凶鬼(きょうき)77(ごう) ビムナム》 [編集]

凶鬼77号 ビムナム UC 闇文明 (2)
クリーチャー:マフィ・ギャング/レクスターズ 3000
相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーを出した時、そのクリーチャーを破壊する。
シンカパワー:このクリーチャーが進化する時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーを-2000する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

DMRP-18で登場したマフィ・ギャング/レクスターズ

《マタドール・マルクーゼ》コスト踏み倒しメタ能力をそのままにパワーが2000上がり、シンカパワーでの相手1体へのパワー低下-2000が付いた完全上位互換

強いて悪い点を挙げるとすれば、シンカパワーを発動するとコスト踏み倒しメタとして機能しなくなる点で噛み合っていないこと。
尤も、《大爆龍 ダイナボルト》よろしく、別にシンカパワーを使わずとも便利なカードなら実戦で不利益になることはない。

《撃速 ザ・グナム》のように、進化するまでの相手の踏み倒しを牽制し、相手にメタが刺さりにくいと感じたら進化元にしてしまえば良い。

1枚も進化がないデッキでも場持ちが良くなった《マタドール・マルクーゼ》として採用する価値は十分ある。《マタドール・マルクーゼ》と共に最大8枚体制にするのもありか。

コスト踏み倒しメタとしては数少ないウィニーというのも特徴。もしの入る【速攻】に入れるなら、《ビシャモンス <ハンニバル.Star>》へと2→3と繋げられる。勿論相手がコスト踏み倒しをいつして来るか、どこで進化させてコスト踏み倒しメタ能力を切るべきかという見極めは重要である。

  • フレーバーテキストでは、またフィオナの森が燃やされている。歴史上3回目の焼失という意味ではなく、文字通り3回焼失させられたという意味。
    さらに、3回目に焼かれてから、また8分後に超獣世界の半分を巻き込む大規模爆発に巻き込まれる形で燃やされる。時系列に関しては「石柱」を参照。
  • イラストでは拳銃からビームを放っている。恐らくカード名も「ビーム+マグナム」から来ているのだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]