青黒緑 [編集]

自然文明とその敵対色である文明文明3色の色構成のこと。また、そのカラーで組まれたデッキの構成色のこと。

アナカラー」と俗称されることが多い。
例:【青黒緑デッドダムド】→【アナカラーデッドダムド】

自然マナブーストドローカードを扱えるため、デッキを潤滑に回すことが可能。それらで獲得した大量のリソースを、除去ハンデスなどで無駄なくアドバンテージに変換できるのが長所である。
ブーストによって足が早く、回収・ドローの粘りもあるため様々な相手に対応でき、ビートダウンコントロールもできる。

また、この色構成だと自分の全てのゾーン(山札墓地マナゾーンシールド)からカードを回収できる。よってテクニカルな動きが可能で、コンボデッキでよく使われるカラーでもある(【変換エンドレス】など)。

ターボや大量墓地肥やし墓地回収マナ回収もできるため、山札圧縮リソースの確保には事欠かず、ゲームを動かすうえで理にかなった方法論を持つカラー。

ただ、山札圧縮リソース確保するカードに多く枠を取ってしまうと、全体のカードパワーが下がり気味になるため、そのあたりのバランスはしっかり考えるべきである。

コントロール力がそこそこ高いとはいえ、ロックに長けるを持たないため、相手が手も足も出せない制圧状態に追い込むことは難しい。コントロールデッキを組む際にも、頃合いを見てビートダウンに切り替えた方が安定することもあるだろう。

  • ランデスを駆使して、相手のマナをひたすら空にして、安全に勝利する方法もある。

青黒緑デッキの変遷 [編集]

勝舞編時代では【青黒緑コントロール】【シノビドルゲーザ】【サイバー・G・ホーガン】などが主流だった。【ラムダビート】超次元呪文《解体人形ジェニー》を搭載するためにこの色で組まれることもあった。

しかし、覚醒編エピソード1期頃にはカードプールの増加によって少ない文明でも多様な動きが取れるようになり、【青黒ハンデス超次元】【黒緑超次元】など、青黒黒緑デッキに押され気味になっている。

革命編環境では【超次元デッドゾーン】のようなメタ格に進出したタイプのデッキも見られるが、革命ファイナル環境以降では《タイム3 シド》などの強力な呪文メタによって環境落ちしたり、《テック団の波壊Go!》《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》の獲得によって再び環境に戻ったりしている。

ジョー編では、【青黒緑シャコガイル】【青黒緑デッドダムド】などが登場し、環境に大きなインパクトを残した色になった。

青黒緑のカード [編集]

勝太編までは、主にコンボに使える《偽りの名 スネーク》くらいしか活躍が見込めるカードがなかった。
ジョー編からは、汎用性の高さがウリの《天災 デドダム》《Disジルコン》カードパワーが高い《SSS級天災 デッドダムド》《偽槍縫合 ヴィルジャベリン》が登場。

王来篇では敵対色で構成されるディスペクターのうち、「縫合」の名称を持つカードがこの色を担当しており、能力の傾向としては手札山札に関する能力が多い。

【5色コントロール】では、《フェアリー・シャワー》《ドンドン水撒くナウ》《怒流牙 サイゾウミスト》と文明がダブることが多く、それらとマナ基盤の補完をしにくいのが難点。そのため、《フェアリー・シャワー》からを奪える《天災 デドダム》以外が投入されることはほとんどない。

その他 [編集]

  • この色に関して、DMのカードを語源とする俗称はなく、MTGのカード《アナボルバー》を語源とする「アナカラー」が現在は主につかわれている。「アナカラー」という俗称の他には、《狩るものヴォラシュ》を語源とする「ヴォラシュ(カラー)」、タルキール次元の1色とその敵対2色の組み合わせからなる氏族の一つ、「スゥルタイ群」を語源とする「スゥルタイ(カラー)」などの俗称が存在する。
    • 《天災 デドダム》が登場して以降は、そちらが非常に強力かつ使用率の高いカードであることから「デドダムカラー」とも呼ばれるようになった。

参考 [編集]