《ボルシャック・決闘(デュエル)・ドラゴン》 [編集]

ボルシャック・決闘・ドラゴン P 火/自然文明 (9)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 9000+
スピードアタッカー
パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする。)
このクリーチャーが出た時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。その後、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つ、名前に《ボルシャック》とあるドラゴンを1体、自分のマナゾーンから出してもよい。
このクリーチャーのパワーを、自分の墓地にある火のカード1枚につき+1000する。

DMBD-16で登場した/自然アーマード・ドラゴン

スピードアタッカーパワード・ブレイカー、そしてボルシャックらしい墓地のカード1枚につき1000パンプアップするという嚙み合った能力を持つ。
基礎パワーが9000あるので、3枚墓地に火のカードがあればT・ブレイカー相当になる。
墓地に9枚あればQ・ブレイカー相当になるが、【墓地ソース】ではないデッキなら山札破壊でもされない限りそこまで伸びず、基本はT・ブレイカー相当として扱うことになるだろう。

cipは、相手1体のマナ送りに加え、マナゾーンの枚数以下のコスト持ちという《母なる大地》を思わせる制約の範囲で、種族がドラゴンボルシャックを踏み倒すことができる。ファイアー・バード《ボルシャック・ルピア》は出すことはできない。

《ボルシャックゾーン》《決闘者・チャージャー》《ボルシャック・栄光・ルピア》マナブーストから《ボルシャック英雄譚》を目指すDMBD-16でこそ輝くカードである。
このデッキならマナゾーンの踏み倒し先も豊富で、《栄光・ルピア》の爆発的なマナブーストに支えられ、《決闘・ドラゴン》の効果で《決闘・ドラゴン》を連鎖して出せることも珍しくない。自分が8マナの状態で《ボルシャック英雄譚》から踏み倒した場合、そのままだと《決闘・ドラゴン》を連鎖して出せないが、《栄光・ルピア》(もしくは山札から《栄光・ルピア》を踏み倒せる《ボルシャック・NEX》)を同時に踏み倒せば連鎖可能である。

逆に、DMBD-16発売前の【連ドラ】系レシピだと、相手1体の除去効果は便利でも、マナゾーンから出せるのは《決闘者・チャージャー》使用後の《ボルシャック・ドラゴン》《ボルシャック・ドギラゴン》程度しかなく、踏み倒し前提とはいえコスト9にしてはパワーも低いクリーチャーでしかないといった状況も多々あったことだろう。

《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガー元としても利用価値がある。確定除去の持ち主なので《ボルシャック・ドギラゴン》で捲れて攻撃クリーチャーを選んだ時点でダイレクトアタックを原則1回防げる。《ボルシャック・ドギラゴン》効果バトルと合わせれば2面除去が実現できる。《異端流し オニカマス》が邪魔な時は《ボルシャック・スーパーヒーロー》、返しのターンの殴り返しを強化したいなら《超竜キング・ボルシャック》、といったように状況に応じてマナゾーンから攻撃クリーチャーを捌くボルシャックを呼び出せるのも魅力。ただし、あくまでも自軍のマナゾーン枚数を超えるコストのボルシャックは呼び出せないため、あまりに早い速攻に対しては役に立ちづらい。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]