《アビスベル=ジャシン(てい) [編集]

アビスベル=ジャシン帝 OR 闇文明 (4)
クリーチャー:アビスロイヤル 7000
ブロッカー
W・ブレイカー
自分の墓地にあるアビス・クリーチャーに「アビスラッシュ」を与える。(「アビスラッシュ」を持つクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。そうしたら、このターン、そのクリーチャーはプレイヤーを攻撃でき、ターンの終わりに山札の下に置かれる)
このクリーチャーが離れる時、かわりに自分の手札を2枚捨ててもよい。
自分の墓地にあるクリーチャーの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。

DM22-RP1で登場したアビスロイヤル

墓地アビスクリーチャーアビスラッシュを付与し、さらに墓地からの召喚コストを2少なくする効果を持つ。
また、手札2枚を犠牲にしての除去耐性も持つ。

軽いコストクリーチャーを展開でき、さらにそのターン中の攻撃まで可能にする。

場に長く維持したいシステムクリーチャーなので、除去されづらい性質は非常に有用。
手札2枚は重いが、アビスラッシュ付与によって手札が少なくてもクリーチャーを展開できるため、手札を失うリスクは少なく済む。さらに、手札から捨てたカードがアビスクリーチャーであれば次のターンにアビスラッシュ召喚できる。

基本的には「置換効果で1ターン生き残り、次のターンに墓地クリーチャーを展開して1ショットキルを仕掛ける」使い方になるだろう。

  • 漫画『デュエル・マスターズ WIN』では、斬札 ウィンの手元に突如として現れた謎のカード。
    ウィンと呼応して現世に復活した太古の邪神。
    対戦相手の命を奪おうとする危険なクリーチャー。しかし、カードの中にいるため、本来の力を発揮できないようだ。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]