【緑単オービーメイカー】 [編集]

【緑単ステージュラ】《十番龍 オービーメイカー Par100》を入れてそちらを発展的解消させた型。

十番龍 オービーメイカー Par100 SR 自然文明 (10)
クリーチャー:ジャイアント・ドラゴン 19000
このターン出した自分の自然のクリーチャー1体または自然のタマシード1枚につき、このクリーチャーの召喚コストを3少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
マッハファイター
Q・ブレイカー
シビルカウント5:自分の自然のクリーチャーまたは自然のタマシードが合計5つ以上あれば、相手のターン中、相手のクリーチャーまたはタマシードが出てその能力がトリガーする時、かわりにその能力はトリガーしない。(例えば、相手は「このクリーチャーが出た時」で始まる能力を使えない)

主要カード [編集]

候補カード [編集]

このデッキの回し方 [編集]

一例としては以下の通りである。

初手で《トレジャー・マップ》を使って手札を整えてから2コスト初動マナブーストクリーチャーを召喚し、4マナ貯めて《恋愛妖精アジサイ》に繋げる。盤面と手札を潤してから頃合いを見て《十番龍 オービーメイカー Par100》を召喚し、そちらのcipメタ能力で牽制してから打点活かしてワンショットする。

最速で先攻2ターン目に《十番龍 オービーメイカー Par100》を着地させることもできる。《応援妖精エール》を2連打してから《冒険妖精ポレコ》《十番龍 オービーメイカー Par100》と繋ぐことによって実現可能であり、そうなると3ターンキルが行える。

長所 [編集]

デッキの1コストの割合を増やせば4ターン目に《十番龍 オービーメイカー Par100》を含めてのワンショットが可能なので、速度を持たせようとすれば十分な速度が出る。

《恋愛妖精アジサイ》のおかげで軌道に乗れば軽量級ハンデスを少し撃たれたぐらいではびくともしないリソースが稼げる。

短所 [編集]

速度は持たせようとすれば持たせることができるが、安定ルートならフィニッシュに5ターンは掛かる。その上、防御札が最低限レベルの防御性能となる《「みんな一緒に応援してね!」》《「お茶はいかがですか?」》程度しか存在しない。よって、基本的に高速系への対処は《ベイB セガーレ》《キャディ・ビートル》に依存する。

多色クリーチャー多色呪文を一切使わないので、《聖魔連結王 ドルファディロム》は天敵。ワンショット打点を含むそちらが並んだ時点で負け確定と言ってもいい。

普通に回した場合は《十番龍 オービーメイカー Par100》着地した時点では召喚酔いが解けたクリーチャーが6打点以上揃っていないことが殆どので、返しのターンに《十番龍 オービーメイカー Par100》を除去されることが怖い。一応《恋愛妖精アジサイ》で増やした手札を活かして《十番龍 オービーメイカー Par100》を出し直すという手があるが、キルターン的にギリギリのデッキなので除去された時点で痛手である。

安定ルートは《恋愛妖精アジサイ》に全責任が懸かっていると言っても良い。その《恋愛妖精アジサイ》がパワー3000しかないため、除去の得意なデッキは苦手である。使用するスノーフェアリーが軒並み非力なので猶更である。

環境において [編集]

DM22-RP1期のオリジナルで上位入賞が散見された。

参考 [編集]