究極進化(きゅうきょくしんか) [編集]

DM-32で登場した能力語のひとつ。進化クリーチャーからのみ進化できる。

神羅ドラグ・ムーン SR 火文明 (7)
進化クリーチャー:ルナティック・エンペラー/アーマード・ドラゴン 15000
究極進化−自分の進化クリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、パワー6000以下の相手のクリーチャーを2体まで破壊する。
T・ブレイカー

基本的に進化元の条件は問われず、進化であれば種族文明に関係なく進化できる。ただし、《神羅ライジング・NEX》種族指定、《白騎士の神羅エターナル・ムーン》文明指定となっている。

当然ながら自分の進化クリーチャーバトルゾーンに出ていない状況では手札にあっても腐るだけ。その半面、一度出てしまえば非常に高いスペック能力で対戦相手を圧倒できる。

  • 進化元に2枚以上のカードを必要とする点では進化V進化GVに近い。出しやすさは各々の条件次第であり、一概には言えない。
  • 神化編での目玉能力の一つではあり、一時的に注目された。しかし、進化条件の厳しさが目立ち、能力も癖のあるものばかりで、残念ながらすぐに評価を落としていった。覚醒編に入るころにはすっかり見なくなった。今では、神化編の究極進化クリーチャーは、使用されるとしても専用デッキが主になっている。

究極進化を持つクリーチャー [編集]

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

神羅トルネード・ムーン SR 自然文明 (7)
進化クリーチャー:ルナティック・エンペラー/ジャイアント 22000
究極進化−進化クリーチャー
Q・ブレイカー
自分のクリーチャーがブロックされた時、そのクリーチャーは相手のシールドを2つブレイクする。
(このカードは、《羅月トルネード》として召喚してもよい)
羅月トルネード SR 自然文明 (5)
進化クリーチャー:ジャイアント/ルナティック 5000
進化−自然のクリーチャー
ルナティック進化[自然(7)]:このクリーチャーを《神羅トルネード・ムーン》に究極進化させる。
バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。その後、自分のマナゾーンからクリーチャーを探索し、1枚を手札に戻してもよい。
このクリーチャーがブロックされた時、相手のシールドを1つブレイクする。

究極進化を持つクリーチャーゴッド・カードのように2つの面を持っている。
片面は進化クリーチャーから直接究極進化できるルナティック・エンペラーの面であり、もう片方は通常の進化形態とルナティック進化を持つルナティックの面である。
ルナティックバトルゾーンにある状態で指定コストを支払うことで自身を究極進化させるルナティック進化という能力を持つ。

これにより状況に応じて進化形態を使い分けることができる。

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ヘビー級ヘビー》究極進化はNEO進化しているNEOクリーチャーの上にも重ねることができますか?
A.はい、できます。
引用元