【青黒緑オービーメイカー】 [編集]

《天災 デドダム》《Disジルコン》《キユリのASMラジオ》で呼び出し、《十番龍 オービーメイカー Par100》《∞龍 ゲンムエンペラー》を早期に召喚するデッキ。【青黒緑ゲンムエンペラー】の派生デッキとも言える。

主要カード [編集]

候補カード [編集]

《応援妖精エール/「みんな一緒に応援してね!」》2マナ回復により実質0マナのウィニー/
スノーフェアリーシナジーを活かせる火力防御札
《原始 サンナップ》マナ武装で実質0マナ
《とこしえの超人》最軽量。手札以外からの展開メタ。G・ストライクで受け札にも
《ベイB セガーレ》1回使い切りのコスト踏み倒しメタだが、マナブーストまで付いている1コスト。革命チェンジには永続的に効果が働く
《若き大長老 アプル》相手がマナゾーンから出すことや唱えることをロック
《極楽鳥》単純にマナブースト付きムゲンクライム元として
《ベイB セガーレ》コスト踏み倒しメタ
《桜風妖精ステップル》1マナブーストクリーチャーが残る2コスト初動
《ダンディ・ナスオ》2コストにして山札全体から1枚墓地肥やし
《陰陽の舞》0コストムゲンクライム元。
《Disジルコン》を自己ランデスすれば墓地召喚できて無駄がない
《環嵐!ホールインワン・ヘラクレス》cipプレイヤー1人を選んで墓地リセット
自身のターン中にクリーチャーを1体マナ召喚できる常在型能力
アタックトリガーで相手クリーチャー1体を
マナ送りしつつ最大2マナブーストといった能力を持つACE
《S級原始 サンマッド》サブフィニッシャー
《Disメイデン》1ドロー後手札を1枚マナへ置ける初動兼ブロッカー。多色アンタップインで色事故を徹底的に防止
《ボン・キゴマイム/♪やせ蛙 ラッキーナンバー ここにあり》速攻メタ/数字選択で相手クリーチャーにプリン効果
《飛翔龍 5000VT》場のクリーチャーの数だけ軽減されるジャストダイバーT・ブレイカー
cipで相手のパワー5000以下を全てバウンス出せないロックをかける

このデッキの回し方 [編集]

ベースとなった【青黒緑ゲンムエンペラー】と動きの原理はほぼ同じ。序盤はメタクリーチャー《極楽鳥》を出し、《キユリのASMラジオ》リソース確保が可能なウィニーを呼び出していく。そちらと違うのは、自然のクリーチャーを並べていくことで《十番龍 オービーメイカー Par100》に繋げる動きをメインに取る点。《ASMラジオ》からの《応援妖精エール》マナ回復し、うまくリソースを稼げれば3〜4ターンで《オービーメイカー》が着地する。後は《∞龍 ゲンムエンペラー》や各種メタで相手を牽制しつつ、打点を並べてフィニッシュする。

長所 [編集]

【緑単オービーメイカー】と比較すると、ドローが加わった事で手札リソースが入手しやすくなったのが利点。《∞龍 ゲンムエンペラー》《Disジルコン》のように墓地から召喚できるカードもあり、息切れしにくい。
また、《ゲンムエンペラー》の存在により、相手の小型S・トリガーを完全にシャットアウトすることができる。自分のクリーチャーの能力も使えなくはなるが、《ベイB セガーレ》《桜風妖精ステップル》のデメリットを打ち消せるなど利点も少なくない。
回り方次第では3ターン目に《オービーメイカー》か《ゲンムエンペラー》、あるいはその両方が着地する。そうなれば多くのデッキが機能停止に追い込まれてしまう。

短所 [編集]

ベースの2デッキとも共通するが、ウィニーが多いので火力パワー低下に弱い。特に、《九番目の旧王》などで焼かれるラインのクリーチャーは【緑単オービーメイカー】と比べても多くなりがち。全体的にコストも低いため、《烈火大聖 ソンクン》のようなコスト火力にも弱い。
また、《∞龍 ゲンムエンペラー》はこのデッキの核であると同時に最大の弱点にもなる。というのも、このデッキは《十番龍 オービーメイカー Par100》着地に特化させている都合上、ウィニーへの依存度は【青黒緑ゲンムエンペラー】よりも高い。受けに関しても、このデッキではブロッカー《「みんな一緒に応援してね!」》《とこしえ》《アプル》G・ストライク、稀に《闇参謀グラン・ギニョール》程度であり、うち前者2つは《ゲンムエンペラー》がいると受けとして機能しなくなる。そのため、プレイングは慎重に行わないとビートダウン相手には過剰打点で攻め切られてしまうことも。

環境において [編集]

DM22-BD1発売前最終週のオリジナル環境に登場。

DMGP2022』成績上位者とDMPランキング2022年下期上位者合計32人を対象とした「DM最強位決定戦」(アドバンス&オリジナル)ではベスト8進出者が使用。予選では使用率2位となる参加者31人中6人が使用。

2023年3月20日の殿堂改訂で《ダンディ・ナスオ》プレミアム殿堂入り。これを召喚できるだけで《陰陽の舞》《∞龍 ゲンムエンペラー》を然るべきゾーンに装填でき、実質1コストの《十番龍 オービーメイカー Par100》のコスト軽減元としても使えたが、この改訂によりマナや墓地を操作しづらくなった

DMGP2023-1st』Day2(オリジナル)では予選通過者128人中9人が使用し、使用率4位タイを記録(同率に【青魔導具】)。ベスト8にも1人残った。

DM23-RP1期最終平日には【青黒緑有象夢造】折衷型も結果を残している。

DM23-SP1期頃には《オービーメイカー》への依存度が高いという弱点を補強すべく《絶望と反魂と滅殺の決断》《CRYMAX ジャオウガ》を投入した型が流行。

超CSV in 新潟』(オリジナル)では予選通過128人5人が使用と、予選実績7位を記録。しかしベスト8進出は逃している。

超CSV in 大阪』(オリジナル)では予選通過128人中2人が使用と予選実績10位タイを記録(このデッキを含めて同率に5デッキ)。

DM23-SD3発売直後には《飛翔龍 5000VT》などを踏み台に《ドマンモ龍樹》フシギバースで呼び出し、連鎖によって一気にハンデスを行う型がオリジナルのチャンピオンシップで3位入賞。

DM23-BD2DM23-BD3発売日のアドバンスでは、《龍月 ドラグ・スザーク/龍・獄・殺》《復活の祈祷師ザビ・ミラ》《勝利の頂上 ヴォルグ・イソレイト6th》群を採用した型がチャンピオンシップを準優勝。

超CSⅥ in福岡』ではベスト128進出者中1人が使用。

参考 [編集]