ACEクリーチャー [編集]

タマシード/クリーチャー俗称のこと。このACEは種族を意味しており、特殊タイプではない。

公式のよくある質問が発祥。
確かに、タマシード/クリーチャーは記号を含め12文字もあり、なおかつ記号も含まれているので、入力はやや煩雑である。
反面ACEクリーチャーは9文字かつ、記号よりは入力しやすいラテン文字を用いているため、入力しやすさで合理的であるといえる。

タマシード/クリーチャー [編集]

タマシード/クリーチャー [編集]

※正式な表記はタマシード/クリーチャーだが、ページ名はこのWikiの仕様上タマシード/クリーチャーと表記する

DM22-SD1で登場した新たなカードタイプACEクリーチャーと呼ばれることもある。

深淵の支配者 ジャシン SR 闇文明 (4)
タマシード/クリーチャー:アビスロイヤル/ACE 9000
自分のターンのはじめに、自分の山札の上から1枚目を墓地に置いてもよい。その後、コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の墓地から出してもよい。
自分の闇のクリーチャーまたは闇のタマシードが合計4つ以上なければ、バトルゾーンにあるこのタマシードはクリーチャーとして扱わない。
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

タマシードクリーチャーを兼ね備えたカードタイプ
この部分だけでも「タマシードを1枚選んで(出す/手札に加える/何らかのコストにする)」でも「クリーチャーを1枚選んで(出す/手札に加える/何らかのコストにする)」でも対象にできるという優れた性質を持つ。

登場時点において、このカードタイプは共通して種族ACEを持ち、パワー表示が通常の黒枠白字とは逆になり、白枠黒字になっている。

現状すべてのカードで条件を満たさなければクリーチャーとして扱われないというデメリットを持つ(バトルゾーンのみで機能するものであり、バトルゾーン以外の場所では常時クリーチャーとして扱える)。そのためか低コストながら高いパワーを有している傾向にある。

ルール [編集]

  • カードの能力に、バトルゾーンでクリーチャーとなれる条件が記されており、それを達成できないとクリーチャーとして扱わない。
  • タマシード/クリーチャーを出そうとする瞬間はクリーチャーとしても扱う。そして、カードを使うキーワード処理は、タマシード/クリーチャーとして出るか、タマシードとして出るかに関係なく「召喚」であるソース
    • それに伴い、クリーチャー指定の着地置換効果状態定義効果は常に発動する。
      ただし、バトルゾーンに出た時点でクリーチャーとなれる条件のチェックが行われ、これを満たしていない場合はクリーチャーが出たものとはみなされない。よって、召喚してカードもバトルゾーンに出したが、結果的にクリーチャーは出ていない、ということも起こり得る。
    • 《永遠のリュウセイ・カイザー》がいる場合、タマシード/クリーチャーは無条件でタップインする。
    • 《龍世界 ドラゴ大王》がいる場合、種族にドラゴンを持たないタマシード/クリーチャーは着地置換効果を受けて墓地に置かれる。
    • 《聖霊王アルファディオス GS》がいる場合、光文明でないタマシード/クリーチャーは使用宣言自体が行えない。
      • 出せない状況下においては、それに該当するカードの召喚コストを支払うこともできない。出すタイミングでは常にクリーチャーの性質も持つため、《怒流牙忍法 次元隠しの術》などでクリーチャーが出せない状況であり、タマシード/クリーチャーがその対象に含まれていたら、タマシードとして出すこともできない。
  • シンカライズを持っていないタマシード/クリーチャーは、クリーチャーとして扱われる条件を満たしていなければ進化元として指定できない。
  • 封印した場合、クリーチャーが封印されたものと扱われ、そのカードの能力と存在が無視される。

不明瞭な裁定 [編集]

過去の裁定などから推測できるもの。

  • 前項で、召喚した時にクリーチャーとして扱わなければ「召喚した時」の能力は使えないとしたが、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の場合、「(前略)コマンドを召喚または「侵略ZERO」を使って出すことによってのみ、外すことができる。」と、コマンドであることしか参照しない為、コマンドタマシード/クリーチャーをタマシードとして召喚しても、封印を外せる可能性がある。

裁定不明 [編集]

  • 《フォーチュン・ドンキッキー》でどのように扱うのか。
    • 「タマシード/クリーチャー」「クリーチャー」「タマシード」の3枚が表向きになったら、「タマシード/クリーチャー」を手札に加える場合に「クリーチャー」か「タマシード」のどちらかなら手札に加えることができるのか。

その他 [編集]

  • Magic:The Gatheringには通常時はエンチャントだが、場に同じ色のカードが一定数あればクリーチャーとなる神サイクルが存在する。
    あちらを元にしてこのメカニズムが作られたことを射場本正巳氏が言及している。
    また、当初はディスペクター関連のメカニズムとして開発されていたようだ。→参考

参考 [編集]


公式Q&A

Q.ACEクリーチャーはカードタイプが2つ書いてありますが、どう扱いますか?
A.ACEクリーチャーはタマシードとクリーチャー、2つのカードタイプを持っています。バトルゾーン以外のゾーンでは、常に両方のカードタイプを持っているので、クリーチャーとしてもタマシードとしても参照できます。
バトルゾーンにある時は、指定の文明のクリーチャーとタマシードが合計4つ以上ない場合、タマシードとしてのみ扱われます。
引用元(2022.9.9)

Q.バトルゾーンにある相手のカードが《深淵の支配者 ジャシン》のみの状況で、その《深淵の支配者 ジャシン》と自分のクリーチャーを効果でバトルさせたり、「マッハファイター」で《深淵の支配者 ジャシン》に攻撃したりできますか?
A.いいえ、どちらもできません。相手の闇のクリーチャーとタマシードが合計4つ以下なので、《深淵の支配者 ジャシン》はクリーチャーとして扱われません。
その状態の《深淵の支配者 ジャシン》とバトルしたり、攻撃したりすることはできません。
引用元(2022.9.9)

Q.バトルゾーンにある相手のカードが《深淵の支配者 ジャシン》のみの状況で、その《深淵の支配者 ジャシン》《スーパー・デーモン・ハンド》で破壊できますか?
A.いいえ、できません。相手の闇のクリーチャーとタマシードが合計4つ以下なので、《深淵の支配者 ジャシン》はクリーチャーとして扱われません。
ですので、「クリーチャーを破壊する」という効果で選ぶこともできません。
引用元(2022.9.9)

Q.自分の闇のクリーチャーとタマシードがバトルゾーンに1つもない状況です。《深淵の支配者 ジャシン》がバトルゾーンに出た時、《雷鳴の守護者ミスト・リエス》のような「クリーチャーが出た時」の能力はトリガーしますか?
A.いいえ、トリガーしません。《深淵の支配者 ジャシン》がバトルゾーンに出た後で「自分の闇のクリーチャーまたは闇のタマシードが合計4つ以上なければ、バトルゾーンにあるこのタマシードはクリーチャーとして扱わない。」という常在型能力が適用され、その後に誘発型能力が誘発するかどうかをチェックします。
引用元(2022.9.9)

Q.自分の《戦霊混成 ウルボランス》のみがバトルゾーンにいる状況で、自分が《深淵の支配者 ジャシン》を召喚して出した場合、「各ターン、自分の最初のクリーチャーが召喚によって出た時」の能力はトリガーしますか?
A.いいえ、トリガーしません。
出るまではクリーチャーなので、召喚したことにはなりますが、実際に出たのはタマシードですので、能力はトリガーしません。
引用元(2022.9.9)

Q.自分の闇のクリーチャーとタマシードがバトルゾーンに1つもない状況です。
《深淵の支配者 ジャシン》をバトルゾーンに出す際、相手の《龍世界 ドラゴ大王》の「ドラゴンではないクリーチャーが出る時」の置換効果や《アルカディアス・モモキング》の「各ターン、はじめて出る相手のクリーチャーは、タップして出る。」は適用されますか?
A.はい、適用されます。《深淵の支配者 ジャシン》はバトルゾーン以外ではタマシードでありクリーチャーですので、バトルゾーンに闇のクリーチャーや闇のタマシードがない状況でも、クリーチャーを出すことを置換する効果や、クリーチャーに対する状態定義効果が適用されます。
引用元(2022.9.9)

Q.自分の闇のクリーチャーが他に3体いて、《深淵の支配者 ジャシン》がクリーチャーになっている状況です。
《深淵の支配者 ジャシン》が相手を攻撃した時、相手は《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》の「Dスイッチ」によって《スパイラル・ゲート》を唱えて、攻撃していない自分の闇のクリーチャーを手札に戻しました。闇のクリーチャーまたはタマシードが3つ以下になってしまいましたが、この攻撃中の《深淵の支配者 ジャシン》は相手のシールドをブレイクできますか?
A.いいえ、攻撃中にクリーチャーではなくなった場合、その攻撃は中止されます。
そのため、シールドを1つもブレイクできずに攻撃が終了します。
引用元(2022.9.9)

Q.自分の《異端流し オニカマス》と、相手の闇のクリーチャー2体がバトルゾーンにいる状況です。
相手は《絶望と反魂と滅殺の決断》を唱えて、墓地から《深淵の支配者 ジャシン》を2体バトルゾーンに出しました。この《深淵の支配者 ジャシン》を2体とも《異端流し オニカマス》の「相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時」の能力で手札に戻せますか?
A.いいえ、その2体のうち1体の《深淵の支配者 ジャシン》は手札に戻せますが、もう1体は手札に戻せません。
2体の《深淵の支配者 ジャシン》は1体ずつバトルゾーンに出ます。1体目の《深淵の支配者 ジャシン》が出たタイミングでは闇のクリーチャーとタマシードは合計3つしかないので、《深淵の支配者 ジャシン》は「クリーチャーとして扱わない」常在型能力によりタマシードになり、《異端流し オニカマス》の能力はトリガーしません。ですが、2体目の《深淵の支配者 ジャシン》は自身が出たことで闇のクリーチャーが4体になるので、クリーチャーが出たことになり、《異端流し オニカマス》の能力がトリガーします。
引用元(2022.9.9)

Q.自分の闇のクリーチャーとタマシードがバトルゾーンに1つもない状況で、自分は《灰燼と天門の儀式》を唱えて、自分の《深淵の支配者 ジャシン》を墓地からバトルゾーンに出せますか?
A.はい、出せます。ですが、自分の闇のクリーチャーまたは闇のタマシードがバトルゾーンに合計4つ以上ない場合、《深淵の支配者 ジャシン》はクリーチャーとして扱わないので、「ブロッカー」を得ず、相手のクリーチャーとバトルすることもできません。
また、その《深淵の支配者 ジャシン》が出た後で自分の闇のクリーチャーまたは闇のタマシードがバトルゾーンに合計4つ以上になっても、新たに「ブロッカー」は得ません。
引用元(2022.9.9)

Q.自分の闇のクリーチャーとタマシードがバトルゾーンに1つもない状況で、自分は手札にある《深淵の支配者 ジャシン》《天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー》の呪文側を唱えてバトルゾーンに出しました。この《深淵の支配者 ジャシン》は手札に戻りますか?
A.いいえ、バトルゾーンに残ります。バトルゾーンに闇のクリーチャーまたは闇のタマシードが4つ以上ない場合、《深淵の支配者 ジャシン》はクリーチャーとして扱われません。そのため、《ナウ・オア・ネバー》の「その後、クリーチャーを手札に戻す」は何もしません。
なお、出た時に自分の闇のクリーチャーまたは闇のタマシードがバトルゾーンに合計4つ以上ある場合、その《深淵の支配者 ジャシン》はクリーチャーですので、《ナウ・オア・ネバー》で手札に戻ります。
引用元(2022.9.9)

Q.自分のターン中、相手の《深淵の支配者 ジャシン》のみがバトルゾーンにいる状況で、自分は《奇天烈 シャッフ》の「出た時または攻撃する時」の能力で「4」と言いました。次の相手のターン中に、相手の闇のクリーチャーまたは闇のタマシードがバトルゾーンに合計4つ以上になった場合、相手の《深淵の支配者 ジャシン》は攻撃できますか?
A.はい、攻撃できます。《奇天烈 シャッフ》の効果は、解決した時点でバトルゾーンにいる相手のクリーチャーのみに影響を与えます。その時点でバトルゾーンにあったタマシードが後からクリーチャーになったとしても、新たに効果の影響は受けません。
引用元(2022.9.9)

Q.自分の《深淵の支配者 ジャシン》のみがバトルゾーンにいる状況です。
その《深淵の支配者 ジャシン》《デュエにゃん皇帝》に進化できますか?
A.いいえ、その状況では《深淵の支配者 ジャシン》はクリーチャーとして扱わず、「シンカライズ」を持たないタマシードですので、進化できません。
引用元(2022.9.9)

Q.《∞龍 ゲンムエンペラー》がバトルゾーンにいる状況です。自分の《深淵の支配者 ジャシン》をバトルゾーンに出しました。その《深淵の支配者 ジャシン》はどうなりますか?
A.自分の闇のクリーチャーまたはタマシードの数に関わらず、能力が無視されたタマシード/クリーチャーになります。
《∞龍 ゲンムエンペラー》が出ている状況で、後から《深淵の支配者 ジャシン》を出した場合、「クリーチャーとして扱わない」能力が適用される前に、《∞龍 ゲンムエンペラー》によって能力が全て無視されます。これにより「クリーチャーとして扱わない」能力自体が無視されるため、それ以降、《∞龍 ゲンムエンペラー》の能力が存在する限り、能力が無視されたタマシード/クリーチャーになります。
引用元(2022.9.9)

Q.自分の《深淵の支配者 ジャシン》のみがバトルゾーンにいる状況です。《∞龍 ゲンムエンペラー》がバトルゾーンに出た場合、その《深淵の支配者 ジャシン》はどうなりますか?
A.《深淵の支配者 ジャシン》は自身の能力でクリーチャーではないタマシードになっているので、能力は無視されません。
ただし、その後に自分の闇のクリーチャーまたは闇のタマシードがバトルゾーンに合計4つ以上ある状況になった場合、《深淵の支配者 ジャシン》はクリーチャーとしても扱われ、これにより《∞龍 ゲンムエンペラー》の能力の対象となり、能力がすべて無視されたタマシード/クリーチャーとなります。また、無視されている状況で自分の闇のクリーチャーまたは闇のタマシードがバトルゾーンに合計3つ以下になったとしても、「クリーチャーとして扱わない」能力自体が無視されているため、能力がすべて無視されたタマシード/クリーチャーのままです。
引用元(2022.9.9)

Q.自分の闇のクリーチャーとタマシードが合計4つ以上ある状況です。自分の《深淵の三咆哮 バウワウジャ》は自分のターン中、破壊以外の方法でバトルゾーンを離れますか?
A.いいえ、離れません。条件を満たしたタマシード/クリーチャーは、クリーチャーとしてもタマシードとしても扱うためです。
引用元(2022.9.16)

Q.自分の火のクリーチャーとタマシードが《炎龍神ヴォルジャアク》のみの状況で、自分は《ボルシャック・フォース・ドラゴン》を出しました。この時、《炎龍神ヴォルジャアク》の「自分のドラゴンが出た時」の能力で、パワー9000より少なくなるように相手のクリーチャーを好きな数破壊できますか?
A.いいえ、破壊できません。条件を満たしていないタマシード/クリーチャーは、タマシードとして扱います。タマシードはパワーを持たないので1体も選べず、破壊できません。
引用元(2022.9.16)

Q.バトルゾーンに自分のクリーチャーが1体もいない状況で《ミラクル・ミラダンテ》の「革命0トリガー」を使ったところ、表向きにした山札の一番上のカードが《ドラン・ゴルギーニ》でした。
この《ドラン・ゴルギーニ》を出し、《ミラクル・ミラダンテ》に進化できますか?
類似例:《ボルシャック・ドギラゴン》《ボルシャック・フォース・ドラゴン》
A.《ドラン・ゴルギーニ》を出すことはできますが、その上に《ミラクル・ミラダンテ》を重ねることはできません。
《ドラン・ゴルギーニ》は、山札では状況を問わずクリーチャーですので《ミラクル・ミラダンテ》の効果でバトルゾーンに出せます。その後、質問の状況では、バトルゾーンに出た《ドラン・ゴルギーニ》はクリーチャーになる条件を満たせず、「シンカライズ」を持たないタマシードになるので、その上にクリーチャーを進化できず、《ミラクル・ミラダンテ》は手札に残ったまま処理を終了します。
引用元(2022.9.16)

Q.《ドラン・ゴルギーニ》がバトルゾーンに出た時、相手の《ブラキオ龍樹》《The邪悪 寄成ギョウ》の置換効果は適用されますか?
A.状況によって置換効果が適用されるかどうかが変わります。
《ドラン・ゴルギーニ》が出た時点で自分の光のクリーチャーまたは光のタマシードが4つ以上ある場合、クリーチャーが出たことになるので、《ブラキオ龍樹》《The邪悪 寄成ギョウ》の置換効果が適用されます。光のクリーチャーまたは光のタマシードが3つ以下しかない場合、《ドラン・ゴルギーニ》が出てもタマシードが出たことにしかならないので、置換効果は適用されません。
引用元(2022.9.16)

Q.《∞龍 ゲンムエンペラー》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《ドラン・ゴルギーニ》を出しました。この時、「このタマシードが出た時」の能力はトリガーしますか?
A.いいえ、トリガーしません。《∞龍 ゲンムエンペラー》がいる状況で《ドラン・ゴルギーニ》を出した場合、自分の光のクリーチャーまたは光のタマシードの数に関わらず、能力が無視されたタマシード/クリーチャーになります。能力が無視されるので、その「出た時」の能力はトリガーしません。
引用元(2022.9.16)

Q.相手のターン中、クリーチャーになっている《深淵の支配者 ジャシン》が相手に封印されました。この時、封印された《深淵の支配者 ジャシン》はどうなりますか?
A.タマシード/クリーチャーはクリーチャーですので、封印された場合は無視されます。無視されている間は、通常のクリーチャーと同じく、バトルゾーンに存在しないものとして扱います。
引用元(2022.9.20)

Q.自分の闇のクリーチャーが他に3体いて、クリーチャーになっている《深淵の支配者 ジャシン》《モビル・フォレスト》をクロスしている状況です。自分の他の闇のクリーチャー1体がバトルゾーンを離れて《深淵の支配者 ジャシン》がクリーチャーではなくなった場合、クロスしていた《モビル・フォレスト》はどうなりますか?
またこの時、ウエポンが装備されていたり、オーラが付いていた場合はどうなりますか?
類似例:《神光の龍槍 ウルオヴェリア》《斬罪 シ蔑ザンド》
A.クロスギアはクリーチャーにしかクロスすることができないため、クロス先がクリーチャーではなくなった場合、外れて単独でバトルゾーンに残ります。
同じ状況で、装備されているウエポンは外れて超次元ゾーンに戻ります。
また、付いていたオーラは外され、墓地に置かれます。
引用元(2022.9.20)

Q.バトルゾーンに自分のカードが1枚もない状況で、自分は《T・T・T》を唱えて、手札から《ドラン・ゴルギーニ》のコストを3少なくして召喚しました。その後、同ターン中に自分が光のクリーチャーを3体出した場合、最初に出した《ドラン・ゴルギーニ》は「スピードアタッカー」で攻撃できるようになりますか?
A.いいえ、光のクリーチャーまたは光のタマシードが4つ以上になっても、その《ドラン・ゴルギーニ》は「スピードアタッカー」を得ていません。
《T・T・T》は、召喚してバトルゾーンに出たクリーチャーに「スピードアタッカー」の能力を与えます。この《ドラン・ゴルギーニ》は出たタイミングではタマシードでしたので、「クリーチャーに「スピードアタッカー」を与える」という効果が適用されていません。
引用元(2022.9.20)

Q.相手の《権力のコイン》の能力によって、自分の、条件を満たしてクリーチャーになっている《深淵の支配者 ジャシン》がタップされました。その後、自分のクリーチャーがバトルゾーンを離れて、《深淵の支配者 ジャシン》がクリーチャーではなくなった場合、次の自分のターンのはじめに、この《深淵の支配者 ジャシン》はアンタップしますか?
A.はい、アンタップします。《権力のコイン》のテキストには「そのクリーチャーはアンタップしない。」とあります。これはクリーチャーに適用される効果ですので、《深淵の支配者 ジャシン》がクリーチャーではなくなった場合、適用されません。
引用元(2022.9.20)

Q.相手の《メヂカラ・コバルト・カイザー/アイド・ワイズ・シャッター》の呪文側によって、自分の、条件を満たしてクリーチャーになっている《深淵の支配者 ジャシン》がタップされました。その後、自分のクリーチャーがバトルゾーンを離れて、《深淵の支配者 ジャシン》がクリーチャーではなくなった場合、次の自分のターンのはじめに、この《深淵の支配者 ジャシン》はアンタップしますか?
Aいいえ、アンタップしません。《アイド・ワイズ・シャッター》のテキストには「それらはアンタップしない」としかないため、タップしたクリーチャーがクリーチャーではなくなったとしても、アンタップしません。
引用元(2022.9.20)

Q.自分の《アビスベル=ジャシン帝》と、他に闇のクリーチャーが2体バトルゾーンにいる状況です。
この状況で、自分は墓地から《深淵の支配者 ジャシン》を「アビスラッシュ」で召喚したのですが、この《深淵の支配者 ジャシン》は、このターン、相手プレイヤーを攻撃できますか?
A.はい、攻撃できます。また、ターンの終わりにクリーチャーであれば、山札の下に置かれます。
自分の闇のクリーチャーが4体なので、《深淵の支配者 ジャシン》はクリーチャーになります。そのため、そのターン中は相手プレイヤーを攻撃できますし、ターンの終わりには山札の下に置かれます。
ただし、その後で自分の闇のクリーチャーが減り、《深淵の支配者 ジャシン》がクリーチャーではなくなった場合、その間はクリーチャーに適用される効果が適用されなくなります。ですので、ターンの終わりにクリーチャーではなかった場合、山札の下に置かれません。
引用元(2022.9.20)

Q.自分の《アビスベル=ジャシン帝》のみがバトルゾーンにいる状況で、自分は墓地から《深淵の支配者 ジャシン》を「アビスラッシュ」で召喚しました。
このターン中に自分の闇のクリーチャーがさらに2体増え、《深淵の支配者 ジャシン》がクリーチャーになった場合、相手プレイヤーを攻撃できますか?
A.はい、攻撃できます。また、ターンの終わりにクリーチャーであれば、山札の下に置かれます。
「アビスラッシュ」で召喚した時点で「このターン、このクリーチャーはプレイヤーを攻撃でき、ターンの終わりに山札の下に置かれる。」という効果がすでに適用されています。実際に出たタイミングではクリーチャーではないタマシードだったとしても、出る前にすでに効果が適用されていますので、その後でクリーチャーになった場合は、相手プレイヤーを攻撃できますし、そのままターンの終わりを迎えた場合は、山札の下に置かれます。
引用元(2022.9.20)


[1] 厳密にはテキストは失われず、別のカードで指定能力や指定テキストを持つカードの対象にできるので準バニラという表現が正しい。
[2] 文明についてはデッキ召喚+《覇王類虹色目 イメン=ボアロ》で賄える為不問