《ボルシャック・栄光(えいこう)・ルピア》 [編集]

ボルシャック・栄光・ルピア P(C) 火/自然文明 (3)
クリーチャー:ファイアー・バード/アーマード・ドラゴン 4000
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から1枚目をタップしてマナゾーンに置く。それがドラゴンなら、自分の山札の上からさらにもう1枚、タップしてマナゾーンに置く。

DMBD-16で登場した/自然ファイアー・バード/アーマード・ドラゴン

コスト3で自然単色呪文の《龍の呼び声》と同じ効果を、コスト3でパワー4000の火/自然多色クリーチャーが内蔵している。
これだけでもかなりコストパフォーマンスは良好だが、このカードのバリューはそんなものではない。

このクリーチャーの恐ろしさは、コスト3でありながら、種族にドラゴン名称カテゴリボルシャックルピアを含んでいること。《界王類七動目 ジュランネル》《黒神龍クランキーヴィーン》のような癖のあるものを除けば、ドラゴンでコスト3は最軽量である。名前にボルシャックを持つドラゴンとしての最低コストも更新された。
3ターン目に召喚してそのまま《超竜キング・ボルシャック》G・ゼロで進化して革命チェンジし、次のターンに再度召喚してマナブーストをする荒業も可能。かつてDMRP-05期に《蒼き団長 ドギラゴン剣》から《龍仙ロマネスク》を呼び出してマナブーストで後続に繋げる型の【モルト NEXT】が流行していたため、ロマンでも何でもなく実用性はあると言える。そのままでも召喚酔いさえ解ければドラゴン指定でコストを問わない革命チェンジの種になる。実戦を考えると《ボルシャック・サイバーエクス》あたりに革命チェンジするのが妥当か。

また2ブーストできればマナカーブで綺麗に繋がる《ボルシャック・NEX》リクルート対象でもある。ついでに自身がアーマード・ドラゴンである為、《バルケリオス・ドラゴン》G・ゼロも発動できる。

このカード自身がドラゴンということもあって、このカードの1回目のマナブーストでこのカードが落ちてももう1マナブーストできるのは《メンデルスゾーン》《龍の呼び声》に無かった利点。
《ネオ・ボルシャック・ドラゴン/ボルシャックゾーン》と同じく、《メンデルスゾーン》《ボルシャック・ドギラゴン》などの邪魔にならないカードとして使える。
《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》が入る【モルト NEXT】に、《龍の呼び声》に替わってすんなり入るだろう。

最悪1マナブーストしかできずとも、種族、名称カテゴリを生かせればコストに見合った以上の戦果も期待できるため、ドラゴンの比率が少なめのデッキに入れてもいいだろう。
《運命の選択》を使ってでも出しておく価値がある。

初動マナブースト《ネオ・ボルシャック・ドラゴン/ボルシャックゾーン》、このカード、《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》の12枚体制とした、十分なデッキパワーを持ったドラゴン40枚統一の【モルト NEXT】が構築できるようになったとも言える。

【5色ジャックポット・エントリー】では、《フェアリー・ミラクル》とほぼ同じような使い方ができる上にクリーチャーが残り、マナゾーンに置くと《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》で見る範囲を広げられるため、《フェアリー・ミラクル》をこのカードの5枚目以降の立場に追いやるほどの新戦力として期待できる。

環境において [編集]

登場早々【赤緑ボルシャック】のパーツとして環境に進出。素出しや不正メタ避けに重きを置いた型の【青赤緑ドギラゴン閃】やその派生の【ターボギャイア】でも結果を残している。

《超戦龍覇 モルト NEXT》が出張したアドバンス【赤緑ボルシャック】では、《爆熱天守 バトライ閣》のコスト踏み倒し効果を試行できるドラゴンということで、龍解剤という側面がある。
《超竜キング・ボルシャック》G・ゼロで進化可能な点を見出され、【超神羅星アポロヌス・ドラゲリオン】でも活躍。

その他 [編集]

  • カード名の「栄光」は、類似した能力を持つ《エコ・アイニー》が由来(エコ→栄光)だとデュエチューブで暗に示されている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMBD-16
    ボルシャック、そしてその拳の理念を受けつぐ者たちの決闘。闘いの中で相手を知り、共に闘えたことを誇り合うその歴史は、英雄たちの栄光として語り継がれている。
  • DMEX-18
    モモキングが勝利したことで、ボルシャックの拳にまた新たな闘いの(???)れた。
    そして、新たな闘いがすぐ始まる。

収録セット [編集]

参考 [編集]