《ブランド <NEXT(ネクスト).Star(スター)>》 [編集]

ブランド <NEXT.Star> VR 火文明 (7)
スター進化クリーチャー:ビートジョッキー/ガイアール・コマンド・ドラゴン/ドラグナー/レクスターズ 9000
B・A・D2(このクリーチャーの召喚コストを2少なくしてもよい。そうしたら、このターンの終わりにこのクリーチャーを破壊する)
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。その後、自分のマナゾーンに火のドラゴンが5体以上あれば、カードを1枚引いてもよい。そうしたら、自分の手札からドラゴンを1体出してもよい。
このカードが離れた時、その下にあったクリーチャーをアンタップする。

DMEX-19で登場したスター進化ビートジョッキー/ガイアール・コマンド・ドラゴン/ドラグナー/レクスターズ

B・A・D2を持ち、アタックトリガー火力6000を放ちつつ、疑似龍マナ武装5を満たせば手札からドラゴンを1体コスト踏み倒しできる。
さらに離れた時に下にあったクリーチャーアンタップできる能力を持つ。

《王来英雄 モモキングRX》を経由することで最短3ターン目に登場することができ、さらに離れた時に進化元をアンタップできるため、自己完結できてはいる。
アタックトリガーは、《洗脳センノー》《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》といったコスト踏み倒しメタを焼き払いながら、コスト踏み倒しを行え非常に強力。
疑似龍マナ武装5の関係上、【連ドラ】でないと厳しいが、《龍騎旋竜ボルシャック・バルガ》と同様、カードを引いた上で手札から踏み倒すことができる。

コスト踏み倒し先としては疑似龍マナ武装5の関係上、火のドラゴンが望ましく、この中で制圧力が高いのは《ニコル・ボーラス》《超竜バジュラズテラ》《龍世界 ドラゴ大王》辺りか。
もちろん、ある程度事故を許容して、《地封龍 ギャイア》などその他の色のドラゴンを踏み倒すのも良い。最短3ターン目にこのようなクリーチャーで相手に蓋ができるのはあまりにも強力。

また、離れた時には進化元となったクリーチャーをアンタップできるが、あくまで殴り返しを受けなくするための措置と思ってもいい。
B・A・Dを使って進化したのであれば、自動で発動する形となる。

進化元には《王来英雄 モモキングRX》《ボルシャック・栄光・ルピア》がよいだろう。
《王来英雄 モモキングRX》《メンデルスゾーン》が成功すれば最短3ターン召喚でき、cipでそのまま進化できる。
《ボルシャック・栄光・ルピア》は3コスト召喚できてcipマナブーストが行えるため次のターンにそのまま進化元になれる。事前にマナブーストが行われていればB・A・D2を使わずに進化も可能。
逆に言えば、それら2体ぐらいしか優れた進化元がいない為、構築が絞られるのが難点とも言える。
上記以外だと、サーチのできる《モモキング -始丸-》か、時間稼ぎのできる《モモキング -旅丸-》《ベイビー「刃鬼」》などが候補になるか。

進化クリーチャーである為、《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガーの失敗率が上がってしまう点には注意。

  • このクリーチャーは登場直前の時点で下火になった【モルト NEXT】へのテコ入れとして登場が決まったものと見られる。また、速度重視というよりリソース重視の【赤緑ボルシャック】基盤や青赤緑基盤が主流になっていた【モルト NEXT】に新機軸をもたらす意図もうかがえる。

ルール [編集]

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考タグ [編集]