戯具(ギーグ) ヴァイモデル》 [編集]

戯具 ヴァイモデル P(UC) 闇文明 (5)
クリーチャー:マフィ・ギャング/チーム零 3000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の墓地から出す。

DMSD-16で登場したマフィ・ギャング/チーム零

墓地肥やしリアニメイトの噛み合いはよく、最序盤にS・トリガーとして登場してもリアニメイトが不発になりづらい。

ライバルは《禁断V モードス》。彼方はcipだけでなく、アタックトリガーでもリアニメイトが可能で、コマンドまで所持している。

こちらは墓地肥やしができる点と文明に制限がない点で差別化ができる。墓地肥やしによってリアニメイトが不発に終わりづらく、ターンを飛ばせる《終末の時計 ザ・クロック》も出せることから、防御性能自体はこちらの方が一枚上手。
墓地と頭数を増やして返しのターンのムゲンクライムの足しにしたりと器用さもあるので、デッキに合った方を選ぼう。

《百鬼の邪王門》との相乗効果でどんどん墓地肥やしされることでその場に応じたクリーチャーをリアニメイトできるようになるため、【赤黒バクロ法師】にもピッタリ。

環境において [編集]

DMEX-13期に入りの【BUNBUN・ヴァイカー】でのチャンピオンシップ上位入賞実績を残した。初動自壊クリーチャー《不死妖精ベラドアネ》で墓地に落としたクリーチャー(特に《終末の時計 ザ・クロック》)がそちらのデッキのリアニメイト対象であった。

2021年7月1日殿堂レギュレーション改訂を機にオリジナル【ゼロ・ルピアループ】【鬼羅.Star】などの【墓地ソース】にとっての有利対面が増えると、【墓地ソース】のパーツとして頭角を現した。

その他 [編集]

  • モチーフは「プラモデル」。
  • DMEX-18では旧枠仕様で再録された。テキスト書式「バトルゾーンに出した時→出た時」やレアリティ表記「◆→U」、コピーライト「©Wizards of the Coast」の位置など細かな部分以外はおおむね旧枠に準拠しており、S・トリガーの文字も太字ではなくなっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-18
    槍の向こう側から、聞き覚えのある笑い声が聞こえてきた。「モモキングよ、貴様もちょうど『龍の王の歴史』を経てきたようだな。『鬼の王の歴史』とどちらが真の王の歴史か、決着をつけようぞ」

収録セット [編集]

参考 [編集]