《ボルシャック・ヒート・ドラゴン/ヒートブレス・チャージャー》 [編集]

ボルシャック・ヒート・ドラゴン UC 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アーマード・ファイアー・バード 6000
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
ヒートブレス・チャージャー UC 火文明 (3)
呪文:アーマード・アーツ
自分の山札の上から1枚を表向きにする。それがアーマードなら手札に加える。そうでなければ山札の下に置く。
チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く)

DM23-SD1で登場したアーマード・ドラゴン/アーマード・ファイアー・バードクリーチャーアーマード・アーツ呪文ツインパクト

クリーチャー面は淡泊なスピードアタッカーW・ブレイカー
積極的に手打ちはしたくないが、メクレイドなどで踏み倒しした際に、スピードアタッカー付与などのサポート無しで2打点になるのは悪くない。

呪文面はデッキトップがアーマードだった場合に手札に加えられるチャージャー
《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》と比較すると手札補充の枚数こそ劣るが、デッキの縛りがボルシャックより緩くて良いのが利点。
また、種族アーマードを持つためアーマードメクレイドでめくれた際に唱える事ができる。

総合的に考えると基本的には呪文面をメインで使い、打点が欲しい際にクリーチャー面を踏み倒すという使い方になる。

似たような用途のカードには先述の《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》があるが、こちらはクリーチャー面がスピードアタッカーを持つためスピードアタッカー付与にデッキスロットを割かなくても良くなるのが強みとなる。
【赤緑ボルシャック】【赤単ボルシャック】では同時採用し、3コストチャージャーを2種8枚体制にするのもよいだろう。

一方、単純な3コストドラゴンチャージャーとしては、どうしても《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》《R.S.F.K./オールイン・チャージャー》に劣る。普通のドラゴン基盤ではただでさえ《メンデルスゾーン》《ボルシャック・栄光・ルピア》の壁が厚く、基本的には数合わせ採用もままならないだろう。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]