【赤緑ボルシャック】 [編集]

【連ドラ】の派生形デッキのうち、序盤の《決闘者・チャージャー》による水文明に匹敵するリソース補充と、終盤の《ボルシャック英雄譚》で安定して大量の打点を並べることを重視したデッキ。
コンセプト上、従来の《決闘者・チャージャー》を採用していたデッキより、意識的に《ボルシャック》カードの枚数を多く採用する。
デッキカラーは《ボルシャック・栄光・ルピア》を使うために赤緑となるが、タッチ、あるいはが入ることもある。

ボルシャック・ドラゴン P 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000+
W・ブレイカー
攻撃中、自分の墓地にある火のカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。
決闘者・チャージャー P 火文明 (3)
呪文
自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から、《ボルシャック》と名前にあるカードをすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。
チャージャー
ボルシャック・クロス・NEX SR 火文明 (9)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 12000+
スピードアタッカー
パワーアタッカー+5000
T・ブレイカー
すべてのプレイヤーは、コスト4以下のクリーチャーを召喚できない。
ボルシャック英雄譚 SR 火文明 (8)
呪文
自分の山札の上から6枚を見る。その中から、《ボルシャック》と名前にあるドラゴンを好きな数、バトルゾーンに出してもよい。残りを好きな順序で、山札の一番下に置く。
ボルシャック・栄光・ルピア P 火/自然文明 (3)
クリーチャー:ファイアー・バード/アーマード・ドラゴン 4000
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から1枚目をタップしてマナゾーンに置く。それがドラゴンなら、自分の山札の上からさらにもう1枚、タップしてマナゾーンに置く。

主要カード [編集]

《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》最大3枚の手札補充を行いつつ1マナブースト
《ボルシャック・クロス・NEX/ボルシャック英雄譚》呪文側で大量の《ボルシャック》を並べ、クリーチャー側は《終末の時計 ザ・クロック》などを召喚させないようにできる
《ボルシャック・栄光・ルピア》カード名でもマナブースト性能でも優れるキーカード
《メンデルスゾーン》2ターン目のマナブーストカード
《ボルシャック・決闘・ドラゴン》相手1体をマナ送りにしつつ、マナゾーンの《ボルシャック》を出せる[1] 自身を出せば連鎖もできる

候補カード [編集]

《ボルシャック》と名前にあるカード
《ネオ・ボルシャック・ドラゴン/ボルシャックゾーン》2ターン目初動の増量枠
《ボルシャック・モモキングNEX》毎ターンドラゴンを展開していける
《ボルシャックライシス・NEX》味方が攻撃する度にドラゴンが増殖する 全体スピードアタッカーに加え自身はワールド・ブレイカーなのでエンド性能は高い
《龍騎旋竜ボルシャック・バルガ》ブロッカー除去で露払いしつつ、手札以外から出すことに反応するコスト踏み倒しメタをすり抜ける
《ボルシャック・スーパーヒーロー/超英雄タイム》コスト踏み倒しメタ対策
《超竜キング・ボルシャック》出てすぐ攻撃できるボルシャック 《栄光ルピア》から繋げば最速3ターンで出せる
《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》3ターン目の《モモキングRX》から進化して《ボルシャック英雄譚》にアクセスし、速攻相手に速度負けしないようにするプランもある
《ボルシャック・サイバーエクス》2種類の除去が使える革命チェンジボルシャックだが青を含む多色カードというのが玉に瑕
それ以外
《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》ドラゴンとして扱えるマナブースト兼墓地利用メタ 自然文明なので《ボルドギ》を重ねられない点には注意
《王来英雄 モモキングRX》《モモキングNEX》や《ボルドギ》に即進化できる自然のマナ基盤
《地封龍 ギャイア》クリーチャーによるカウンターを封じる
《古代楽園モアイランド》呪文によるカウンターを封じるが、火のクリーチャーでもドラゴンでもない
《凰翔竜機ワルキューレ・ルピア》並べたボルシャックを全てブロッカー化。《栄光ルピア》から革命チェンジ可能な他、《ボルシャック・NEX》でも呼び出せる
《超竜バジュラ》《モモキングRX》と併用したい一枚 早期に出せればゲームセット
《超戦龍覇 モルト NEXT》純粋なパワーカード 喚コストを2軽減
《スクランブル・チェンジ》火のドラゴンの召喚コストを2軽減しスピードアタッカー付与

防御札 [編集]

《ボルシャック・ドギラゴン》ボルシャックの数少ない防御札 構築によっては不純物が多く頼りにならない事も
《ボルシャック・バトクロス》防御札 パンプアップの性質上場合によっては腐るが、場に残れる
《ボルシャック・大和・ドラゴン/大和ザンゲキ剣》打点補強/条件付で置換効果火力
《ボルシャック・NEX/スーパー・スパーク》そのターンを凌ぐためのS・トリガー。クリーチャー側も《栄光ルピア》を山札から引きずり出してブーストできる

動かし方 [編集]

序盤は《ボルシャック・栄光・ルピア》などでマナブースト。手札は《決闘者・チャージャー》で補充しながらマナも増やせる。
マナが伸びたら《ボルシャック英雄譚》《ボルシャック・モモキングNEX》ボルシャックを並べながら攻める。
「2ターン目に《メンデルスゾーン》、3ターン目に《決闘者・チャージャー》でパーツを集めつつ《ボルシャック・栄光・ルピア》」の最速パターンを決めれば、4ターン目には9マナに達する。勿論、《決闘者・チャージャー》のおかげで「マナを増やしたはいいが息切れで後がない」という状況も回避できる。
普通に横並びさせれば打点が過剰になるため、殴り返しクリーチャーを使う余裕も生まれる。

高速で伸びるマナを活かして《地封龍 ギャイア》《古代楽園モアイランド》カウンター封じに使うという構築もある。
防御札に《ボルシャック・NEX/スーパー・スパーク》を積む場合は《偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌》《アルカディアス・モモキング》も対カウンター要員の候補として挙がる。

長所 [編集]

豊富な初動と《決闘者・チャージャー》の補充でマナをかなり伸ばしやすい。それこそ、4ターン目に《地封龍 ギャイア》をポン置きするほどマナが貯まるというのもざら。

《決闘者・チャージャー》の連打で大量の手札を手にすることができるため、多少のハンデスに屈することは無い。

懸念となるコスト踏み倒しメタも豊富なマナを使って《ボルシャック・決闘・ドラゴン》で沈めたり、余ったマナでついでのように《超英雄タイム》でどかすなど、動きの邪魔になる事なく対処可能。
起動はそれなりに早い上に一度起動すれば【連ドラ】的に大量のドラゴンが並ぶため、爆発力は既存の【連ドラ】に引けを取らない。

《ボルシャック英雄譚》さえ唱えれば殴り返ししつつワンショットを行う頭数を用意できる。

《王来英雄 モモキングRX》から《ボルシャック・モモキングNEX》にアクセスするプランの場合、多少の運は絡むが3ターンキルも現実的に達成しやすい。相手の盤面次第では《王来英雄 モモキングRX》から《ボルシャック・ドギラゴン》進化し、アタックトリガーによる効果バトルシンカパワーによるアンタップで、同様に3ターン目にワンショットも狙うことができる。

《決闘者・チャージャー》のおかげで、革命0トリガーのタイミングが来るまでの間に《ボルシャック・ドギラゴン》を3枚程度抱え込むことはざら。生半可な速攻は沈黙させることができる上に、《ボルシャック・ドギラゴン》自体が1体あたり3打点なので、攻撃を凌ぎ切った後のワンショット打点には困りづらい。

短所 [編集]

防御力はあまり高くない。
また、爆発力と除去による直線的な攻めの性能は高いもののトリッキーな動きはできない。
過剰打点を並べる事は容易だがカウンター封じは《地封龍 ギャイア》《古代楽園モアイランド》などの出張パーツを考慮しなければ《ボルシャック・クロス・NEX》しかないのでS・トリガーには弱く、除去以外の方法での相手の妨害は難しい。
ボルシャックS・トリガー呪文等の防御札どちらも単色が多くなりがちなデッキ性質、更に《ボルシャック・ドギラゴン》で踏みつぶせない高パワーであることから、《聖魔連結王 ドルファディロム》が非常に重い。[2]一応《ボルシャック・決闘・ドラゴン》で対処する事は出来る。

《ボルシャック・ドギラゴン》は折角の防御獣だが逆転の一手となり得るcip持ちが《ボルシャック・スーパーヒーロー》《ボルシャック・決闘・ドラゴン》位しか居らず、期待値があまり高くないのも痛手。逆に、これらが当たった場合の逆転力には目を見張る物はある。

10マナを優に越える大量ブーストや《ボルシャック英雄譚》による最大6枚の捲りと《モモキングNEX》などによる更なる捲りにより山札消費が激しく、長引くとライブラリアウトの危険がある。

《マインド・リセット》などで初動の1つである《決闘者・チャージャー》を引き抜かれると割と簡単に息切れする。メインデッキの4割程度がツインパクトである構築が一般的なので、《拷問ロスト・マインド》による被害も中々大きい。

相手が《ボルシャック・ドギラゴン》ケアのためにシールド0枚のところで攻撃を止めてから次のターンに総攻撃を仕掛ける場合、頭数次第では耐えられるかどうかが革命0トリガーの下敷きによりけりとなる。

展開力とマナブーストに長ける事が仇となり、《天使と悪魔の墳墓》には弱くなっている。相手がランデス除去を欲張って撃ち惜しみしているところに合わせて見切り発車するしかないだろう。

主要な打点要員が文明を含むため、《調和と繁栄の罠》で繰り返し「火」を宣言されるのもキツイ。そうならないためには《古代楽園モアイランド》タッチすることも考慮されるが、そちらはドラゴンでもでもないため不純物になってしまう恐れがあり、構築・プレイングに工夫が必要である。

変遷 [編集]

雛形となったのは、《ボルシャック・クロス・NEX/ボルシャック英雄譚》の呪文側に着目した【ボルシャック・NEX】
序盤は全力でマナブーストしてコスト8の呪文を唱えるという動きはここで確立されていたが、到達までの遅さとコスト踏み倒しメタで簡単に止まってしまう問題があった。
また、【モルト NEXT】などでも連続してドラゴンを出せる(ボルシャック以外も出せる)ので優位性に乏しかった。

王来篇第1弾では、《王来英雄 モモキングRX》《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》で、最速3ターン目に《ボルシャック英雄譚》をコストを支払わずに唱える型も開拓された。

そして、DMBD-16でフィーチャリングされると、優秀なボルシャックが増えたことで一気に環境レベルのデッキへと成長を遂げる。
特に《決闘者・チャージャー》の手札補充能力は眼を見張る程高くなり、《メンデルスゾーン》《ボルシャック・栄光・ルピア》といった優秀なマナ加速カードを連打しながらもほとんど息切れせずに戦えるのは従来の【連ドラ】系のデッキにはなかった大きな強み。
新たなエースカードである《ボルシャック・決闘・ドラゴン》は初動のカード群でマナ送りになったボルシャックを引っ張り出すことができるので非常に無駄が無く、そしてかねてからの弱点であったコスト踏み倒しメタ《超英雄タイム》などである程度克服しており、デッキ全体の動かしやすさに大きく貢献した。

それらのカード群により非常にスピーディーなマナ加速手段と高い継戦能力を獲得するに至り、チャンピオンシップでも上位入賞が報告されるなど確かな実力を持つ強力なデッキへと進化した。
《ボルシャック・クロス・NEX》DMBD-16DMBD-17期に爆増した【ゼロ・ルピアループ】に、《龍騎旋竜ボルシャック・バルガ》ブロッカー破壊【ドギラゴン閃】【鬼羅.Star】【白青赤天門】などに刺さるといったように、搭載するカードそれぞれが環境に多く存在するデッキへの対応策になるというのも大きな理由にある。王来篇環境アドバンスオリジナルを問わずコントロールしながら少しずつ盤面を並べるデッキも少なくないため、大量展開したクリーチャーを活かして《ボルシャック・NEX/スーパー・スパーク》を絡めてのタップキルをしつつ雑にワンショットするだけでも強力。

【5色コントロール】防御S・トリガーの殆どが単体除去で、後はニンジャ・ストライク《界王類邪龍目 ザ=デッドブラッキオ》《天命龍装 ホーリーエンド》によるオールタップでカウンターする程度なものなので、案外過剰打点で早期に押すだけで何とかなるものである。《天命龍装 ホーリーエンド》に関しては、手札墓地コスト踏み倒し先として抱えておかなければならないことから、案外成立しないことが多い。

大量のマナを《「覇道」の頂 シュラ・ベートーベン》リソース化しつつさらにマナブーストを加速し、《勝利宣言 鬼丸「覇」》マナゾーンに落としてそちらにアクセスする型も結果を残した。

DMRP-19期には大量マナブーストドラゴンメインデッキを固めることを活かして《超竜バジュラズテラ》を採用したリモートデュエマチャンピオンシップ準優勝を果たした。

アドバンスでは【モルト NEXT】折衷型…というよりデッキの基盤を維持しつつ《超戦龍覇 モルト NEXT》を出張させた型も上位入賞している。

DMEX-17期になると、直線的な攻めが売りのデッキとしては同じくリソース確保に長けた【我我我ブランド】の後塵を拝すようになり、アドバンス・オリジナルを問わず入賞がまばらになった。

DMEX-18《ボルシャック・秘伝・ドラゴン》を獲得。DMEX-18発売直後のオリジナルチャンピオンシップでそちらを入れた型が4位入賞。

王来MAXに入ると【JO退化】【我我我ブランド】への対策となるG・ストライクや単体除去S・トリガーが環境に増えたため、物量系のデッキとしてまた上位入賞が散見されるなど健闘を見せるようになった。DMRP-22期に【青黒緑ハンデス】が流行すると、その物量でハンデスに対して強気に出られることから相対数を伸ばした。

超CSIV 福岡』では遂に大型大会での優勝を果たした。直近では主流でなくなりつつあったボルシャック31枚投入の純正型であった。優勝者本人は大会直前に【5色ガイアハザード退化】など環境の仮想敵として友人が持っていたこのデッキを選び、そちらが強かったことから持ち主本人にデッキを貸すように頼み、借りたら偶々優勝してしまったという。

『超CSIV 福岡』に前後し、ボルシャック比率をメインデッキの半分近くまで落として《ブランド <NEXT.Star>》に寄せた【赤緑モモキングRX】と呼ばれる型の入賞がオリジナルでポツポツ見られるようになった。

【白赤緑ボルシャック】 [編集]

【赤緑ボルシャック】に《龍仙ロマネスク》ら光文明の入ったカードを入れたアーキタイプ。
光マナを捻出できるため強力なロックカードも問題なく入れられる。

候補カード [編集]

《龍仙ロマネスク》cipで4枚ものカードをマナゾーンに置けるドラゴン
《凰翔竜機バルキリー・ルピア》cipで山札からドラゴンサーチ
《偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌》光単色だが呪文を封殺できるドラゴン。呪文側も《クロス・NEX》や《決闘・ドラゴン》等のフィニッシャーがサーチ可能で何気に強力
《アルカディアス・モモキング》光の呪文は止まらないが《ナンバーナイン》より早く出せる。火文明を含むので《ボルシャック・モモキングNEX》でも登場可能
《切札勝舞&ボルメテウス -決闘の物語-》実質全シールドがS・トリガー化し、攻撃時に暴発できる
《時の法皇 ミラダンテXII》コスト7以下のクリーチャーの召喚を禁じるロッククリーチャー
《百族の長 プチョヘンザ》自身のマナ数以下のコストを持つクリーチャーをタップイン

特徴 [編集]

初動は【赤緑ボルシャック】と変わりない。ブースト力によりマナ基盤は勝手に整うため、光マナになるからと焦ってキーカードをマナ置きする必要はない。
中盤は《凰翔竜機バルキリー・ルピア》で目的に合わせた各種ドラゴンをサーチする。《時の法皇 ミラダンテXII》ファイナル革命持ちクリーチャーを補充するなり《地封龍 ギャイア》らを豊富なマナから召喚するなり自由に動ける。
《決闘者・チャージャー》による手札補充の効率が下がることは懸念点。

【青赤緑熱血ボルシャック】 [編集]

【赤緑ボルシャック】に青赤を含むカードパワーの高いドラゴンをタッチした型。

特徴 [編集]

初動は【赤緑ボルシャック】と変わりないが、とにかく5マナ貯まったら最優先で《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》を召喚。それもそのはず、《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》を使いたいがために青赤緑構築に仕上げたデッキだからである。
そのため青を加えたにもかかわらずドローソースがほとんど変わらない点が特徴。

その他 [編集]

参考 [編集]


[1] ただし出せるのは自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つドラゴンのみ
[2] 同じ原初の切り札リメイクに弱いのは皮肉な話である。