大樹王(だいじゅおう) ギガンディダノス》 [編集]

大樹王 ギガンディダノス KGM 闇/自然 (12)
クリーチャー:ジャイアント・ドラゴン/不死樹王国 50000
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
このクリーチャーが出た時、相手は自身の手札をすべてマナゾーンに置く。
自分は、このクリーチャーよりパワーが小さいクリーチャーに攻撃されない。
<フシギバース>[闇/自然(14)](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、[闇/自然(14)]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。ただし、コストは[闇/自然(2)]より小さくならない)

DMRP-13で登場した/自然ジャイアント・ドラゴン/不死樹王国

フシギバースと、マナ送り型のオールハンデスを放つcip、このクリーチャーよりパワーが低いクリーチャーの自分への攻撃を制限する能力を持つワールド・ブレイカー

cipオールハンデスは相手のマナを多く増やしかねないのがネックだが、パワーはなんと50000もあるため、ほぼ全てのクリーチャーの自分への攻撃を阻止できる。卑近な例だと《ロールモデルタイガー》攻撃先誘導を行うために攻撃することを阻止できる。

一方、クリーチャーに対しての攻撃までは制限できないが、このクリーチャー自身のパワーは高いため、バトルで倒されることも早々ない。返しのターンで相手が今引き《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》《勝熱英雄 モモキング》のような強力なスピードアタッカーを召喚してきても、脅威になることはほとんどないため、制圧力はトップクラスであるといえる。

除去耐性は持たないが、オールハンデスによって除去手段がほとんど今引きに委ねられ、除去された場合でもフシギバース墓地から戻ってこれるため、ある程度カバーできる。ただし、このクリーチャーのオールハンデスによってマナが増えたことで、その今引きでの逆転を許してしまうことリスクも高まってしまう恐れはある。

また、パンプアップでもしない限り相手の《大樹王 ギガンディダノス》の自分への攻撃を止められない点には注意。尤も、それは相手も同じことだが。

コストは12と重量級なため、基本的にフシギバースで召喚したいところだが、それでも始値は14と重い。他のクリーチャーのフシギバースを前もって挟む、《罠の超人》《深海の伝道師 アトランティス》のような重量級S・トリガー獣と組み合わせるなど工夫したい。《神歌の歌姫 アマテラス・キリコ》で呼び出すのも1つの手。

フシギバースで召喚することばかり目が行きがちだが、コスト踏み倒しで出すのも良い。このクリーチャーのスペックフシギバース抜きにしても、《勝利宣言 鬼丸「覇」》《古代楽園モアイランド》《龍世界 ドラゴ大王》などのファッティと比較しても見劣りしない領域。

種族もジャイアントドラゴンを持っているため、入るデッキは多いだろう。

  • このクリーチャー以上のパワーを持つクリーチャーこちらで確認できる。2021年現在、単体でこのクリーチャーの攻撃制限を突破できるクリーチャーは《ギガンディダノス》自身を含めて12体いる。しかし王来篇時点で、環境でよく使われているのはその中でも半数ほどであり、《ギガンディダノス》の攻撃制限が突破されることはほとんどない。そもそも、《ギガンディダノス》の壁を乗り越えるようなクリーチャーの降臨を許した時点で手遅れ同然な事が多い。

環境において [編集]

登場からしばらくは【青黒緑デッドダムド】で使われたが、DMEX-12期に【青黒緑デッドダムド】が《轟く革命 レッドギラゾーン》軸の中速ビートダウンに変貌すると需要が衰えた。

その後、DMBD-13DMBD-14期から2020年12月18日殿堂レギュレーション改訂までにかけて、【連ドラグナー】系統におけるハンデス手段として活躍。
この他に、ビッグマナではグッドスタッフ性を買われてたまに使われる事がある。

王来篇環境になると全盛期を迎えた【5色コントロール】が環境を支配するようになったが、この頃になるとそちらのデッキの主要コスト踏み倒し手段に悉く引っ掛からないことから、一見相性が良いにもかかわらず採用を見送られることが激増した。

ところが《零獄接続王 ロマノグリラ0世》が登場すると一転、終盤にはそちらで十分コスト踏み倒しできるコスト帯であることから、【4色ロマノグリラ天門】で独特の需要を得るに至った。

DMBD-18期には《樹食の超人》【墓地ソース】でフィニッシャーとして採用率が増加した。ただ、ハンデスマナ送りなので《ブラキオ龍樹》フシギバース元の個体に次ぐ2体目の《暴走龍 5000GT》などで蓋をしないと、今引きから増えたマナを利用されてしまう恐れがあり、過信は禁物。

他のカード、デッキとの組み合わせ [編集]

【青黒緑デッドダムド】 [編集]

《SSS級天災 デッドダムド》にすれば6コストで召喚でき、オールハンデスと攻撃制限が、殿堂入りした《禁断機関 VV-8》追加ターンの代わりの能力として機能するだろう。このクリーチャーはコマンドを持たず、侵略元になれないが、進化しないほうが強いので大した問題ではないだろう。

【ドルゲーザ】 [編集]

ジャイアントといえばこのデッキ。これまでの【ドルゲーザ】は詰めに欠けていたので、それを補うことができる。コスト軽減コスト踏み倒しで召喚できる《剛撃戦攻ドルゲーザ》《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》などをにしたい。当然、《西南の超人》でさらなるコスト軽減ができる。これを組み込んだデッキは【不死樹ドルゲーザ】を参照。

【ミステリー・キューブ】 [編集]

前述した通り、踏み倒しで出しても強いため、《ミステリー・キューブ》《ホーガン・ブラスター》の踏み倒し先としては申し分ない。

【連ドラ】 [編集]

ドラゴンなので、が入るならばまず投入を検討してもいい。

【5色蒼龍】 [編集]

フシギバースはハンデス対策と割り切り、《蒼龍の大地》でのコスト踏み倒し素出しがメイン。登場時点のカードプールで組むと不足しがちだったマナになるのも大きい。
狙ってできる物ではないが、《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》スーパーS・バックでこのカードを捨て、返しのターンで《デッドブラッキオ》をフシギバースの弾にすれば最高のカウンターとなる。スーパーS・バックをした時点で5マナは貯まっているはずなので、返しのターンに単色を置ければ丁度6マナになる。

【墓地ソース】 [編集]

墓地に落ちても問題のないこのクリーチャーと、墓地が溜まっていれば軽いコストで出せる《暴走龍 5000GT》の相性が良い。召喚ロックと攻撃制限を選択出来るという利点はかなり大きい。
ただし、墓地ソは黒赤タッチが基本なので、自然文明を入れるなら従来とは構築を大きく変える必要がある。
《鬼札アバクと鬼札王国》軸の黒赤緑構築なら比較的無理なく採用できるか。

【轟破天九十九語】 [編集]

1ショットキル型の場合、1ショットキル失敗時の保険として優秀。《ドルツヴァイ・アステリオ》マナを伸ばすなら素出しの機会も十分ある。《轟破天九十九語》による疑似ランデスのおかげで返しのターン除去も怖くない。

アニメでの活躍 [編集]

『キング』4話にて初登場。声優は粟津貴嗣氏。

『デュエル・マスターズ キング』4話 [編集]

大長老ボルツとのデュエルで使用。
《死滅の大地ヴァイストン》フシギバースの種にして登場し、ボルツの手札の《U・S・A・MAGIC》マナ送りにした。この時点でシールド0枚まで追い詰められていたが、攻撃制限能力でボルツダイレクトアタックを阻止した。次のターンワールド・ブレイクを叩き込み、勝利している。

『デュエル・マスターズ キング』14話 [編集]

大長老切札 ジョーとのデュエルで使用。
普通に召喚ジョー手札を全てマナ送りにした後、大長老《モモキング》攻撃から守りジョーシールドブレイクしたがさらに次のターン《イッスン・スモールワールド》マッハファイターにより撃破された。その後、攻撃できるようになった《モモキング》ダイレクトアタックをされ大長老は敗北した。

『デュエル・マスターズ キング』33話 [編集]

大長老鬼札 アバクとのデュエルで2体使用。
《ライマー・ランサー》フシギバースの種にして召喚された。アバク手札《百鬼の邪王門》《百鬼の天邪閣》マナ送りにして、アバクシールドを全てブレイクして、もう1体でダイレクトアタックしようとしたが、《一王二命三眼槍》敗北回避能力によって防がれた。次のターン《「是空」の鬼 ゲドウ権現》スレイヤーにより2体とも破壊され《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》追加ターンにより敗北した。

背景ストーリーでの活躍 [編集]

《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》によって復活されたドラゴン。人質にされたを助け出さないように大長老を見張っている。
その後、を助けに来た《勝熱英雄 モモキング》と交戦。と死、2つのエネルギーを併せ持つ事で通常の攻撃は一切通用しない性質を活かし《モモキング》を追い詰めるが、駆け付けた《イッスン・スモールワールド》の助言を受けた《モモキング》に再生と破壊の刃を同時に打ち込まれ敗れた。
しかし、《モモキング》は《ギガンディダノス》が《ジャオウガ》に操られているだけだと気付き、峰打ちで済ませていたため一命をとりとめた。そして戦いの中でも相手の命を大事にする《モモキング》に共感した《ギガンディダノス》は、《モモキング》が《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》との戦いで助けを求めていることを《ライマー・タロウ》の占いで知り、獄鬼夜城に参上した。
最期は獄鬼夜城の爆発を抑えるべくその身を犠牲にしたが、不死の力によって復活。
同じく不死の力を持つ《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》と共に《月と破壊と魔王と天使》《剛力羅王 ゴリオ・ブゴリ》を復活させ、4人で《零獄接続王 ロマノグリラ0世》の能力に苦戦するレクスターズの救援に向かう。

その他 [編集]

  • DMRP-19にてイラストレーターコラボの20thレアとして抜擢され、秋★枝氏がイラストを担当した。
    • イラストでは緑色の服を着て、ベレー帽を被っている少女の姿で描かれている。元のカードを彷彿とさせる角も生えており、背景との比較から体長がかなり大きいこともわかる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の《バリバリ・ケドケド》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《大樹王 ギガンディダノス》を、墓地から「フシギバース」能力で召喚できますか?
A.はい、実際にマナゾーンに置けなかったとしても召喚できます。
引用元

Q.バトルゾーンに相手の《大樹王 ギガンディダノス》がいる場合、自分の《轟速 S》はどこに攻撃できますか?
A.どこにも攻撃できません。《轟速 S》《大樹王 ギガンディダノス》の能力で相手プレイヤーに攻撃できず、自身の能力でクリーチャーにも攻撃できません。
引用元

Q.《奈落の葬儀人デス・シュテロン》をマナゾーンに置き、「フシギバース」で《大樹王 ギガンディダノス》をバトルゾーンに出す時、先に《奈落の葬儀人デス・シュテロン》の「離れた時」の能力で、クリーチャーをすべて破壊してから《大樹王 ギガンディダノス》をバトルゾーンに出せますか?
A.いいえ、出せません。《大樹王 ギガンディダノス》がバトルゾーンに出てから《奈落の葬儀人デス・シュテロン》の効果を解決しますので、結果として《大樹王 ギガンディダノス》《奈落の葬儀人デス・シュテロン》の効果で破壊されます。
引用元(2021.9.24)

Q.相手の《封鎖の誓い 玄渦》がバトルゾーンにいる時に、自分の墓地にある《大樹王 ギガンディダノス》の「フシギバース」を使用できますか?
A.はい、その状況でも「フシギバース」を使用できます。「特定のゾーンからカードが離れない」という効果がある状況でも、そのゾーンからクリーチャーを召喚することはできます。使用した場合、バトルゾーンにいる自分のクリーチャー1体をタップしてマナゾーンに置き、コストを支払いますが、《大樹王 ギガンディダノス》《封鎖の誓い 玄渦》の能力によりバトルゾーンに出ません。
引用元(2021.9.24)

Q.相手の《大樹王 ギガンディダノス》がバトルゾーンにいる状況で、自分が《ダイヤモンド・ソード》を唱えた場合、《大樹王 ギガンディダノス》よりパワーが小さいクリーチャーでも相手を攻撃できるようになりますか?
類似例:《金剛の断ち 那暮/ダイヤモンド・カッター》の呪文側
A.はい、攻撃できるようになります。
引用元(2021.9.24)

Q.《大樹王 ギガンディダノス》を「フシギバース」で墓地から召喚する時に、《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》をタップしてマナゾーンに置こうとしました。「エターナル・Ω」によってかわりに手札に戻りますが、この場合でも《大樹王 ギガンディダノス》は召喚できますか?
A.はい、召喚できます。「フシギバース」でマナゾーンに置こうとしたクリーチャーが結果的にマナゾーンに置かれなかったとしても、「フシギバース」を使ったクリーチャーは召喚できます。また、支払うコストもその分減るので、この場合、闇と自然のマナを含む3マナを支払って召喚できます。
引用元(2021.9.24)

Q.《大樹王 ギガンディダノス》を進化元にして《死神術士デスマーチ》を墓地進化しました。《龍脈術 落城の計》を唱えて、効果で《死神術士デスマーチ》を手札に戻して《大樹王 ギガンディダノス》がバトルゾーンに残りましたが、この「出た時」の能力はトリガーしますか?
A.いいえ、トリガーしません。再構築でバトルゾーンに残ったクリーチャーは出たことになりません。
引用元(2021.9.24)

Q.「フシギバース」で《大樹王 ギガンディダノス》を墓地から召喚する際、1体タップしてマナゾーンに置くクリーチャーを《零龍》としました。《零龍》はバトルゾーンを離れませんが、《大樹王 ギガンディダノス》を墓地から召喚できますか?
参照:《滅亡の起源 零無》
A.はい、召喚できます。また、離れないクリーチャーを選んだ場合でも、そのクリーチャーのコストだけ、召喚するコストが軽減されます。
引用元(2021.9.24)

Q.相手のクリーチャーが自分を攻撃する時、自分の《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》の「Dスイッチ」を使って、手札から《ホーガン・ブラスター》を唱えました。効果で《大樹王 ギガンディダノス》がバトルゾーンに出ましたが、相手の攻撃は中止されますか?
A.いいえ、中止されません。攻撃中に「攻撃されない」状態になっても、攻撃は継続されます。
引用元(2021.9.24)

Q.《虹色妖精ポミリン/レイニー・アトラス》がバトルゾーンにいる状況で、他の自分の多色クリーチャーをマナゾーンに置き、「フシギバース」で《大樹王 ギガンディダノス》を召喚しました。この時、マナゾーンに置いた多色クリーチャーはアンタップされますか?
A.はい、「フシギバース」によって多色カードがタップ状態で置かれた場合も、それをアンタップします。《大樹王 ギガンディダノス》の「出た時」の能力と《虹色妖精ポミリン》の「多色カードがタップしてマナゾーンに置かれた時」の能力は好きな順番で解決します。
引用元(2021.9.24)

Q.自分の《ボルシャック・西南・ドラゴン》をマナゾーンに置き、「フシギバース」で《大樹王 ギガンディダノス》を召喚する場合、支払うコストをマナゾーンに置く《ボルシャック・西南・ドラゴン》の能力で2少なくできますか?
A.はい、少なくできます。結果的に支払うコストは8コストになります。
引用元(2021.9.24)

Q.「フシギバース」で《大樹王 ギガンディダノス》を墓地から召喚する時、《大喰の超人》をマナゾーンに置いた場合、タップしたマナゾーンのカードは墓地に置かれますか?
A.《大喰の超人》がマナゾーンに置かれてからコストを支払いますので、タップしたマナゾーンのカードは残ったままですし、その数字を2または3に変更することもできません。
引用元(2021.9.24)

Q.《大樹王 ギガンディダノス》を「フシギバース」で召喚する際、《龍覇 ザ=デッドマン》の能力を使って、コストを支払うかわりにマナゾーンの光、水、闇、火、自然のカードそれぞれ1枚ずつタップして召喚することはできますか?
A.いいえ、できません。「フシギバース」は代替コストであり、《龍覇 ザ=デッドマン》の2番目の能力も代替コストです。代替コストを代替コストで置き換えることはできないので、「フシギバース」のコストをこの能力で置き換えて召喚することもできません。
引用元(2021.9.24)

Q.《大樹王 ギガンディダノス》を墓地から召喚する時、リンクしている《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》をマナゾーンに置く際、どちらか1体をマナゾーンに置きますが、「フシギバース」のコストは12減りますか?
A.はい、コストは12少なくなります。
引用元(2021.9.24)