龍頭星雲人(りゅうとうせいうんじん)零誕祭(ゼロ・バースデイ) [編集]

龍頭星雲人 P 闇文明 (10)
クリーチャー:デーモン・コマンド/ゼロリスト 12000
自分の墓地にある水または闇のカード1枚につき、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
このクリーチャーが出た時または攻撃する時、相手は自身の手札を2枚選んで捨てる。
T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3つブレイクする)
零誕祭 P 闇文明 (4)
呪文
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
自分のクリーチャーを1体破壊する。その後、相手のクリーチャーを1体破壊する。

DMBD-22で登場したデーモン・コマンド/ゼロリストツインパクト

クリーチャー面は墓地の水と闇のカードの枚数分コストを軽減し、cipとアタックトリガーで相手の手札を2枚ハンデスさせることができる。
《零龍》による敵獣殲滅と相性が良く、零龍卍誕前の地ならしに最適。

コスト軽減能力は《暴走龍 5000GT》《大魔王 ウラギリダムス》とよく似ているが、特筆すべき点としてこのクリーチャーは水と闇という指定こそあれど、クリーチャー以外のカードも軽減の対象となる。そのため、色さえ合えば呪文主体のデッキでも早期の召喚が可能となっている。
また、素のコストが10と大きくフシギバースの種に使いやすいため、【グルメ墓地ソース】のパーツとしても活躍が見込めるだろう。

呪文面は、自分のクリーチャーと相手のクリーチャーを1体ずつ自分で選んで破壊するというもの。
《デッドリー・ラブ》は自分が破壊できるクリーチャーを準備できなければ相手クリーチャーを破壊できず、《クリティカル・ラブ》は確実に相手クリーチャーの破壊効果が出るが選ばせ除去である。
デッキコンセプトを考えると、《破壊の儀》の達成を早めたり、自分側は《零龍》を選んで実質自分には被害のない除去呪文として使うものとなるだろう。

  • 呪文側による破壊はすべて強制効果であるため、場にクリーチャーがいない場合や、結果として破壊が実行できないクリーチャーが対象でも問題なく解決できる。

その他 [編集]

  • クリーチャー面は《復活の儀》《破壊の儀》のイラスト内のクリーチャー、呪文面はプラネッタがモチーフになっている。
    このカードや《零龍》を手掛けたイラストレーターのTwitterには、《龍頭星雲人》がメインに描かれたファンアートが掲載されている。この投稿は2019年であるが、当時から《龍頭星雲人》の構想はされていたようだ。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]