《ボルシャック・スーパーヒーロー》 [編集]

ボルシャック・スーパーヒーロー R 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ハンター 6000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、パワー3000以下のサイキックではないクリーチャーをすべて破壊する。その後、パワー5000以下のサイキック・クリーチャーをすべて破壊する。
W・ブレイカー

DMR-02で登場したアーマード・ドラゴン/ハンター。新たなボルシャック
cip《ミリオン・スピア》のような全体火力除去を放つ。

お互いの非サイキックパワー3000以下のウィニーを全滅させるため、【速攻】や小型ブロッカーを使うデッキメタになる。小型に囲まれた場面では逆転にきっかけとして重宝されるだろう。

また、お互いのパワー5000以下のサイキック・クリーチャーも全て破壊する。厄介なサイキック・クリーチャーの代表格である《巨人の覚醒者セツダン》《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》除去できるのは非常に強い。

ただ、この能力は自分も対象である点に注意。
ドラゴンサポート種族であるファイアー・バードの多くはパワーが低いため、それらを主軸とするデッキは相性が悪い。

全体除去の範囲はなかなか広いため、入りの【除去コントロール】では何枚か積むのを検討できるだろう。デッキビルディングはある程度縛られるが、非常に強力な除去能力を持つドラゴンである、
ボルシャックであるためG・ゼロで即《超竜キング・ボルシャック》に進化できるため《超竜キング・ボルシャック》のデッキでもなかなか活躍してくれるだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ボルシャック・スーパーヒーロー VR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ハンター 6000
バトルゾーンに出た時、パワー3000以下のサイキックではないクリーチャーをすべて破壊する。その後、パワー6000以下のサイキック・クリーチャーをすべて破壊する。
W・ブレイカー

DMPP-18で実装。レアリティベリーレアになった。

サイキック・クリーチャーに対しての火力が6000以下に上がった。W・ブレイカー級にとどいた影響は非常に大きく、《勝利のリュウセイ・カイザー》《レッド・ABYTHEN・カイザー》《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》《激天下!シャチホコ・カイザー》など、強力なカードが多数射程に入った。
2回に分けて火力を放つため、先に《予言者ヨーデル・ワイス》を焼いてウルトラ・セイバーを損なわせてから《魂の大番長「四つ牙」》などパワー6000以下サイキックを焼けるのも好ポイント。

  • ただし自分のサイキックも破壊対象であるため、これらとの共存が難しくなったというデメリットでもある。特に便利なシステムクリーチャーである《勝利のリュウセイ・カイザー》や《<BAGOOON・パンツァー>》を巻き込んでしまうのは痛い。
  • このクリーチャーを採用するのであれば必然的に、展開や打点としてサイキックを重要視しない構築が必要となる。NDでは使用できないが【バルガライゾウ】に組み込むのもいいだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]