軽減を足し算できるため想像以上に軽くなる。その場合は《ガイアッシュ》1体で13-4=9換算でき、素のコストが8の《メガ・マグマ・ドラゴン》にぐっと近づいた召喚難易度になる。例えば相手が《キユリのASMラジオ》《スターゲイズ・ゲート》あたりで踏み倒しを行ったターンにカウンターで《ガイアッシュ》を出しておき、13-4-(2以上)の計算の結果なら《メンデルスゾーン》《ボルシャック・栄光・ルピア》のマナブースト力があれば十分リセットに手が届くコストになる。

  • 大元のカードは《メガ・マグマ・ドラゴン》。あちらと同じクリーチャー数に応じたコスト軽減火力を持っており、元ネタの要素自体は色濃く再現されている。定義上は上位種に当たる。
    • ただ、初動などで相手がボードアドバンテージを蓄えている最中の序・中盤に範囲を1000拡大した《サウザンド・スピア》効果で肉体も残しながらリセットするそちらと、もはや序・中盤に使うには重すぎるコストになってしまった反面、フィニッシャークラスまで焼けるようになって大味になったこちらと、テキストから連想される運用法は全く異なったものに仕上がっている。

サイクル [編集]

DM24-SP1のドラゴン娘レアサイクル

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM24-SP1(10/16)
    ぎゃおー、ボクはドラゴン娘なのだ! ……あ、これ秘密だっけ? ― 真久間メガ
  • DM24-SP1(TD3/TD5)
    んー?一個食べるか? ― 真久間メガ

収録セット [編集]

参考 [編集]