ゴッド・オブ・アビス [編集]

デュエル・マスターズ22番目のシリーズ。
ブロックマークは「GoA」(=God of Abyss)。

5年半続いた「ジョー編」が終わりをつげ、斬札 ウィンを新たな主人公として迎える最初のシリーズ。
太古から蘇った5文明以前の超獣世界の支配者、アビスロイヤルがフィーチャーされている。

このセットに当てはまる通常のエキスパンション

特徴として、長いデュエマの歴史の中で主人公サイドで初めて闇文明が主役になるシリーズである。これまでにも《雷獣ヴォルグ・ティーガー》《禁断英雄 モモキングダムX》のようにや闇が入った混色のクリーチャーが使われたり切り札になった事はあったが、主役の文明及びメイン切り札になるのはこのシリーズが初めてである。

一方「新章」とは異なり、タマシードが続投されクリーチャーと両方の性質を持つタマシード/クリーチャーシビルカウントなどタマシードを参照する効果の登場、ドラゴン種族の続投などエピソード1のようにギミック系は王来MAXの延長線上のような形になっている。

マスターカード系統に代わる最高レアリティオーバーレア」がこのエキスパンションシリーズより登場。

  • 主人公が交代されたが、カードの枠デザインは新章デュエル・マスターズのものを引き継いでいる。これまでは主人公交代と同時に枠デザインも変更されていた。
  • 双極篇以降のカード高騰の対策のためスーパーレア以上のレアリティを持つカードの封入率が改善され、1箱3枚から4枚に増え改善された。またDM22-SP1で確実に主人公のオーバーレアを獲得できるなどアニメや漫画から入った新規層に始めやすいようになっている。
  • 例年だとデュエル・マスターズのエキスパンションシリーズは3月末〜6月の春先に新シリーズが始まりがちだったが、当エキスパンションでは9月の秋スタートという大規模な変更が行われた。この変更は他TCGと新シリーズ開始を避けるためだけでなく、タカラトミーの他玩具シリーズとの開始と重なり食い潰し合いを避ける[1]及びタカラトミー内での負担軽減の事情があると思われる。
  • タカラトミーのアジア方面の海外輸出事業の強化のため、アジア方面の海外展開が決定した。
    • 言語は日本語だが、他の海外展開をしているTCGでも日本版のまま海外へ販売しているメーカーもあり、何分デュエマに限ったことではない。

参考 [編集]

  • ゴッド・オブ・アビス環境?
  • ゴッド・オブ・アビス背景ストーリー?


[1] 革命F期以降ベイブレードやシンカリオンやゾイドなどのロボ物、マジカパーティなどの新規系とスタート時期が3~4作重なる事が続いていた