姫様宣言(プリンセスラッシュ)プリンプリン》 [編集]

姫様宣言プリンプリン P 水/火/自然文明 (9)
クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン 11000
スピードアタッカー
マッハファイター
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時またはバトルに勝った時、コスト10以下のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
自分のターンのはじめに、バトルゾーンにある自分のサイキック・クリーチャーのコストの合計が100以上なら、自分はゲームに勝つ。

DMBD-13で登場した//自然レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン

cipまたはバトルに勝った時、コスト10以下のサイキック・クリーチャーを呼び出し、ターン開始ステップサイキック・クリーチャーの合計コスト100以上なら、エクストラウィンできるスピードアタッカーマッハファイター持ちのW・ブレイカー

出せるサイキック・クリーチャー文明は一切問わない。もちろん覚醒後のクリーチャーも直接呼ぶことができる。
マッハファイターですぐ攻撃可能なため、同一ターンにバトルゾーンコスト10以下のサイキック・クリーチャーを2体並べることができる。

コストは大きいが種族が優秀で、しかもマナ基盤にもなる3色である。
【5色蒼龍】【カイザー「刃鬼」】【鬼丸「王牙」】【連ドラ】などビッグマナ系統なら入るデッキは多く、汎用性はそれなりに高い。

【カイザー「刃鬼」】に投入すると、《閃光のメテオライト・リュウセイ》オールタップで的を作らなくともマッハファイターによって安全に《不敗のダイハード・リュウセイ》シールド焼却を発動できる。また、自身と能力によって展開したクリーチャーを合わせて最大3体ドラゴンを展開できるという利点があり、やはり《不敗のダイハード・リュウセイ》のサポートを活かしやすい。

このカードのスペックを一番生かせるカードは《蒼龍の大地》だろう。《蒼龍の大地》で《姫様宣言プリンプリン》を出す事で、マッハファイター《蒼龍の大地》効果バトルも含めて、サイキック・クリーチャーを最大3面、相手のターン中にS・トリガーで捲れても、2面の展開ができる。

ただ、パワーは11000と登場時点の基準ではコストのわりに高くない方であり、《ドンジャングルS7》の攻撃対象固定能力などの裏目もある。《超覚醒ラスト・ストーム XX》殴り返しにより処理しようにも《ドンジャングルS7》が立った時点でこのクリーチャーでのサイキック展開は阻害されてそもそも《超覚醒ラスト・ストーム XX》着地まで持って行けなくなるため、そうなると原則呪文などで退かすしかなくなる。

サイキックリクルートcipだけでなくバトル勝利時にも発動できるマッハファイターなので、《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》とも好相性。そちらで相手に展開させればマッハファイターの的にも困らない。《リュウセイ・天下五剣カイザー》《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー》を中心としたマッハファイター軸の【カイザー「刃鬼」】を組むこともできる。

サイキック・クリーチャー候補 [編集]

《紅蓮の怒 鬼流院 刃》/《バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ》 [編集]

《姫様宣言プリンプリン》がバトルに勝てば、コスト9以下のハンタークリーチャーを超次元マナゾーンから出せる。
《プリンプリン》のcipで出したあと、マッハファイターでバトルに勝つと、《プリンプリン》の能力と合わせて《メンチ斬ルゾウ》の覚醒リンク素材を展開可能。《メンチ斬ルゾウ》の能力で後述する《真羅万龍 リュウセイ・ザ・ファイナル》を4体並べれば、合計コストが108となり、《プリンプリン》の勝利条件が達成できる。後述のラスト・ストーム型と比べて、超次元ゾーンを7枠採るため、拡張性が著しく少なく、また一目で相手に狙いが伝わってしまうが、《プリンプリン》1枚とパワー11000未満の相手のクリーチャー1体で済むので下準備の必要がほぼ無い点で勝る。《禁断竜王 Vol-Val-8》も予め立っていれば、そちらで追加ターンを得ることによって安全に《プリンプリン》の特殊勝利のタイミングを迎えることが可能。

《超時空ストーム G・XX》/《超覚醒ラスト・ストーム XX》 [編集]

単純に同一ターンにコスト10のサイキック・クリーチャーを2体出せば、それらを進化元に場に出すことが可能。攻撃する的こそ必要だが、相手の意思が絡まずに1枚で《ストーム G・XX》を出せるのはこのカードが初。しかしこのカードの真価は後述の《時空の踊り子マティーニ》と組み合わせることで発揮される。
《ラスト・ストーム》さえ場に出せたなら、後はきっちりと勝負を決めるだけ。ワールド・ブレイカーヤヌスアンタッチャブルで殴りきってもいいし、覚醒込みでコスト合計100になるようにサイキック・クリーチャーを展開してエクストラウィンを狙ってもよい。

《時空の支配者ディアボロス Z》/《最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z》 [編集]

クリーチャー限定のアンタッチャブルを持つので、《時空の支配者ディアボロス Z》面を2体出しておけば、相手はなかなか対処しづらいだろう。ちなみにターンの初めに片方を覚醒させた際に2体の《ディアボロス Z》を進化元に《ストーム G・XX》を重ねることで、もう一方の覚醒引き継がせられる上に、進化元の《時空の支配者ディアボロス Z》/《最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z》をコストにできるので、覚醒に必要なカードが1枚(最初の《ディアボロス Z》の分を含めるなら4枚)で済む。

《灼熱のリュウセイ・ボルケーノ》/《激浪のリュウセイ・スプラッシュ》/《大地のリュウセイ・ガイア》/《真羅万龍 リュウセイ・ザ・ファイナル》 [編集]

同一ターンに複数のサイキック・クリーチャーを並べられるので、これら3体の覚醒条件を満たせやすい。覚醒後の《真羅万龍 リュウセイ・ザ・ファイナル》のコストは21なので、エクストラウィンを狙う要員として使える。エクストラウィンを狙うなら、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》があれば実質無条件で覚醒するコスト20の《最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z》でもいいと思われるが、《超次元リュウセイ・ホール》のような超次元呪文を入れたり、cipを使えることから《偽りの名 ゾルゲ》ループさせるなら、こちらに軍配が上がる。また、《メンチ斬ルゾウ》型の場合、種族:ハンターを参照するため、このクリーチャーが必須。

《時空の踊り子マティーニ》/《舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ》 [編集]

主に《マティーニ》側が使われる。コスト3のサイキック・クリーチャーで、そのまま単体で出す意味はないが、覚醒条件が比較的緩いので、次の手順を踏むことで、あっという間に《超覚醒ラスト・ストーム XX》が誕生する。

  1. 適当なコスト7以上のサイキック・クリーチャーと《マティーニ》を出した後に《時空の支配者ディアボロス Z》を出す。
  2. 《マティーニ》の覚醒能力と、超次元ゾーン《超時空ストーム G・XX》のバトルゾーンに出る能力がトリガーする。
  3. 一旦《マティーニ》の能力を待機させ、1.で出した3体を進化元に《ストーム G・XX》を出す。
  4. 《マティーニ》の覚醒効果は《ストーム G・XX》に引き継がれるので、《超覚醒ラスト・ストーム XX》に覚醒できる。(進化元はそのまま)

こちらも《蒼龍の大地》とのコンボで容易に3面展開が可能なのも追い風。
覚醒後の《ユリア・マティーナ》も、使用頻度こそ少ないものの、ブロッカー盾追加で最大二面止められるため、いざと言う時に役にたつこともあるだろう。その場合、なるべくチャンプブロックでこのクリーチャーを超次元ゾーンに戻しておきたい。

《勝利のガイアール・カイザー》 [編集]

適当な7コスト以上のサイキック・クリーチャーの枠をこのカードにすることで、《超覚醒ラスト・ストーム XX》に、アンタップキラー状態を引き継がせられる。無闇にS・トリガーを踏むことがないので、安全にエクストラウィンの準備ができる。

《時空の封殺ディアス Z》/《殲滅の覚醒者ディアボロス Z》 [編集]

《蒼龍の大地》と《姫様宣言プリンプリン》で2回戦闘破壊《超覚醒ラスト・ストーム XX》でクリーチャーを攻撃して1回の戦闘破壊で、覚醒条件が達成できる。《超覚醒ラスト・ストーム XX》アタックトリガー4体並べて覚醒させれば、相手のクリーチャーは-20000ものパワー低下で即座に溶け落ち、仮に生き残っても、+20000ものパンプアップがあるため、バトルでの突破はほぼ不可能。悠々と次の自分のターンのはじめを迎えてエクストラウィンできるだろう。cippig持ちクリーチャーや、呪文での除去に耐性がない点はご愛敬。

《時空の不滅ギャラクシー》/《撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー》 [編集]

《蒼龍の大地》でのカウンターとして考えると、ブロッカー付与で防御性能を高められる。《プリンプリン》の能力でこのクリーチャーを出すのに1枠使うことを加味しても、

  • 《蒼龍の大地》でのバトル
  • 《プリンプリン》でのブロック
  • 《プリンプリン》のcipとバトルに勝った際に出した2体のサイキック・クリーチャーによるブロック

と、最大4面止められる。出すサイキック・クリーチャーのcipもあるため、期待値はもう少し高く見積もれるだろう。
また、《偽りの名 ゾルゲ》と組み合わせた場合、あえて《時空の不滅ギャラクシー》の面で出すことによって、《プリンプリン》の能力を誘発しつつ、擬似的にスピードアタッカーW・ブレイカー2体+更なるサイキック・クリーチャー1体が並ぶ。必至の盤面を覆せる可能性があるため、覚えておいて損は無いだろう。

《時空の幸運ファイブスター》/《天運の覚醒者ライトニング・ファイブスター》 [編集]

自身以外の味方全体にすべてのバトルに勝つ能力を与える。《プリンプリン》のそう高くないパワーを補ってくれるため、コンボの始動を考えない場合は最高の相方となる。主に《プリンプリン》のcipで出すことになるだろう。なお、《蒼龍の大地》で《プリンプリン》を出す場合、《蒼龍の大地》の効果バトルの際には、まだこのクリーチャーはバトルゾーンに出せない点には注意。

《時空の神風ストーム・カイザー XX》/《奇跡の覚醒者ファイナル・ストーム XX NEX》 [編集]

実は《超次元ストーム・ホール》《並替と選択の門》などと共に、《ストーム・カイザー》にアクセスできる数少ないカードでもある。それらと違ってドラゴンのため、【ファイナル・ストーム XX NEX】でこのカードが捲れても覚醒追加ターンが不発に終わる事故が減るのもうれしい所。

環境において [編集]

DMBD-13発売直後から、【5色蒼龍】にこのカードを入れたデッキ構築が数々考案されるが、【連ドラグナー】【青黒緑デッドダムド】と比べると、環境での活躍は乏しい。

【5色蒼龍】以外には、サブフィニッシャーとしてこのカードが2枚程度入った【5色ジョリー】の優勝報告がされており、補助役程度の活躍はしている。

DMRP-15期にはこれをタッチした型の【モルト NEXT】チャンピオンシップ優勝が報告された。同構築では《時空の神風ストーム・カイザー XX》も採用されており、《奇跡の覚醒者ファイナル・ストーム XX NEX》覚醒させてそちらのアタックトリガーで疑似《勝利宣言 鬼丸「覇」》の実現を狙うのだと思われる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分のターンのはじめに、《時空の支配者ディアボロス Z》を「覚醒」させるためにバトルゾーンの《姫様宣言プリンプリン》を山札に加えてシャッフルしました。「覚醒」によりバトルゾーンにある自分のサイキック・クリーチャーのコストの合計が100となった場合、自分は山札に戻した《姫様宣言プリンプリン》の「自分のターンのはじめに」の能力でゲームに勝てますか?
A.はい、勝利することができます。「ターンのはじめに」がトリガーした《姫様宣言プリンプリン》が別のゾーンに移動しても、効果がなくなることはありません。
引用元