ボルシャック (TCG) [編集]

カード名に《ボルシャック》を含むカード名称カテゴリ
プロモーション・カード《激竜ガイアール・B》によりクリーチャー専用の名称カテゴリとして定義されたのち、DMEX-04《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》によってそれ以外のカードタイプも対象とするものへと拡大された。

  • この名称カテゴリに属するクリーチャーは《ボルシャック・ルピア》を除いてドラゴンであり、かつその大半が初代《ボルシャック・ドラゴン》と同じアーマード・ドラゴンである。
    • メガ・ドラゴン以外のすべての火のドラゴン種族に少なくとも1体は存在している。
      • 十王篇ではダイナマイト・ドラゴン、ニトロ・ドラゴンには登場しなかった。しかしこれらの種族群は火の種族というよりは彼ら自身の固有種族と言えるものであるため、法則が崩れたと断定できない。
  • 一部の《ボルシャック》は同一人物であることが明示または暗示されている。
    • 《ボルシャック・ドラゴン》と《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》は同一人物であると思われる扱いがされている。一方《超竜ザシャック》《ネオ・ボルシャック・ドラゴン》《ボルシャック・大和・ドラゴン》は初代との関係が明らかにされておらず、特に《ボルシャック・大和・ドラゴン》に関してはアニメ「クロスショック」やDMX-21のフレーバーテキストで基本セットの《ボルシャック・ドラゴン》と別個体らしき存在として扱われている。
    • NEXを含む《ボルシャック・NEX》《ボルシャック・クロス・NEX》は同一人物。《ボルシャック・ギルクロス・NEX》はそのパラレルの存在。《熱血龍 ボルシャック・クロス》は名前が酷似するが関連性は不明。
    • 《ボルシャック・ドギラゴン》は以上とは全く違う出自を持つ。
    • その他の《ボルシャック》のつながりも完全にはわかっていない。
    • デュエチューブの解説によると「火文明ではボルシャックという名が英雄として語り継がれ英雄のみに使うことを許された名前」と明かされている。但し上記のクロスショックなどでは《ボルシャック・ドラゴン》が複数存在しており、《超竜キング・ボルシャック》が「長いボルシャックの歴史の中でキングの名を許された超竜」と記載されるなど一族や同種複数個体が存在する点などから、ボルシャックを名乗ったドラゴンが一族を形成したのか元々別のドラゴンがボルシャックの名を継承する事により似たような姿になるのか不明である。
  • 基本的に切札 勝舞の使用札となることが多い。これは彼が漫画・アニメの主人公ではなくなってからも継続している傾向である。したがってすべての《ボルシャック》はメディア展開上、勝舞を介して関連性を持つと言える(勝太切札のひとつである《ボルシャック・ドギラゴン》も、アニメでは勝舞が彼に渡す描写があった)。
  • 《ボルシャック・ドラゴン》より《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》のほうが当初非デュエマプレイヤーには有名だったこともあったが、現在では上述のような経緯から勝舞といえば《ボルシャック》をイメージする向きがある。
  • 超獣世界では、「ボルシャック渓谷」と呼ばれる領土が存在する。
  • 後にこの《ボルシャック》の名前を冠した《幻竜 ボルシャック》が同じタカラトミーのTCG「WIXOSS」で登場した。姿は初代《ボルシャック・ドラゴン》のイラストをポージングと色使いをそのままに擬人化したものとなっている。フレーバーテキストもそのまま。能力も、初代《ボルシャック》を思わせるパンプアップとなっている。なおWIXOSSというゲームの性質上少女の姿になっている。なおカードイラストはデュエマでも少女型クリーチャーに定評のあるTanru氏が手掛けている。

「ボルシャック」とあるクリーチャー [編集]

「ボルシャック」とある進化クリーチャー [編集]

「ボルシャック」とあるスター進化クリーチャー [編集]

「ボルシャック」とあるサイキック・クリーチャー [編集]

「ボルシャック」とあるドラグハート [編集]

「ボルシャック」とある呪文 [編集]

この名称に関連するカード [編集]

参考 [編集]

ボルシャック (デュエプレ) [編集]

《ボルシャック・ルピア》で参照できる《ボルシャック》とあるカード [編集]

《ボルシャック・ルピア》で参照できない《ボルシャック》とあるカード [編集]

この名称に関連するカード [編集]