那由多(ナユタ) アストロ(チュウ)ノ》 [編集]

那由多 アストロ宙ノ VR 水/闇文明 (4)
クリーチャー:マフィ・ギャング/チーム零 5000
<ムゲンクライム>2(自分のクリーチャーを2体タップし、[水/闇(2)]支払って、このクリーチャーを自分の手札または墓地から召喚してもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、次の自分のターンのはじめまで、自分のクリーチャーすべてに「スレイヤー」を与える。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のタップしているクリーチャー1体につき、カードを1枚引く。その後、こうして引いたカード1枚につき、自分の手札を1枚捨てる。

DMRP-15で登場した/マフィ・ギャング/チーム零

ムゲンクライム2とムゲンクライムとシナジーを形成する2つのcipを持つ。

1つ目のcipは自軍全員にスレイヤー付与する能力。
相手のターンにも持続していることから、主にムゲンクライムタップしたクリーチャーへの殴り返しを牽制できる。

2つ目のcipは、タップ状態のクリーチャー数だけ手札交換を行う。
ムゲンクライムを使用した場合、最低でも2枚は交換でき、墓地からのムゲンクライムにも備えられる。

このクリーチャー自身、パワーも高めなのでムゲンクライムタップ状態になっても殴り返しに強い。

  • 「那由多」とは「10の60乗」という漢数字。

アニメでの活躍 [編集]

『デュエル・マスターズ キング』19話にてゼーロJr.スマイル王子戦で使用。
ムゲンクライムクリーチャータップしつつ召喚され、cip手札交換に繋げている。
cipムゲンクライム持ちの《罪無 ミズゲム垓》《罪無 バドミン垓》墓地に送っていた。
スレイヤー付与については相手が殴り返しをしなかったため、特に描写されなかった。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分は《那由多 アストロ宙ノ》をバトルゾーンに出した後で、さらに別のクリーチャーをバトルゾーンに出しました。《那由多 アストロ宙ノ》の能力により、そのクリーチャーにも「スレイヤー」は与えられますか?
A.いいえ、能力が発動したあとでバトルゾーンに出たクリーチャーには「スレイヤー」を与えられません。
引用元