《ハンマ=ダンマ》 [編集]

ハンマ=ダンマ P 闇文明 (4)
クリーチャー:アビスロイヤル 2000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置いてもよい。その後、自分の墓地にあるカードの枚数よりコストが小さい相手のクリーチャーを1体、破壊する。

DM22-SD1で登場したアビスロイヤル

cipにより任意で3枚墓地肥やししてから、自分の墓地枚数未満のコストの相手クリーチャー1体を強制破壊する。《怨念集結》クリーチャー版とでも言うべきスペックだが、こちらは他のカードで事前に墓地肥やしをしなくてもある程度の火力は保証されているため、使い勝手は良くなった。【墓地ソース】など墓地を利用するデッキならかなりの活躍が見込める。

墓地のリソースを増やして除去までこなすコスト4以下のクリーチャーということで、【星雲人シヴァンリンネ】とも好相性。

環境において [編集]

【星雲人シヴァンリンネ】【墓地ソース】といった墓地利用デッキで幅広く採用されている。登場と同時に成立した【黒単アビスロイヤル】でも手打ちを兼ねたS・トリガーとして採用される。

その他 [編集]

  • モチーフはハンマー。
    • 名前の元ネタは、ピン芸人のハリウッドザコシショウが「古畑任三郎」のモノマネをする際に連呼する「ハンマーカンマー」というフレーズも含まれている可能性がある。
      • アニメ『デュエル・マスターズ WIN』に氏が「ハリウッドザフクシャチョウ」役でゲスト出演した際は、「私の名はハンマ=ダンマ! というのは嘘でして」と、このカード名をネタにしたセリフがあった[1]
    • ザコシショウ以外だと「機動戦士ガンダムZZ」に登場するMS「ハンマ・ハンマ」も考えられる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 《ハンマ=ダンマ》のカードやキャラクターは一切関係ないシーン。氏が自身のYouTubeの冒頭で全く関係のない名前を名乗るというお決まりの挨拶のオマージュと思われる。