九極侵略(きゅうきょくしんりゃく) [編集]

光のコスト9エンジェル・コマンド/侵略者をメインとした重量級デッキ。
コスト軽減や踏み倒しを駆使してコスト9の光コマンドを出していき、最終的に豪快な踏み倒し能力を持つ《極まる侵略 G.O.D.》を出してフィニッシュするデッキ。
ただし進化元はコスト9の光のクリーチャー、侵略元はコスト9の進化の光のクリーチャーと厳しくこの条件をいかにクリアするかが勝利の鍵となる。

極まる侵略 G.O.D. LC 光文明 (9)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/侵略者 15500
進化−自分の光のコスト9のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−光のコスト9の進化クリーチャー
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、光のコスト9のクリーチャーを9体まで、自分の手札またはマナゾーンからバトルゾーンに出す。

侵略の条件を整える必要がある為、コスト9のカードが半分占めることがいたって普通なデッキ。
だがコスト軽減や踏み倒しが行えるカードが多いので意外に簡単に出すことが出来る。
《極まる侵略 G.O.D.》の降臨からのコスト9の光クリーチャーを最大9体という81コスト分の豪快な踏み倒しは決まると爽快。踏み倒しが好きなプレイヤーにオススメできるデッキである。

切り札の《極まる侵略 G.O.D.》1BOXに必ず1枚のレジェンドカードであることを含め、専用カードが多い為デッキとしても安価で組みやすい。

初登場から定期的に強化パーツを手に入れている為、じわじわと実力をあげている。
現在では白緑構築が一般的。

強化の歴史 [編集]

主な九極の侵略者 [編集]

《極まる侵略 G.O.D.》核。最大81コスト分踏み倒しが可能
《God of Dream/Grenade of D-moll》こちらも最大81コスト分踏み倒し可能。
侵略はないが、防御要員にもなれる
《超七極 Gio》《G.O.D.》の侵略元
《超九極 チュートピア》コスト踏み倒し封じ&除去耐性付与
《G.O.D.》や《モモタルス》とやや噛みあわない点がある
《超九極 モモタルス》攻撃終了時にコスト9の非進化光クリーチャーを踏み倒す。
《G.O.D.》など他の進化獣とは相性が悪い
《Duplicates of G.O.D.》究極進化cipでこのターン限定の呪文ロック
コスト8以下のクリーチャーに対する召喚ロックを放つ。

この中でどの型でもよく使われるのは、召喚しやすく《超九極 チュートピア》などの侵略元に適した《二極 シヴァイーヌ》程度。それ以外は既存のコスト9クリーチャーと比べてカードパワーが見劣りするなどの理由で、型によっては主軸となる《極まる侵略 G.O.D.》《超七極 Gio》《超九極 チュートピア》以外一切採用されないケースさえある。

光(多色含)のコスト9のブロッカー [編集]

《奇跡の精霊ミルザム》ウルトラシールド・プラスを持つ巨大ブロッカー
《奇跡の精霊ネオ・ミルザム》スーパー・シールド・プラスを持つ巨大ブロッカー
《神業の精霊ムルジム》cippigデッキトップからブロッカーを出せる
《封印の精霊龍 ヴァルハラ・パラディン》cipシールド追加しつつ相手1体をフリーズさせるコマンド
《閃光の神官 ヴェルベット》相手クリーチャーをタップインさせる
《閃光の守護者ホーリー》《ホーリー・スパーク》内蔵のS・トリガー獣
《光器セイント・マリア》ターンの終わりにハンターアンタップしてシールド追加
《王家の精霊 ネメス・テーベ》変則的なシールド追加能力を持つT・ブレイカー
《闘門の精霊ウェルキウス》cipと味方がバトルに勝つ毎に
1ドローしつつ手札からブロッカーを出せる
《QQQKYOKU・マウンテス》マジボンバー9で踏み倒しができる
《変幻の精霊ナイツ・オブ・コバルト》攻撃時と攻撃された時、相手の山札の上から1枚墓地に送り
クリーチャーならパンプアップ呪文なら呪文横取り
《世紀末ゼンアク》モヤシ付与除去 マナ基盤にも
《冥界を統べる新月のハーデス》全体にエスケープ付与/オシオキムーン確定除去
《魔光大帝ネロ・グリフィスII世》cip呪文手札補充墓地肥やし
ナイト破壊されると手札から呪文コスト踏み倒し
《星門の精霊アケルナル/スターゲイズ・ゲート》ターンの終わりに光の非進化ブロッカーを出せるツインパクト
呪文面でもブロッカーを出せる
《煌メク聖晶 弩楼/ビスティック・マース》このデッキではクリーチャー面が準バニラになるが、
呪文面がマナ加速として役立つ

光(多色含)のコスト9の大型クリーチャー [編集]

光のコスト9の進化クリーチャー [編集]

コスト9以外の候補カード [編集]

ヘブンズ・ゲート型 [編集]

基本となる型。主要パーツはDMD-28を買えばおおよそ揃うので、構築費用が比較的安めなのもメリット。
コスト9である《奇跡の精霊ミルザム》は勿論、《音感の精霊龍 エメラルーダ》も難なく入るので【暴発ミルザム】のギミックを同時に用いることができるのが強みだったが、《ミルザム》がプレミアム殿堂入りしたためこの強みは無くなってしまった。それでもコスト9の光のブロッカーが登場するたび様々な形で強化されるため、将来性はそれなりに期待できる。
基本的には、相手の攻撃を受けてS・トリガーでカウンターすることになる。ビートダウンには強いがハンデスを積極的に行うデッキには弱いので手札補充は怠らないようにしたい。
手札補充が得意なを入れるのもありだろう。

候補カード [編集]

白緑型 [編集]

自然を加え、ドローソースとして《巨大設計図》などの呪文を採用した型。圧倒的な爆発力が売りであり、運が良ければ序盤から大量に手札を増やして《超七極 Gio》の高速召喚が可能。手札枚数を維持しやすいため文明にさえ目を瞑れば《サファイア・ウィズダム》とも相性が良い。反面事故率も高く、《極まる侵略 G.O.D.》の侵略元を《超七極 Gio》にほぼ依存しているため《巨大設計図》《進化設計図》で1〜2枚しか引けなかった時は中盤まで何も動けず手詰まりとなる。
しかし、DMEX-17でそれらがツインパクト化した《超七極 Gio/巨大設計図》が加入。既存のものと合わせ8枚体制にすることで安定性が格段に向上したため、現在はこの構築が【九極侵略】の主流となりつつある。

候補カード [編集]

《巨大設計図》自然のドローソース
《巨大設計図》以外ではキーカードを引き損ねる場面もあるので注意
《進化設計図》
《ジャンボ・ラパダイス》
《超七極 Gio/巨大設計図》《G.O.D.》の侵略元/ドローソース
《偽りの名 13/種族選別》種族参照の為、進化元も回収できるのが強み
《ファビュラ・スネイル/ゴルチョップ・トラップ》どちらの面でも《超七極 Gio》のコスト軽減に貢献できる
パワー4000以下をすべてマナ送りにするS・トリガー呪文
《綺羅王女プリン/ハンター☆エイリアン仲良しビーム》《超七極 Gio》の進化元/S・トリガーマナ送り
《フェアリー・トラップ》デッキの平均コストが高いため除去範囲が広い
《虹彩奪取 ケラサイト》色合わせ兼《超七極 Gio》の進化元
《罠の超人》《超七極 Gio》のコスト軽減に貢献できるS・トリガー獣
《キキリカミ・パンツァー》コスト9のマッドネス

ビッグマナ型 [編集]

《フェアリー・ライフ》などの基本的なブースト呪文を用いて、9マナまで貯めて召喚して出すシンプルな型。
《G.O.D.》がマナからも踏み倒しが可能なので、マナ落ちを恐れることなくブーストすることができる。
ブーストして踏み倒す大型獣といえば《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》もいるが、そちらよりコストが2低い点と踏み倒せるカードで十分差別化できている。

進化元となる《撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー》はコスト9なので九極たちと相性が良い。
《時空の不滅ギャラクシー》《母なる星域》の生贄にすることによって覚醒させてそのまま《極まる侵略 G.O.D.》を出すことができる。

候補カード [編集]

ニガ=アブシューム型 [編集]

上記のビッグマナ型に《侵攻する神秘 ニガ=アブシューム》のギミックを加えた派生型。
《恐・龍覇 サソリスレイジ》《龍覇 ザ=デッドマン》から《ニガ=アブシューム》を呼び出してマナゾーンを染色し、《G.O.D.》で以外のコスト9クリーチャーもコスト踏み倒しするド派手なデッキ。

候補カード [編集]

白黒スーサイド型 [編集]

複数のエスケープ持ちに対して《邪魂転生》を使うことで手札補充を行いつつ能動的に《二極 シヴァイーヌ》S・バックを狙う型。
《福腹人形コダマンマ》でもS・バックが狙え、最速で3ターン目に《シヴァイーヌ》が侵略元になる動きも可能。
《デッドリー・ラブ》《学校男》などが採用できるため《制御の翼 オリオティス》などのメタカードを除去できるのも強み。
《墓守の鐘ベルリン》《生死の天秤》によるハンデス対策も備えることができ、爆発力こそ他の型ほどではないが弱点への補完を目指した方向性を採っている。

候補カード [編集]

《邪魂転生》複数のエスケープ持ちに使えば一気に手札補充が可能
《邪魂創世》《邪魂転生》ほどの爆発力はないが十分に有用なドローソース
《凶鬼12号 ジャーゴン/邪魂創世》
《時の玉 ミラク》他の型でも進化元として扱えるが、この軸では特に必須カード
《ナゾの光・リリアング》《ミラク》だけでは足りない場合に
《堅牢の翼 アリシオン》
《デッドリー・ラブ》軽量除去兼スーサイドメタカードへの対策
《クリティカル・ラブ》
《学校男》複数をまとめてスーサイドできる、上記とは好みで使い分け
《堕魔 ドゥポイズ》
《福腹人形コダマンマ》手軽なS・バック起動要員
《ヤット・パウル》
《「大蛇」の鬼 ジャドク丸》除去しながらS・バック
《生死の天秤》ハンデス対策とメタカードの除去を兼ねる
《墓守の鐘ベルリン》ハンデス対策兼マナ基盤
《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》手札補充から一気に展開可能な進化元
《輝晶奇面アクロレイン》光と闇のクリーチャーの召喚コストを軽減
《奇怪な鬼祭》1ターン目にS・バックを狙える
《魔王と天使のカナシミ》ハンデスしながらS・バック
《コダマダンス・チャージャー》マナブーストしながらS・バック

白黒ジョバンチュ型 [編集]

《十極 ジョバンチュ/Genesis of Drillball》で手札を増やし、《超七極 Gio》を早出しする構築。
《ジョバンチュ》と《Gio》は効果に文明指定がないため、闇のコスト9を使い回せる。特に《龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢》は実質4ドローになるため強力。
ハンデスに耐性があるが、その分《God of Dream/Grenade of D-moll》などのリアニメイトが腐りやすいデメリットを抱える。

候補カード [編集]

ドロマー型 [編集]

候補カード [編集]

を含んだカードに特化した構築。通常の型より除去力が高く、豊富なドローソースから《Gio》の早出しも自在である。

その他 [編集]

  • 《G.O.D.》から出す大型獣は上にあげたように踏み倒し対策になる為、是非採用したい。ただし基本的にマナが貯まるか《G.O.D.》の踏み倒しで出すことが主になる為、基本的には《ヘブンズ・ゲート》など他の踏み倒し手段で出せるカードを優先し、大型獣は5体程度にとどめておこう。
  • 《超九極 チュートピア》は手札以外からのゾーンから出せなくするという能力であるが故にマナから踏み倒せるのが強みである《G.O.D.》の魅力を潰しているかのように見えるが、《G.O.D.》を出すのであれば《チュートピア》の上に重ねればよいだけの話でありそこまで致命的なデメリットにはならない。
    • 逆に《G.O.D.》で大量展開した際、全体除去などを受けた場合に《チュートピア》の除去耐性付与によって最小限に抑えることができたりと隣にいると何かと役に立つ。《チュートピア》自身も除去耐性も相まって十分打撃力があり《G.O.D.》がなくともトドメを刺すことができる為、必須といっても過言ではないだろう。

参考 [編集]